2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

2024年4月 4日 (木)

TICA Judgeも学ぶべき裁判官「弾劾裁判」判決

仙台高裁の裁判官に対し、裁判官弾劾裁判所は3日、「裁判官としての威信を著しく失うべき非行があった」(裁判官弾劾法2条2項)として、罷免判決を宣告しました。(判決に不服申し立てはできず、即日確定し判事は失職)

多くのTICA Asia East Regionメンバーが「猫界とは全く無縁の世界の出来事…」と無関心だとは思いますが、何からでも謙虚に学ぶ姿勢を持つTICAのJudgeであれば多少の関心は持ってほしいところです。

【発言した側に「悪意」がなくても相手の感情を害すれば…】

私も判決文に目を通したわけではありませんが、「判決要旨」の報道を読んで、猫界と司法の両方につながる重要な点があることに気付きました。

それは裁判官の弁護団が「判決は想定外だった」とした点で、以下のように伝えられています。(※以下は弁護士ドットコムニュースの記事から引用)

「罷免になるなら、目的や動機の部分で悪意が認められるパターンを想定していた」「悪意があるから罷免ならまだ良かった。悪意がなくても、相手の感情を害すれば罷免という前例ができてしまった」--。

【Judgeに「悪意」がなくとも出陳者の感情を傷付ければ…】

猫界も全く同じような状況があることにピン!とくるメンバーもいるでしょう。

SNSに限らず、Judgeのコメントで出陳者の感情を害すれば、たとえ「悪意」がなかったとしても大きな問題があるということを示しています。

いじめや嫌がらせ、依怙贔屓、差別--どれにおいてもした側に「悪意」がなかったとしても、された側の感情を害し、傷付ければ問題となり、いまや日本の法曹界においては高裁裁判官であっても罷免されてしまうということです。

【許されてきた〝悪弊〟〝悪習〟は許されない方向へ】

これまで小さな趣味の世界だから許されてきたこと、許されるだろうと思ってきたことは、悉く許されない方向へと変わってきています。

TICAのJudgeにおいても同様に、〝井戸〟の中だけで通用してきた悪弊に囚われ続け、〝大海〟で起きていることに無関心でいると、いつか大きな〝罰〟が下されることでしょう。

Judgeは常に慎重に言葉を選び、TICAのJudgeとしての品位を損なわないように努める義務があることを改めて胸に刻んでほしいと思います。
Photo_20240404092201
※「Locket」セミナー:フォローアップ講座は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は2023年5月8日(月)が最後となり、その後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2024年2月12日 (月)

猫界もJudgeの育て方の〝手腕〟が問われる

那須川天心選手(※最新ランキングでWBAバンタム級7位)を巡っては、私も素人ながら早くも井上尚弥選手との対戦を夢想したり、アクトクラブ員はその前に武居由樹選手都の対戦を期待したりしているわけですが、どうしても選手自身がどうなっていくかを追ってしまいがちになります。

しかし、業界通は那須川天心選手自身と同時に、所属ジムとジム会長の「手腕」にも注視しています。

【潰さず台無しにせずいかに育てるか、育て上げるか】

猫界も同じであり、誰が次のJudgeになるかや誰を次のJudgeにするのかに関心が集まりがちになりますが、実はそれよりも誰が次のJudgeを見い出し育てるか、誰がそれまでのノウハウの蓄積を駆使して〝超一流〟Judgeを育て上げるか--にこそ注目すべきと言えるでしょう。

せっかくの逸材も育て方次第で潰れたり、台無しになったりしてしまいます。

那須川天心選手のジムもジム会長も現時点のマッチメイクを見る限り、その点をしっかり踏まえているように見えます。

【基礎をみっちり叩き込み積み上げる育成こそ】

那須川天心選手のコメントを見聞きする限り、本人も基礎をしっかり積み上げ、地道に着実に歩むことに納得しているようです。

猫界で言えば、単に資格を得るための形式的なステップを上がってJudgeになるのではなく、その時点その時点で求められる「知識」「能力」「スキル」を完璧に身に付ける(要は「基礎」をみっちり身に付ける)、TICAでいうならその全ての基礎はRules、Programs、Standardsを熟知し精通することに他なりません。

