2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »

2023年8月

2023年8月31日 (木)

TICA Standards 分析⑪EYE Shape:Almond

「Almond」Shapeも様々なバリエーションのある目形と言えます。

難しそうなのが、THの「A very full Almond shape」、EMの「Rounded Almond shape」、LP/LPSの「Almond shaped at rest and rounder when alert」といったところでしょうか。

例外的(特徴的)な猫種はSVの「the bottom half of the eye has an Almond shape」、TOに至っては「The shape of a peach pit, half Almond on top, slightly more rounded on bottom」と3つの目形が組み合わさっています。
Eye-almond
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2023年8月30日 (水)

TICA Standards 分析⑩EYE Shape:Oval

きょうはEYE Shapeが「Oval」の猫種をまとめました。

「Oval」は日本語で「楕円形」ですが、「Round」に比べると形にかなり幅があるイメージかと思います。

RDは「Large Oval」、KMは頭に「Plump(ふっくら/丸々とした)」を付けた「Plump Oval shape」(※個人的には「Plump」と「Oval」で語義矛盾があるようにも感じますが…)、SNは「 Oval to medium Oval or rounded Oval」、NBは「very slightly Oval」となっています。

きのうも取り上げたKB/KBLに加え、CUも例外的(特徴的)なケースとなります。
Eye-oval
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2023年8月29日 (火)

TICA Standards 分析⑨EYE Shape:Round

8月3日(木)からの続きになり、きょうからEYE Shapeの分類シリーズをお届けします。

第1回は「Round Shape」です。

下記分類表を見ても分かるように、ひと口に「Round」と言っても、「Fully Round」から、ただの「Round」、「Almost Round」まで微妙な違いがあるほか、BGやLYのように「Oval」~「Round」まで幅をもたせている猫種もあります。

MC/MCPは条件付きで「Almost round when wide open」、KB/KBLは極めて例外的(特徴的)なEYE Shape(=Walnut, oval on top and Round on bottom)として頭に入れておく必要があるでしょう。
Eye-round000
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2023年8月28日 (月)

【TICA Board Meeting】 決選投票の仕組みの導入について

TICA会長・副会長選挙、Regional Director(RD)選挙などにおける「決選投票」の仕組みの導入が改めて提案されています。

今回はTICA Board Memberら4人が共同提案しています。

◆Amend Bylaws Article 14 (Absolute majority) - Vlach, Goulter, van Mullem, Stadter

114.3 Election
114.3.2 The candidate receiving the highest number of votes shall be elected. In the case of a tie, a run-off election shall be held. The person who receives an absolute majority (over 50%) of the valid votes cast shall be elected. If no-one reaches this threshold, a run-off election between the two people with the highest number of votes shall be held.
同点の場合は決選投票が行われるものとする。有効投票の絶対多数 (50%以上) を獲得した人が選出される。誰もこの基準に達しない場合、最も多くの票を獲得した2人の間で決選投票を行う。

114.4 Run-Off Elections. If a run-off election is required, a run-off ballot shall be mailed sent to each member eligible to vote. The provisions of Article Thirteen shall apply to run-off elections.
114.4 決選投票。決選投票が必要な場合は、投票資格のある各メンバーに決選投票用紙が送付される。第13条の規定は決選選挙に適用されるものとする。

114.4.1. The person who receives an absolute majority (over 50%) of the valid votes cast shall be elected.
114.4.1 有効投票の絶対多数 (50%以上) を獲得した人が選出される。

114.4.2. If there is a tie then the person who received the greatest number of votes in the initial ballot shall be elected.
114.4.2 同数の場合、最初の投票で最も多くの票を獲得した人が選出される。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2023年8月27日 (日)

【TICA Board Meeting】「コングレス」のルールが変わるかもしれません!

「コングレス」関するルール改正案がRules Committeeから提出され、米ワシントン州タコマで8月29日~9月1日に開かれるTICA Annual Board Meetingで諮られます。

改正案は以下の通りとなり、今回のBoardで可決され、さらに一般メンバー投票で通れば、クラブ側はこの3つから1つを選んで実施することになります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Amend Show Rule 21.73 (Congress Judging Formats) – Rules Committee

21.73 Breed/Multi-Breed Congress Formats - If 25 cats are present excluding those in the breed or multi-breed congress the The club may choose one of the following judging options:
21.73ブリード/マルチブリードの「コングレス」 - クラブは以下の審査形式からいずれかを選択できる。

