2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« どう繕い装うとも決して隠し通せるものではない | トップページ | TICA Standards 分析74 Consideration for Female(8)RD TO »

2024年1月11日 (木)

TICA Standards 分析73 Consideration for Female(7)NB

昨年12月28日からの続きになります。

Nebelung(NB)も日本のショーではお目にかからない猫種ですのでイメージを捉えづらいと思いますが、Femaleへの配慮が多岐にわたり見られる猫種です。

Muzzleのところで「Puffy whisker pads, which may give a pouty look in females」と書いてありますが、「pouty」は「口をとがらせた/突き出した」「(唇が)ぼってりした」「膨れっ面の/すねた/ふてくされた」という意味で、全猫種のStandardの中でNBのFemaleだけで使われています。

性別を問わず「well-muscled」である一方、大きさと「neck ruff」の面で考慮すべきと記載しています。
Female-nb
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は2023年5月8日(月)が最後となり、その後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

全国の2023年12月25~31日の感染報告者数は1医療機関当たり5.79人でした。前の週に比べ26.7%増え、6週連続で増加しています。

« どう繕い装うとも決して隠し通せるものではない | トップページ | TICA Standards 分析74 Consideration for Female(8)RD TO »

TICA Stanadrs 分析」カテゴリの記事

無料ブログはココログ