「やりながら学ぶ/身に付ける」という方法もないわけではないですが、那須川天心選手も井上尚弥選手も基礎を疎かにするようなやり方には同意しないでしょう。

【クラーク実務を熟知・精通したJudgeはいつ誕生?】

TICAの場合、Judgeはクラーク資格も兼ねていますから、クラークの「知識」「能力」「スキル」を持たないスポンサーのもとではそれらに欠けるJudgeが〝再生産〟されかねない危うさが付いて回ります。

もちろん〝超一流〟クラークが別にいて、クラークのノウハウは別途、教えるということであれば別ですが、現状のTICAのProgramはそうはなっていません。

いつも言うことですが「If the blind lead the blind, both shall fall into the ditch」になりかねず、Judgeもクラークも〝粗製濫造〟という最悪の事態へとつながっていってはならないことだけは確かです。
Tica-jp
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は2023年5月8日(月)が最後となり、その後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2024年2月 8日 (木)

Judgeの意識改革と出陳者の意識改革は同時に一体で進める

日本の政界では今、「政治とカネ」の問題がクローズアップされ、様々な改革案が出ているようですが、政治改革だけ進めても意味ありません。

この問題を取り上げたある報道は「選挙にカネがかかることを受け入れてしまっている国民の意識の問題もあるだろう」と指摘し、「政治改革は政治サイドだけではなく、国民の意識改革と一体で進めていく必要がある」と論じていました。

【出陳者も〝忖度〟を期待せず〝出来レース〟に頼らない】

猫界における審査や成績の〝忖度〟や〝出来レース〟疑惑の問題も同じであり、Judgeにおける「中立・公平・公正」の徹底という意識改革だけでは空回りしかねず、出陳者においても〝忖度〟を期待せず、〝出来レース〟に頼らないで済むような猫のブリーディングをするという意識改革を同時に、かつ一体で進める必要があると言えます。

「にわとりと卵」ではないですが、どちらが先かという問題が付いて回るのは「贈収賄事件」と同じです。

贈賄側と収賄側の双方が罰せられるのと同様、双方の側が意識を変え、依存関係を脱する努力をしていくしかありません。

【「楽をしたい」という甘い考えを断つ必要】

精神的というか、心の問題としてあるのは「楽をしたい」という愚かしい安易な考えでしょう。

JudgeにしてみればRulesもStandardsも勉強する必要がなく、クラブ員や懇意なブリーダーの猫に良い成績を付けていればいいわけです。

ブリーダーの方もStandardsに基づくブリーディングという険しい道を歩まずとも良い成績を得られるわけで、双方が「楽をしたい」という甘えを断つ覚悟が必要になります。

【「説明責任」を果たさぬ姿勢が付け入る隙を生む】

もう一つ重要な点は、Judgeにおける「説明責任」を果たさぬ姿勢が、〝忖度〟や〝出来レース〟の付け入る隙を生むとも言えます。

別の言い方をすれば、Judgeにおける「説明責任」を果たさぬ姿勢と、〝忖度〟や〝出来レース〟は表裏一体であるとも言えるでしょう。

JudgeがStandardsに基づく「説明責任」を果たす姿勢を徹底し、出陳者側もStandardsをよく勉強してJudgeの「説明」をしっかりできるようになれば〝忖度〟や〝出来レース〟は影を潜めるはずですが、やはり双方が同時に、かつ一体となってそうした姿勢に取り組む必要があることは言うまでもありません。
Photo_20240207104001
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は2023年5月8日(月)が最後となり、その後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2024年2月 7日 (水)