21.73.1 A ring judge conducts the breed/multi-breed congress separately and then re-judges those cats, along with the remainder of the entries.
21.73.1 リングジャッジは、ブリード/マルチブリードの「コングレス」を分離して実施し、その後、残りのエントリーとともにそれらの猫を再審査する。

21.73.2 A different judge may judge only the congress entries. Ring judges judge all entries in a class.
21.73.2 異なるジャッジが「コングレス」のエントリーのみを審査することができる。リングジャッジはクラス内の全てのエントリーを審査する。

21.73.3 If at least 25 cats are present excluding those in the breed or multi-breed congress, a ring judge may substitute a class judging for two separate congresses comprised of the named congress and the remaining entries.
21.73.3 ブリードまたはマルチブリードの「コングレス」に参加する猫を除き、少なくとも25頭が参加している場合、リングジャッジは指名された「コングレス」と残りのエントリーで構成される2つの別々の「コングレス」のクラス審査に代えることができる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

解説を加えれば、21.73.1はこれまで通りのやり方になります。

21.73.2はこれまでのやり方の延長線上のやり方で、「コングレス」を敢えて別のJudgeにしたい場合にはこの方法がいいかもしれません。

21.73.3は合理的・効率的であり、1つの通しの審査で2つの「コングレス」を成立させるやり方になります。「コングレス」を多く入れたい場合に有効でしょう。

なお、「コングレス」に関して、下記のルールはそのままですので、その点を勘違いしないようにしてください。

21.70 Breed Congresses - Shows wherein cats of the same breed compete for awards. No breed congress may be held unless there are at least 20 or more cats present and competing. Finals are awarded as set out in 212.3.

21.72 Multiple Breed Congresses - Multiple breeds of cats compete for awards, generally but not necessarily breeds of like conformation or type. No multiple breed congress may be held unless there are at least 20 or more cats present and competing. Finals are awarded as set out in 212.3.

27.8 Congresses which include breeds of cats of a single coat length (i.e. longhair or shorthair) shall be judged as Specialty rings. Congresses which include breeds of cats of both coat lengths (i.e. longhair and shorthair) shall be judged as allbreed rings.

29.3.2 No club may contract any judge to judge any cat or cats more than twice in 1 day, three times in 2 days or four times in 3 days, including congresses except in cases of emergency whereby a contracted judge has canceled, and a new (i.e. different) judge cannot be contracted. (See Show Rule 29.3.1.)

29.4.1.1 Separate "rings" shall be provided by the show management for each judge. This includes household pet rings and congresses.

212.3 Number of Final Places Awarded(下記画像参照)
2123
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2023年8月26日 (土)

【TICA Board Meeting】「Caracat」がExperimentalからRegistration Onlyへ

「ついに…」と言っても、もともと関心のある人にしか興味ないかもしれませんが、「カラカル」から祖先として新たに創出が試みられている「Caracat(XCA)」が、米ワシントン州タコマで8月29日~9月1日に開かれるTICA Annual Board Meetingで諮られます。

以下、Agendaに載っている「Caracat」の説明の和訳(意訳を含めアクト式和訳を採用)をご紹介します。

◆A brief description of the breed distinguishing it from other breeds recognized by the association
The Caracat is a breed that stands out from other breeds because they physically resemble the Caracal while being very affecionate and intelligent domestic cats. Their coat is one of the few Ticketed coats that is specific to Caracat or Abyssinian. Its presence, its size as well as its ear tips give it a wild look that is unique to this breed.
◆TICAが認めている他の猫種と区別するための簡単な説明
Caracat(カラキャット)は外見的にはカラカルに似ている一方で、非常に愛情深く賢い飼い猫であるところが他の猫種と比べた時の際立った特徴です。彼らのコートはカラキャットまたはアビシニアンに固有の数少ない「Ticketed」(原文ママ)で、その存在感、大きさのみならず、耳先の「ear tips」が、この猫種独特なワイルドな印象を与えます。

◆A proposed breeding program
Our goal is to create a basin of Caracats large enough to be able to have a large choice of breeders with the characteristics sought in order to be able to orient ourselves only towards the reproduction of SBT. The goal is to reproduce a cat resembling the Caracal without calling on high generations and without resorting to crossbreeding with other breeds. We aim to increase the number of ethical breeders of Caracats in the coming years.
◆提案されている繁殖プログラム
私たちの目標は、SBTの繁殖だけに専念できるようにするため、ブリーダーが多くの選択肢を持てるよう、Caracat(カラキャット)として求められる特徴を持ったこの猫種の生息領域を作り出すことにあります。目標はカラカルに似た猫を、(祖先に近い)高い世代に頼ることなく、また他の(確立された)猫種との交配に頼ることなく、繁殖させることです。私たちは、今後数年間で、Caracat(カラキャット)のethical breeders(倫理的なブリーダー)の数を増やすことを目指します。

