2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« Toyger(TG)ブリードセミナーParrt 1フォローアップ講座③ | トップページ | TICA Standards 分析51EAR Size(5)Medium »

2023年11月14日 (火)

Toyger(TG)ブリードセミナーParrt 1フォローアップ講座④

TICA Japan Members' Training & Development Acatdemy (TICA Japan TDA)が11月5日(日)に行ったToyger(TG)ブリードセミナーでは「PENALIZE」の関連でBengal(BG)に関する質問も出ましたので取り上げます。

【TGとBGの「PENALIZE」を復習すると…】

TG PENALIZE: Classic alignment of mackerel stripes on body (strongly suggesting a bulls eye or curved lines). Substantially darker markings on points. A dorsal stripe. Traditional tabby face markings ONLY. No glitter. Narrow nose leather. Excessive size or unmuscled bulk. Lockets.

BG PENALIZE: Spots on body running together vertically forming a mackerel tabby pattern on spotted cats; circular bulls-eye pattern on marbled cats; substantially darker point color (as compared to color of body markings) in Seal Sepia, Seal Mink, or Seal Lynx Point cats EXCEPT in the case of any Charcoal Sepia, Charcoal Mink or Charcoal Lynx Point cats. Any distinct locket on the neck, chest, abdomen or any other area.

今回のフォローアップ講座で紹介しましたが、StandardにおけるPENALIZEは「その猫種で見られる深刻な欠陥/欠点(serious fault)」であることを忘れてはなりません。

【BGにおける「vertically forming a mackerel tabby pattern」】

参加者からの質問はSpotted BGにおける「Spots on body running together vertically forming a mackerel tabby pattern on spotted cats」が「PENALIZE」であるにもかかわらず、これをLocket同様にしっかりチェックしていないのではないか?というものでした。

BGのStanadardにおいてSpotted BGの「PATTERN」は「Spots shall be random or aligned horizontally」と規定されていますから、「Spots on body running together vertically forming a mackerel tabby pattern」は、「PENALIZE」に記載されている以上、「深刻な欠陥/欠点(serious fault)」であるということになるわけです。

ここまで見てきたように、「PENALIZE」に記載されているのであれば、JudgeはLockets同様、「Spots on body running together vertically forming a mackerel tabby pattern on spotted cats」もしっかりチェックしなければならないということになります。

【減点幅はJudgeの自由裁量に任されていることとの兼ね合い】

一方で、フォローアップ講座②でも指摘しましたが、「PENALIZE」を含め減点対象については「ポイントの一部または全部が減点され」、何点減点するか、全部減点するかはJudgeの自由裁量に任されています。

BGにおいて、「Spots on body running together vertically forming a mackerel tabby pattern on spotted cats」の減点幅が小さく、Locketの減点幅が大きいということもJudgeにとってあり得るということです。

ただ、そうは言ってもBGの「PENALIZE」に「Spots on body running together vertically forming a mackerel tabby pattern on spotted cats」が含まれている以上、「PENALIZE」対象を持つBGがBOBになったりファイナル表彰されるのはいかがなものか?という違和感は合理的であるとも言えるでしょう。
1118tge
※「TICA Standards 分析:EAR Size」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

« Toyger(TG)ブリードセミナーParrt 1フォローアップ講座③ | トップページ | TICA Standards 分析51EAR Size(5)Medium »

無料ブログはココログ