「猫の性格を論い、出陳者を不快にさせる発言は慎むべきだ」…

先週のことになりますが、岸田文雄首相は、2日の参院本会議の答弁で、上川陽子外相の容姿をあげつらった麻生太郎・自民党副総裁の発言を巡り、「性別や立場を問わず、年齢や容姿を揶揄し、相手を不快にさせる発言は慎むべきだ」と話したそうですが、猫界に当て嵌め、教訓とすることもできるでしょう。

「猫の性格を揶揄し、出陳者を不快にさせる発言は慎むべきだ」--

【小さな趣味の世界も時代の大きな流れと無縁ではない】

岸田首相が答弁した、「性別や立場を問わず、年齢や容姿を揶揄し、相手を不快にさせる発言は慎むべきだ」という言葉は、大きな時代の流れを背景にしたものであり、小さな趣味の世界だからと言って決して無縁というわけにはいきません。

たとえ小さな趣味の世界にどっぷり浸かって政治・経済・社会の動向に無関心でも、出陳者の多くは普通に暮らす社会人であり、大きな時代の流れの中で生きています。

些細なこと、重箱の隅をつつくようなこと、枝葉末節に見えること/聞こえることでも、問題になりかねないという自覚が欠かせません。

【「差別用語」だけでなく「不快用語」にも敏感になる必要】

私が猫界に入った20年以上前と比べ、世の中の常識は大きく変わりました。

以前なら使えた言葉も「差別用語」として使えなくなり、今では「不快用語」というジャンルもできて、慎重に言葉を選ばねばならなくなっています。

小さな趣味の世界のイベントだから、「差別用語」や「不快用語」がこれまで同様、使えるということなどあり得ないのです。

【猫に対しても言葉を選び、出陳者を不快にさせない配慮】

猫は人間の言葉が分からないからと言って、「差別用語」「不快用語」で話しかけていいわけはありません。

猫を尊重し、猫に対し真に深い愛情を持つなら、そもそも猫に対して「差別用語」や「不快用語」を使うことはないはずですが、それ以上に出陳者に対する配慮を巡ってもこれまで以上に心を砕かねばならないと言えます。

愛猫に対する出陳者(オーナーやブリーダー)の思いを理解していれば、自ずと不適切な言葉を使うことなく、適切な言い換えの言葉がすらすら出てくるはずですし、猫を審査する立場であればそうでなければならないでしょう。
Photo_20240207094101
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は2023年5月8日(月)が最後となり、その後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2024年1月10日 (水)

どう繕い装うとも決して隠し通せるものではない

TICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDAの「Judge育成パーフェクト講座」の新シリーズ「Judgeの5大『能力』②猫への深い愛情」第6回は、Judgeにおける「猫に対する深い愛情」の欠如はどう繕い装うとも決して隠し通せるものではないということについてです。

Disney+で背信している韓ドラ「悪鬼」ではないですが、「猫に対する深い愛情」の欠けている人は、「悪鬼」が取り憑いている人の影のようなものが揺らめいて見える(あるいは感じ取れる)ようなものではないでしょうか。
Photo_20240105103201

私は国文科卒と言っても専門は「芥川龍之介」で、「三島由紀夫」は門外漢なのですが、アクトクラブ員によれば彼の小説「盗賊」を読んでも、人の心の深淵にある「愛情」の欠如はどう繕い装うとも決して隠し通せるものではないことが理解できるそうです。

00_20240105103701

いずれにしても、Judgeにとって「猫に対する深い愛情」あるいは「愛情」能力が極めて重要で不可欠なものであることが分かっていただけるかと思います。

※「TICA Standard 分析:Consideration for Female」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は2023年5月8日(月)が最後となり、その後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

東京都の12月25~31日の感染報告者数は1医療機関当たり3.39人でした。前の週に比べ8.3%増えています。

大阪府の12月25~31日の感染報告者数は1医療機関当たり3.35人でした。前の週に比べ14.7%増えています。

名古屋市の12月25~31日の感染報告者数は1医療機関当たり6.87人で、前の週に比べ5.0%増えています。

福岡市の12月25~31日の感染報告者数は医療機関当たり6.31人でした。前の週に比べ79.8%増えています。 

北海道の12月25~31日の感染報告者数は1医療機関当たり12.28人でした。前の週に比べ14.9%増えています。

2024年1月 9日 (火)