◆GENERAL APPEARANCE: The general appearance of the ideal Caracat is that of a large, elegant cat with a wild appearance. The Caracat is tall and proportional, strong, muscular, energetic and curious in temperament. It is a well-balanced cat physically and psychologically.
◆一般的な外観:理想的なCaracat(カラキャット)の一般的な外観は野生的な外観を備えた大きくてエレガントな猫です。Caracat(カラキャット)は背が高く、均整が取れており、力強く、筋肉質で、エネルギッシュで好奇心旺盛な性格をしています。身体的にも精神的にもバランスのとれた(well-balanced)猫です。

◆Standardに準じた説明
HEAD: Harmonious face with soft contours. The transition from forehead to nose is slightly pronounced. A tear-like marking in the lower corner of the eyes is desired.
柔らかな輪郭(soft contours)を持つ調和のとれた顔(Harmonious face)。額から鼻への移行部はわずかに目立つ。目の下隅に涙のような跡(tear-like marking)が残ることが望ましい(desired)。

FACE: Round. Dark markings on whiskers are welcome. In adult cats, the jaws are more developed.
丸く、ひげに暗いマーキングがある場合は歓迎(welcome)。成猫はあごがより発達している。

EARS: The ears are large, broad and open at the base, set high enough on the head and moderately pointed. The plumes above the ears are a particularly desirable feature and the back of the ears should be darker.
耳は大きく、幅広く、付け根が開いており、頭の十分な高さに位置し、適度に尖っている。耳の上のプルーム(plume)は特に望ましい特徴(particularly desirable)であり、耳の後ろはより暗い色になる必要がある。

EYES: Almond-shaped, large, bright and expressive. The eyes are made up with a dark line surrounded by a lighter tone. The eyes color are gold or green.
アーモンドの形をしており、大きく、明るく、表情豊か。目は明るいトーンで囲まれた暗いラインで構成される。目の色はゴールドかグリーン。

BODY: Of medium length, supple and strong. The neck is reasonably long and strong. Harmonious proportions are more important than the size of the cat.
中ぐらいの長さで、しなやか(supple)で強い。首は適度に長くて丈夫。猫の大きさよりも調和のとれたプロポーションの方が重要である。

TAIL: Relatively short, thick at the base then gradually tapering to the tip. The tip is black, and at the base there is a dark band. It should not have scratches or rings.
比較的短く、基部が太く、先端に向かって徐々に細くなる。先端は黒く、基部にはdark bandがある。傷やリングがあってはならない。

FUR: Dense with an extremely soft and shiny texture. Of medium length, it must be quite full. The original color is made up of hairs with bands of colors creating a contrast from the very base of the fur (Ticketed). The main color is bright and deep, preferably of a light hue with a darker band on the dorsal ridge, which however should not form too strong a contrast.
密度が高く、非常に柔らかく光沢のある触わり心地(shiny texture)。中程度の長さで、かなりたっぷりなければならない。オリジナルのカラーは、毛の根元からコントラストを生み出す色のバンドを持つ毛で構成される(Ticketed=原文ママ)。主な色は明るくて深く、できれば明るい色合いで、背側の背骨に沿って(dorsal ridge)には darker bandがあるが、コントラストが強すぎてはならない。

COLOURS: Wild colour, either black on a red-brown background or chocolate on a red background. The nose should be pink and made up according to the color of the coat or completely black. The pads should be dark and in harmony with the main color. Other colors such as blue, fawn and silver are currently in development.
ワイルドな色、赤茶色の背景(red-brown background)に黒、または赤の背景(red background)にチョコレート。鼻はピンク色で毛の色に合っているか、完全に黒である必要がある。パッドは暗く、メインのカラーと調和している必要がある。ブルー、フォーン、シルバーなどの他のカラーも現在、創り出しているところである。

AUTHORIZED CROSSBREEDS: Caracal, Abyssinian, Oriental, Maine Coon, Chausie and other domestic cats or crosses between various breeds according to the criteria required at this stage.
認められる交配可能猫種:カラカル、アビシニアン、オリエンタル、メインクーン、チャウシー、その他のドメスティックキャット、または現段階で必要な基準に沿ったさまざまな猫種間の交配種。
Ro1
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

