2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

« TICA Standards 分析㉘EARs(2)AC/ACL | トップページ | 「Standard」に対する信用と信頼があってこそ… »

2023年9月30日 (土)

TICA会長選挙、事実上のスタート!!

今週、みなさんのメールアドレスにTICA会長選挙の立候補者からメールが届いているかと思います。

きのう時点で、Vicki Jo Harrisonさん&Liz Brownさんから1通、Ralph Stadterさんから1通、そしてVicki Jo Harrisonさんから個人の経歴に関し、計3通となっています。

現会長のVicki Jo Harrisonさんが当選すれば2期目となり、現副会長のRalph Stadterさんが当選すれば、米国で誕生したTICA初の欧州からの会長ということになります。

TICA Asia East Region、特に日本のTICAメンバー票が大きく影響することが考えられ、それもあってか、Ralph Stadterさんは日本語でメールを送ってきています。

2人の会長立候補者のメールを読んで、ひとつだけ印象に残ったのは、Ralph Stadterさんが英文で

「I am not a “politician”, what you see is what you get」--。

と書いていたことです。

日本語文はどういうわけか前段の「私は「政治家」ではありません」しか訳してありませんでしたが、ここはカギカッコを使うのではなく、二重引用符を使って「私は〝政治家〟ではありません」とした上で、後段の英文の和訳「裏表がない人間です(直訳は見た通り)」も加えたほうが良かったのではないかと思いました。

その後に続く、「I believe that integrity and ethics are essential for any elected officer」のところは、何も「any elected officer」に限ったことではなく、TICAのJudgeとして、TICAのブリーダーとして、TICAのメンバーとして、いやそもそも人として大切でしょう。

いわゆる〝政治家〟もどきが跋扈し、情実審査や依怙贔屓、差別、いじめ・嫌がらせが横行するのを止め、本当の意味でだれひとり取り残されることなく、心から「明るく楽しく」活動できる組織にしてほしいと願ってやみません。
Tica_20230929101901
※「TICA Standards 分析 EARs」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

全国の9月18~24日の感染報告者数は1医療機関当たり11.01人でした。前の週に比べ37.2%減りました。

« TICA Standards 分析㉘EARs(2)AC/ACL | トップページ | 「Standard」に対する信用と信頼があってこそ… »

2023 TICA会長選挙」カテゴリの記事

無料ブログはココログ