「愛情能力」を磨き上げるための不断の努力

TICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDAの「Judge育成パーフェクト講座」の新シリーズ「Judgeの5大『能力』②猫への深い愛情」第5回は、「愛情能力」をいかにして磨き上げ向上させるかを考えます。

「愛する」にしても「愛情を注ぐ」にしても、日本語の文法上、動詞であり、その可能形である「愛せる」や「愛情を注げる」という言い回しを考えてみても分かるように、能力的なものであることは確かでしょう。

そうであるなら、その能力を磨き上げる努力を放棄したJudgeは道義上その資格を欠き、猫と出陳者に対して大いなる〝背信行為〟をしていることになります。

では、どうすれば「愛情能力」を磨き上げることができるでしょうか--。

これ!と言った〝特効薬〟はありませんが、Judgeが猫への真の「愛情」の深さの有無を意識して自問自答し、それを自らに課し続けることしかないと思っています。

もちろん、手法やトレーニング方はJudgeそれぞれでしょうから、そのJudgeに合ったやり方があればそれはそれで構いませんが、自問自答するのを止めた時点でそのJudgeの成長も止まることだけは間違いありません。
Tda-jp_20240105095901
※「TICA Standard 分析:Consideration for Female」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は2023年5月8日(月)が最後となり、その後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2024年1月 8日 (月)

〝猫への愛情深いは七難隠す〟?

TICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDAの「Judge育成パーフェクト講座」の新シリーズ「Judgeの5大『能力』②猫への深い愛情」第4回は、「猫への深い愛情:こそ、Judgeから〝邪念〟を取り除き、〝七難〟を隠すことにつながることを指摘します。

真の「猫に対する深い愛情」を持つJudgeなら、その猫と真摯に誠実に向かい合い、「誰の猫か」「クラブ員の猫かどうか」「懇意にするブリーダーの猫かどうか」など邪念が入り込む余地はないはずです。

表面的には「猫好き」を装い、愛情深いかのようなハンドリングを見せても、心の中で「クラブ員の猫か」「懇意にするブリーダーの猫か」、そうでないか依怙贔屓するなら、それは猫に対する最大の裏切り、背信行為でしょう。

そしてそのJudgeの内心は、出陳者がわざわざJudgeの心の深淵を覗き込まずとも、あるいはJudgeが巧みにひた隠そうとも、出陳者は肌で感じ取れるものであり、審査に対する不信感は意識せずとも増幅します。

一方、真の「猫に対する深い愛情」を持つJudgeの場合も同様、猫も出陳者もJudgeの目を見れば直感的に肌で感じ取れます。

「出陳者ごときがJudgeに楯突くとは…」と出陳者の言動に熱り立つ前に、自らの心の奥底に横たわる深淵と向き合う必要があるでしょう。
Tda-jp_20240105093501
※「TICA Standard 分析:Consideration for Female」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は2023年5月8日(月)が最後となり、その後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2024年1月 7日 (日)

「深い愛情」によって信頼を得ていれば咄嗟の場合に必ず生きる

TICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDAの「Judge育成パーフェクト講座」の新シリーズ「Judgeの5大『能力』②猫への深い愛情」第3回は、審査中の「咄嗟の場合」におけるリスクを最低限に抑える効果について論じています。

猫が自信に満ち溢れ、審査台の上で猫が自らの「美」や「魅力」を引き出すためには、猫に安心してもらう(=緊張しない)ことが必要であり、そのためには猫に信頼してもらうことが欠かせないことは言うまでもありません。

では、Judgeにおいて何を信頼してもらうかといえば、Judgeとしての「資質」と「能力」に他ならず、(人間も同じですが…)人柄というか心根というか、真の「猫に対する深い愛情」がなければ、猫の信頼を得ることはできません。

