2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« Clerking School基礎講座:名ばかり〝ペーパーClerk〟にならない為に⑥クラス昇格やStandard変更 | トップページ | Clerking School基礎講座:名ばかり〝ペーパーClerk〟にならない為に⑧出陳者の正当な権利を侵害しない »

2024年2月23日 (金)

Clerking School基礎講座:名ばかり〝ペーパーClerk〟にならない為に⑦Clerking Programの訂正

間違ったテキストをそのまま使って教える(あるいは学ぶ)なんてことはないとは思いますが、例えばTICA Clerking Program (Version A 26-Oct-2023)は間違えが訂正されないままになっていますから、Ckerkがそのまま覚えてしまってはトラブルを引き起こしかねません。

【54.2.2.3はWinter Meetingで改正されました】

会場の広さの都合で審査ケージを横一列に並べられない場合、U字やL字にすることはよくありますが、その際の規定が54.2.2.3です。

54.2.2.3 Adult male or neutered cats shall not be benched in adjoining cages in the judging ring, not even across the corner of a "U" or "L" shaped judging ring. However, an exception may be made if permission is obtained from the owner(s). Male kittens may be placed in adjoining cages and across the corner of a "U" or "L" shaped judging ring (Show Rules, Article Nine).

この規定に従えば、U字やL字の場合にオーナーの了解が得られれば、キャッツ/アルターを問わず、オスを角で隣同士にしても構わない…となります。

しかし、そうしたことができるのはアルター(ニューター)とオスのキツンだけであり、キャッツでしてはなりません。

Winter Board MeetingのMinutes「決議35」に書いてある通りであり、Clerking Programへの反映は遅れていますが、即時適用となっています。
35-00
【Breed Codeは2〜3文字で示されること】

これは細かく小さな改正ですが、現状のClerking ProgamではBreed Codeは2文字で示される、と書いてありますが、一覧を見れば分かるように3文字のものもあり、Clerkはこの2~3文字のコードを覚えておく必要があります。

Winter Board MeetingのMinutes「決議36」に書いてある通り、この部分も改正され、Clerking Program 54.2.3.4.3における注記は以下のように変更されました。

Note: It is helpful to know the two or three letter breed code, assigned by the TICA Executive Office, abbreviation for each breed when making transfers from one breed to another.
36-00
【Standing Rulesは即時適用なのでしっかり確認を】

ClerkだからClerking Programだけを学んでおけば済むという安易で短絡的な発想をしてはならないと強調してきましたが、Rulesの改正の中でClerkが注意深く確認しなければならないのはStanding Rulesです。

なぜなら、Show Rulesの改正はBoard Meetingで可決しても、その後、年末に行われる一般メンバー投票にかけられ可決しなければ有効となりませんが、Standing Rulesは基本的にBoard Meetingで可決した時点で即時適用となるからです。

Winter Board MeetingのMinutes「決議29」はその一例であり、出陳番号の701番以降(For Sale)は削除されています。

日本のショーでは501番以降にお目にかかりませんが、Clerkになる(Clerkである)からには基礎知識として501番以降、700番までが何かぐらいは基礎知識として知っておくべきと言えます。
701up
(参考①)Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に
2023年6月12日ブログ:Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に①「INTRODUCTION」を軽んじない
2023年6月13日ブログ:Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に②「能力や技能の点で十分な力がある」
2023年6月14日ブログ:Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に③求められる「Professional attitude」
2023年6月15日ブログ:Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に④Judgeのパフォーマンスを上げる役割
2023年6月16日ブログ:Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に⑤〝お荷物〟Clerkにならないために
2023年6月19日ブログ:Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に⑥JudgeとClerkは〝一心同体〟
2023年6月20日ブログ:Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に⑦責任逃れはできない
2023年6月21日ブログ:Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に⑧ルールの熟知/精通は絶対不可欠
2023年6月22日ブログ:Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に⑨クラークの「パフォーマンス」
2023年6月27日ブログ:Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に⑩「目的」をしっかり押さえる
2023年6月27日ブログ:Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に⑪「confident」と「pride」を併せ持つ

参考②)トランスファーを巡る致命的ミスの原因と正しい対処
2023年4月19日ブログ:「出陳者ファースト」の意識が根付いていれば…
2023年4月20日ブログ:審査記録〝改竄〟未遂、「主体性の欠如」が原因?
2023年4月21日ブログ:ルールは単に知るだけでなく趣旨・狙いの理解が大切
2023年4月24日ブログ:未だ送られて来ない正しい「マスターカタログ」
2023年4月25日ブログ:「訂正」マークドカタログを送る際の説明文
2023年4月27日ブログ:足りないのは「やる気」?「責任感」?「羞恥心」?
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は2023年5月8日(月)が最後となり、その後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

東京都の2月12~18日の感染報告者数は1医療機関当たり6.90人で前の週に比べ26.4%減りました。

大阪府の2月12~18日の感染報告者数は1医療機関当たり6.38人で前の週に比べ18.4%減りました。

名古屋市の2月12~18日の感染報告者数は1医療機関当たり11.26人で前の週に比べ30.4%減りました。

福岡市の2月12~18日の感染報告者数は医療機関当たり8.94人で前の週に比べ25.9%減りました。 

北海道の2月12~18日の感染報告者数は1医療機関当たり10.31人で前の週に比べ31.0%減りました。

« Clerking School基礎講座:名ばかり〝ペーパーClerk〟にならない為に⑥クラス昇格やStandard変更 | トップページ | Clerking School基礎講座:名ばかり〝ペーパーClerk〟にならない為に⑧出陳者の正当な権利を侵害しない »

Clerking School」カテゴリの記事

無料ブログはココログ