2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

« 11月にトイガー(TG)ブリードセミナー | トップページ | TICA Standards 分析㉔EYE Color(6)SG、BI、HB、MC/MCP »

2023年9月24日 (日)

その〝思い〟に何とか報いたいという気持ち…

トイガー(TG)の創出者がベンガル(BG)創出者の娘さんであること、さらにアクトクラブ員がベンガル(BG)創出者のキャッテリーを訪れた際、まさにTG創出の現場を垣間見たことなどもあって、アクトクラブ員にとってはそれなりの思い入れがあるようです。

【困難に立ち向かう努力に経緯を表し報いる気持ち】

実は私もこれまでそれほど丹念にTGのスタンダードを読み込んできたわけではなく、ある意味、「分かったつもり」「理解したつもり」になっていたことは確かです。

しかし、セミナーで使う資料が出来上がるにつれ、その認識は大きく変わりました。

TGブリーダーの方々の困難に立ち向かう努力がスタンダードの行間にも表れており、その〝思い〟に報いたいという気持ちが強くなりました。

【欧州のTGブリーダーの方からも新資料の提供を受け】

TICA本部公式サイトのTGのページを見ても、実はTGの資料はとても古いバージョンしかアップされていません。

これではなかなかブリードセミナーは難しいかもしれないと思い始めていたところ、たまたま知り合った欧州のTGブリーダーから朗報を聞くことができたのでした。

「新しい資料がある」ということで、それを送ってもらったところとても分かりやすく、今回のセミナーではそれも含めて紹介することにしています。

【「スタンダード」の重要性を改めて認識する契機にも】

全ての猫種ごとに「スタンダード」があり、多種多様なわけですが、TGのスタンダードはある意味、全ての猫種のブリーダーにとっても参考になる点が多いです。

詳しい解説は講師のTICA Ring & School Instructorの方にお任せしたいと思いますが、TGのスタンダードと、自分がブリードする猫種のスタンダードと比べてみると新たな発見というか、「スタンダード」の重要性を改めて認識する契機にもなるかと思います。

もちろん、〝超一流〟のJudgeを目指すには避けては通れないとても大切な課題が含まれていることも強調しておきたいと思います。
Tg
※「TICA Standards 分析:EYE Color」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

« 11月にトイガー(TG)ブリードセミナー | トップページ | TICA Standards 分析㉔EYE Color(6)SG、BI、HB、MC/MCP »

無料ブログはココログ