信頼を得ていれば、それは咄嗟の場合に必ずや生きてくることでしょう。

もちろん、真の「猫に対する深い愛情」または「愛情能力」に欠け、咄嗟の時に首根っこを押さえ付けて猫を身動きできないよう〝拘束〟できたとしても、猫と出陳者からの信頼が地に堕ちることは間違いありません。

もしかすると、「Standards Literacy」の有無や「ハンドリングスキル」の巧拙以上に、「あのJudgeは真の『猫に対する深い愛情』がない人なのね」とか「『愛情能力』に欠けているのね」と、出陳者に(あるいは審査している当の猫に)心の奥底で思われることの方がとてつもなく恐ろしいことかもしれません。
Tda-jp_20240105091001
※「TICA Standard 分析:Consideration for Female」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は2023年5月8日(月)が最後となり、その後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2024年1月 6日 (土)

猫の内なる「美」を引き出せる審査そしてJudge

TICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDAの「Judge育成パーフェクト講座」の新シリーズ「Judgeの5大『能力』②猫への深い愛情」第2回は、Judgeの猫に対する深い愛情こそ、審査台において猫の内なる「美」や「魅力」を引き出すであろうことを論じています。

審査台に乗った猫をあるがまま、客観的に審査するのが本来の審査のあり方か?

それとも、審査台に乗った猫の内なる「美」まで引き出して審査するのが本来の審査のあり方か?

その猫のオーナーは誰か、その猫は自分が所属するクラブ員の猫か--なんて考えて審査するのは全くの論外として、冒頭に挙げた2つの審査のあり方は意見の分かれるところかもしれません。

しかし、Judgeの心の深淵に、真の意味での猫に対する深い愛情が存在すれば、ハンドリングも含めてロボットが審査するかのようなやり方は取らず、自然と猫の内なる「美」まで引き出すような審査のやり方になるのではないでしょうか。

これを英語にすると「Deep LOVE for cats from the bottom of HEART」となり、Standardsに対する「知識」と「ハンドリングスキル」に優るとも劣らない重要なJudgeの能力と言えると私は思っています。
Tda-jp_20240103184801
※「TICA Standard 分析:Consideration for Female」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は2023年5月8日(月)が最後となり、その後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わっています。

2024年1月 4日 (木)

Judgeの5大「能力」②猫への深い愛情編、連載をスタート!

きょうからTICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDAにおいて、「Judge育成パーフェクト講座」の新シリーズ、Judgeの5大「能力」②猫への深い愛情編をスタートしました。

TICA Judging Programを熟読したことのあるTICA Japanの一般メンバーは少ないと思いますが、Judgeの視点に立ってJudgeを養成するに当たっての必要最小限の手続き的なプログラムが中心であって、「審査される猫側の視点」や「愛猫を審査してもらう出陳者側の視点」に立っての〝育成策〟はほぼ皆無と言っていいかと思います。

しかし、Judge養成に当たっての必要最小限の手続き的なプログラムで十分でないことは、心あるメンバーであれば理解していることでしょう。

今回の新シリーズはまさにTICA Judging Programを補う、「審査される猫側の視点」や「愛猫を審査してもらう出陳者側の視点」に立っての超一流Judgeの〝育成策〟を提案するものに他なりません。

Judgeが優越的な地位にあるという自覚を欠き、出陳者(ブリーダー)の言動をどうこういう前に、自らの心の深淵を勇気を持って覗き混み、「審査される猫側の視点」や「愛猫を審査してもらう出陳者側の視点」に立った審査をしているかどうか真剣に、そして真摯に自問自答する必要があるのではないでしょうか。

「Judge育成パーフェクト講座」の新シリーズ、Judgeの5大「能力」②猫への深い愛情編を通じて様々な〝気付き〟を得てもらえればと思います。
Tda-jp
※「TICA Standard 分析:Consideration for Female」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は2023年5月8日(月)が最後となり、その後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わっています。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