◆全国の14~20日の感染報告者数は1医療機関当たり17.84人でした。前の週に比べ26.0%増え、「5類移行」後、最多となりました

2023年8月25日 (金)

Savannah(SV)セミナーおさらい㉔その他の項目

最後にその他の項目を見ていきます。

第一に、4つの猫種の中では唯一「TEMPERAMENT」という項目が立てられ、「理想的なサバンナは自信に満ち溢れ、機敏で抜け目なく(alert)、好奇心旺盛で人懐っこい猫である」という規定が入っていること。

第二に、ロゼット(Rosettes)、ロケット(locket)、縦に並んだ(Vertically aligned)スポットやマッカレルタビータイプの模様。Cobbyな体型。小さい耳--はPENALIZEであり、減点対象であること。

第三に、4つの猫種の中では唯一「DQ(Disqualify)」が定められ、「Extra toes」がその対象になっていることです。

これで「Savannah(SV)セミナーおさらい」を終わりますが、このセミナー内容をマスターすれば、おそらくその辺のJudgeよりも〝Savannah通〟になれることは間違いありません。
Sv_20230818151501
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

東京都の14~20日の感染報告者数は1医療機関当たり10.96人でした。前の週に比べ5.7%増えています。

大阪府の14~20日の感染報告者数は1医療機関当たり11.88人でした。前の週に比べ16.1%増えています。

名古屋市の14~20日の感染報告者数は1医療機関当たり18.14人で、前の週に比べ12.6%増えています。

福岡市の14~20日の感染報告者数は1医療機関当たり15.96人でした。前の週に比べ42.2%増えています。 

北海道の14~20日の感染報告者数は1医療機関当たり19.59人でした。前の週に比74.1%増えています。

2023年8月24日 (木)

Savannah(SV)セミナーおさらい㉓Color

SVのCOLORへの配点は4つの猫種で最も低く、4点しかありません。

これはBGの半分以下、EMとOCの約4分の1にとどまります。

強いてポイントを挙げるなら、「全てのTabbyにおいて、はっきりし(bold)しっかりした(solid)マーキングが好まれる(preferred)」というところになります。
Sv-colore
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2023年8月23日 (水)

Savannah(SV)セミナーおさらい㉒Texture

Textureへの配点は8点とBGの10点に次ぐ水準ですが、Texture関連の文章量は他の3つの猫種を大きく上回る分量になっているのが特徴です。

とは言え、審査(評価)上、明確な差が付きやすい規定が書いてあるかというと、必ずしもそうではなく、この4つの猫種の中でも最も審査(評価)しずらいStandardと言えるでしょう。

ちなみにSVの和訳を載せておきます。

「長さはショートからミディアムで、質感はよく(good substance)、わずかに粗い感じ。より粗いガードヘアがより柔らかいアンダーコートを覆っている。スポット部分はガードヘアに比べて明らかに柔らかい質感である。被毛の密度はそれほど高くはなく、体に対して比較的平らになっている」--
Sv-texture
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2023年8月22日 (火)

Savannah(SV)セミナーおさらい㉑PATTERN

SVのPATTERNへの配点は8点に過ぎず、これはBGの約半分、EMとOCの4割の水準でしかありませんが、Standardにおける文章量は優るとも劣らない分量があります。

Standardの記載を読み比べる限り、Spotsのある場所はSVが最も広く求められており、そのことは「Smaller spots will be found on the legs and feet as well as on the face」と書いてある通りです。

Spotsの形の多彩さではBG(such as paw print shaped, arrowhead shaped, doughnut o half-doughnut shaped or clustered)であり、Spotsの形の定義の厳格さではOC(thumb print-shaped spots)ですが、SVにおいてはそうした記載はありません。

とにかく小さくてもいいから全身Spottedであることが求められ、そのことは「In all divisions, any visible pattern must be spotted」と書いてあることからも見て取れます。
Sv-patter
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2023年8月21日 (月)

Savannah(SV)セミナーおさらい⑳COAT/COLOR/PATTERNへの配点

きょうからCOAT/COLOR/PATTERNへの配点について、SVとその他の代表的なSpottedの3つの猫種を比べてみます。

これまで見てきたように、SVはHEADとBODYの配点が高かったわけですが、その分、COAT/COLOR/PATTERNへの配点は他の3つの猫種に比べ最も小さくなっています。

SV(20点)>BG(35点)>EM(40点)=OC(40点)

