2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« 続・Bengal(BG)審査における「Pattern」と「Color」の評価:CFAとの対比㊤ | トップページ | 続・Bengal(BG)審査における「Pattern」と「Color」の評価:CFAとの対比㊦ »

2023年12月23日 (土)

続・Bengal(BG)審査における「Pattern」と「Color」の評価:CFAとの対比㊥

12月3日のブログで書きましたが、TICAにおけるBGのStandardは「バランス重視」の配点構造です。

【そもそも配点構造が大きく異なるTICAとCFA】

TICAのBG Standardは、HEAD=35点、BODY=30点、COAT/COLOR/PATTERN=35点であり、最高点となる40点を配した項目はなく、3つの項目の点差は5点しかないからです。

しかし、CFAは、HEADがTICAより5点少ない30点、BODYは10点少ない20点で、TICAでいうところのCOAT/COLOR/PATTERNは15点多い50点となっており、「COAT/COLOR/PATTERN重視」となっています。(※Eye Colorの5点を差し引いても45点で、TICAより10点多い)
Cfa-bg-standard00
Judgeやベテランブリーダーの中には「『HEAD+BODY=タイプ』と言うのだから、CFAの方がタイプ(CFAでは「structure」と表現)とCOAT/COLOR/PATTERNはちょうどバランスが取れている…」という人がいるかもしれませんが、その議論はひとまず置いておきます。

【Patternに対する配点の違いが最も大きい】

特に、TICAとCFAではPatternに対する配点の違いが最も大きく、TICAは15点ですが、CFAは25点としており、この中にContrastとして10点を含めています。

項目立ても、TICAの場合は「Spotted」ですが、CFAは「ROSETTED/SPOTTED TABBY PATTERN」であり、CFAのStandardではRosettedに関してTICAのStandardにあるような「but not required」という〝但し書き〟はありません。
Bg-coat-color-pattern_20231215110901
TICAのショーではRosettesがない(あるいは少ない)単純なSpottedのBGがResettesのあるBGと対等に戦えても、CFAのショーでは圧倒的に不利ということになります。

【Glitterの評価でもStandard上で違いがある】

「Glitter」についても、TICAでは「The coat may be glittered or not glittered, with neither type to be given preference」としているのに対し、CFAは「May be glittered」としています。
Cfa-glitter
TICAはStandardで「neither type to be given preference」としているわけですから、「Glitter」があろうとなかろうと評価の対象にならないはずですが、CFAでは評価対象になり得る記載のあり方といえます。
Tica-glitter
こうしてTICAとCFAのBGのStandardの違いを詳細に比較してみると、「日本のTICAのJudgeの中には、あたかもCFAのJudgeであるかのような審査・評価をする人がいて…」ということの具体的な中身が分かるかと思います。

※「TICA Standard 分析:Consideration for Female」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

全国の12月11~17日の感染報告者数は1医療機関当たり4.15人でした。前の週に比べ17.9%増え、4週連続で増加しています。

« 続・Bengal(BG)審査における「Pattern」と「Color」の評価:CFAとの対比㊤ | トップページ | 続・Bengal(BG)審査における「Pattern」と「Color」の評価:CFAとの対比㊦ »

BGスタンダード」カテゴリの記事

無料ブログはココログ