2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« きょうTGブリードセミナー(Part 2)夕方まで参加申込み受け付けます | トップページ | Toyger(TG)ブリードセミナーParrt 2フォローアップ講座㊥ »

2023年11月19日 (日)

Toyger(TG)ブリードセミナーParrt 2フォローアップ講座㊤

TICA Japan Members' Training & Development Acatdemy (TICA Japan TDA)が昨夜開催したToyger(TG)ブリードセミナー(Part 2)で出た話題について、フォローアップとして参考情報をアップしておきます。

【TGとBGのTextureの違いについて】

昨夜のセミナーではTGとBGのTextureの違いが話題になりましたが、Standard上、以下の点が異なります。

まず配点ですが、TGは「Length/Texture」として5点となっており、一方、BGは「Texture」として10点ですので2倍の開きがあります。

また、TGにおける「Texture」定義は「Texture/Density」として記載され「Fur is thick, luxurious and unusually soft, plush but resilient」となっていますが、BGは「Texture」として「Dense and luxurious, close-lying, unusually soft and silky to the touch」となっており、違いがあります。

【「PENALIZE」におけるLocketsの扱いについて】

まず、TGでは「PENALIZE」の記載の中に「Lockets」と入っているだけですが、BGでは「distinct locket」となっています。

昨夜、お示しした資料で「distinct」を「目立った」と訳しましたが、「distinct」にはこの他にも様々な意味があり、以下のようにも訳せます。

そうして考えれば、TGとBGの「Locket」の扱いの違いがより理解できるかと思います。

・明らかなロケット
・明確なロケット
・はっきり分かるロケット
・はっきり区別できるロケット
・否定のしようがないロケット
・議論の余地がないロケット

また、BGにおけるColorの配点は10点ですから、「distinct locket」が認められた場合、1~10点の範囲で減点となります。(※減点幅はJudgeの自由裁量)

一方、TGにおいてColorの配点は15点ですから、「Lockets」が認められた場合、1~15点の範囲で減点となります。(同)

なお、「PENALIZE」の定義や扱いを巡っては11月12~14日のToyger(TG)ブリードセミナーParrt 1フォローアップ講座②~④でも解説していますので参考にしてください。

【Cat Showの審査・評価における性差の違いについて】

こちらも11月11日のToyger(TG)ブリードセミナーParrt 1フォローアップ講座①でも簡単に触れましたが、猫種によって下記のような違いがあります。

あくまで一例ですが参考にしてください。

RBではStandard本文において「Size: Males proportionally larger than females」と書いてあるだけです。

しかし、昨夜もアクトクラブ員が触れたように、AS/AWだとStandardの序文、本文、GENERAL DESCRIPTIONの3カ所にわたって次のような記載があります。

------------------------------------
American breeds of medium to large size with the female being smaller in size.


BODY:Torso: Medium in length, rectangular in shape rather than slender but well rounded and in proportion, broad chest, especially in males, allowance is to be made for females being proportionally smaller than males.


OTHER:Balance: While the breed is considered medium to large in size, balance and proportion are to be considered of greater consequence. No part of the cat should look out of balance with any other part. Allowance is to be made for smaller size in females.


GENERAL DESCRIPTION: The American Shorthair and American Wirehair are medium-to-large in size. The body should be well-knit and powerful with well-developed chest and hindquarters, especially in the males. Females are of proportionally smaller size and allowance must be made.
------------------------------------

また、MC/MCPもStandardの本文とALLOWANCESにおいて手厚く説明しており、次のようになっています。

------------------------------------
Neck:Medium long, substantially thicker in mature males as compared to adolescent males and/or females.

BODY:Torso:Large, substantial, muscular, and rectangular. Females generally smaller than males.

Boning & Musculature:Substantial boning adequate to support structure and size of the cat. Firm musculature, without flab. Allowance for females and immaturity.

ALLOWANCES:Standard favors the male. Allowance must be given for significant size difference between male and female.
------------------------------------

JudgeはStandardsに基づいて忠実に審査・評価していることを前提にすれば、Standardsにおける猫種ごとの性差に関する記載内容の違いによって結果に違いが出ることは十分にあり得るということになります。

※「TICA Standards 分析:EAR Size」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

« きょうTGブリードセミナー(Part 2)夕方まで参加申込み受け付けます | トップページ | Toyger(TG)ブリードセミナーParrt 2フォローアップ講座㊥ »

無料ブログはココログ