2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

« TICA Standards 分析⑲EYE Color(1)AB/SO、CX、TV、KT | トップページ | TICA September 2023 Newsletterから »

2023年9月16日 (土)

TICA Standards 分析⑳EYE Color(2)CU、TH、KM、SN

きょうはCU、TH、KM、SNと、日本のTICAショーではお目にかからない猫種ですが、Standardsを確認するだけでもEYE Colorの勉強にはなります。

CUの場合、「Gold」か「Yellow」が好ましいとされ、「Hazel」~「Light green」が許容範囲として認められるとしています。

もう少し丁寧な言い方にすると、「Hazel ~ Light greenでもいいこととする」といった感じになります。

THとKMでは「Brilliance」という単語が出てきますが、これは「光り輝くこと、強い明るさ」を意味し、「輝度」としても使われることから、「輝き」に重点をおいた強い明るさということになります。

ちなみにきのうのCXでも「Brilliant」が使われていますが、「Brilliance」と「Luminous」を比べると「Brilliance」の方がより明るさが強いと言えます。

「Luminous」の場合、きのうも説明しましたが、「発光」という意味合いを言外に含み、暗いところで際立つような明るさと考えたほうがいいでしょう。

「蛍光色」も暗いところで目立つ明るさということを思い浮かべればより分かりやすくなるかと思います。

また、THでは「Brilliance and luminosity are more important than depth of color」となっているところもしっかり押さえておきたいところです。
Eye-color2
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

全国の9月4~10日の感染報告者数は1医療機関当たり20.19人でした。前の週に比べ1.5%減りました。

« TICA Standards 分析⑲EYE Color(1)AB/SO、CX、TV、KT | トップページ | TICA September 2023 Newsletterから »

TICA Stanadrs 分析」カテゴリの記事

無料ブログはココログ