2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

« TICA Standards 分析㉛EARs(5)DR HG/HGS SX | トップページ | TICA Standards 分析㉝EARs(7)EM LY LP/LPS MNT/MNL »

2023年10月 5日 (木)

TICA Standards 分析㉜EARs(6)KB/KBL AUM

EARsへの配点が10点の最後の猫種となるKB/KBL、そして9点の配点となる唯一の猫種AUMを取り上げます。

KB/KBLのEARsは分かりやすく、いわば読んでそのままといった感じになります。

EARの形状において「triangular」と出てくるのはKB/KBLだけです。

それと比べるとAUMの記述は微妙な言い回しとなっていて、そもそも大きさにおいて「Moderately(適度に)」という副詞が使われ、さらに後段では「not upright, but angled slightly to the side, tilted slightly forward」と「slightly」という副詞が2回も使われている点に留意したいところです。
Ears-109-point
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

« TICA Standards 分析㉛EARs(5)DR HG/HGS SX | トップページ | TICA Standards 分析㉝EARs(7)EM LY LP/LPS MNT/MNL »

TICA Stanadrs 分析」カテゴリの記事

無料ブログはココログ