2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

« TICA Asia East Directorの〝通信簿〟①TICA副会長の交代は知る必要なし? | トップページ | TICA Asia East Directorの〝通信簿〟③一般社会常識に則った和訳を »

2024年6月18日 (火)

TICA Asia East Directorの〝通信簿〟②Broadの議案・議事録の和訳はどこに?

きのうの件とも密接に関連しますが、TICA Aisa East Regionメンバーへのタイムリーな情報提供という点ではTICA Asia East Region公式サイトの「BOAD MEETING MINUTES TICA役員会会議録」のページの〝お寒い〟状況も唖然とするほかありません。

【就任直後だけ掲載し、後は〝知らんぷり〟の無責任ぶり】

2023年1月の「Meeting Agenda」を最後に掲載が止まっています。

就任直後だけアップして、後は〝知らんぷり〟の無責任ぶりには言葉がありません。

「明るく楽しいアジアイーストリジョン」実現のためには必要ないと考えたのでしょうか…。

【「言葉の壁」を放置し「情報格差」対策も無策のまま?】

2022年秋の立候補補に当たっての「所信表明」では「言語の壁が大きくたちはだかります」「言語の違いによる情報格差も生じます」なんて訴えていただけに、〝公約〟破りも甚だしい限りです。

その時々でしっかり翻訳をしており、単に掲載していなかっただけかもしれませんが、そうならしっかり一挙掲載してほしいところです。

それとももともと翻訳など一切するつもりはない、いわば〝確信犯〟だったということなのでしょうか。

【もしかすると〝まるで何もしていない〟??】

実は2023年1月の「Meeting Agenda」を読み進めていくと、一番最後のページの右下に「2022/12/25」という記載があります。

これが事実ならこの翻訳は前Director時代のものであるということになり、現Directorは全く関わっていない(=就任してからまるで何もしていない)という疑惑が真実味を帯びます。

いずれにしても残り任期がまだあと1年半ありますから、ほったらかしのまま知らぬ存ぜぬという事態だけは避けてほしいと強く願います。

Photo_20240616102601
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は2023年5月8日(月)が最後となり、その後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

« TICA Asia East Directorの〝通信簿〟①TICA副会長の交代は知る必要なし? | トップページ | TICA Asia East Directorの〝通信簿〟③一般社会常識に則った和訳を »

無料ブログはココログ