SVの配点はEMとOCの半分、BGと比べても4割低い水準で、これら3つの猫種に比べるとかなり評価上のウエイトは小さいことが分かります。

SVから離れますが、BGはかなり派手なPATTERNで特徴的な印象があると思いますが、EMとOCに比べると配点は少なくなっていることも押さえておきたいところです。
Sv-coat
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2023年8月20日 (日)

祝!さらなる高みを目指されることを祈念して

いきなりプロボクシングの話題で恐縮ですが、9月30日に階級を超えた4団体統一王者同士の一戦(スーパーミドル級王者のカネロ・アルバレスVSスーパーウエルター級4団体王者のジャーメル・チャーロ)を控えるなか、このブログでもご紹介した2階級における4団体統一王者テレンス・クロフォードが、9月30日の試合の勝者と戦うとの意向を表明しました。

カネロとチャーロは2階級差、クロフォードはチャーロよりさらに1つ下の階級ですから、カネロと戦うことになれば、なんと3階級差の試合ということになります。

【「体のサイズではない、技術だ…」とクロフォード】

報道によると、クロフォードはSNSに「体のサイズではない、技術だ。覚えておけ!」と投稿したとか。

ボクシングは階級制のスポーツであるとよく言われますが、この前のクロフォード試合を見ると彼の言うことも分からないではありません。

私は彼の発言の中にさらなる高みを目指す強い意志を感じました。

【猫界とスポーツ界は異なれどさらなる高みを目指してこそ】

趣味の世界である猫界とスポーツ界は大きく異なるはずですが、都合良く「スポーツマンシップ」が語られたり、そうかと思うと「明るく楽しく」が強調されたり、かなり節操がない側面があるわけですが、そんな趣味の世界でもさらなる高みを目指す気持ちは大切でしょう。

趣味の世界だから自己満足と自己都合が優先され、その分、杜撰でいい加減でも大目に見ましょう…という人が大半のようですが、果たしてそれで本当にいいでしょうか。

TICAで言えば、SGCを頂点とするタイトル、「IW」や「RW」などの称号があり、きょうは前年度の成績を祝うとしても、そこで満足することなく、さらなる高みを目指して頑張ってほしいと思うところです。

【JudgeとしてClerkとして努力を続けることの大切さ】

ブリーダーとしてだけでなく、Judgeとしてでも、Clerkとしてでも、さらなる高みを目指すことは重要であり、高みを目指す姿勢こそ欠かせません。

現状に満足して胡座をかき、「パーフェクト」だなんて自己満足に浸っていると、つまらないミスをしたり、クレームを付けられたりするわけです。

どのような立場にいても、驕り高ぶることなく、さらなる高みを目指して地道に不断の努力を積み重ねていってほしいと思います。

Photo_20230818133401
※「Savannah(SV)セミナーおさらい」は休みました。
===================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2023年8月19日 (土)

「神事」も動物虐待? イワシの「密」にも批判?

日本でも2015年に〝動物虐待〟まがいのTICAショーがあり、主催クラブが処分を受けたわけですが、あれから8年余り経ち、動物愛護精神はますます高まりを見せているようです。

【伝統行事「上げ馬神事」も動物虐待に当たると批判】

三重県桑名市の多度大社で毎年5月に行われる伝統行事「上げ馬神事」を実際に観に行ったことはないのですが、三重県教委が馬を威嚇しないよう求める勧告を多度大社に出したということですから、それなりの理由と根拠はあったのであろうと思います。

報道によれば「勧告」は3つあり、①動物愛護の精神に従い、馬を威嚇する行為を根絶すること、②人馬共にけがをしないよう徹底した安全管理の下で行うこと、③神事の実施主体を明確にし、文化財としての在り方を改めて検討すること--求めたそうです。

私も知りませんでしたが、「勧告」は2011年以来、2度目とのことで、教育長は会見で「馬にとって過酷な状況なのは間違いない。今のままのやり方では社会の考えに沿っていないので、しっかりと改善を図るべきだ」と話したそうです。

【約3000匹のイワシが泳ぐ水槽にも「イワシが密だ」】

そうかと思うと、今度は千葉県九十九里町の名物ともなっている約3000匹が泳ぐ水槽に対しても「密だ」との批判が出ていることがニュースになっていました。

動物の権利擁護団体の代表理事がコメントしていて、「捕食者(外敵)がやってきて、集団で逃げる時にこのくらいの密度」とのことで、イワシにとって「過剰な状態が続いている」として「動物にとって厳しい状況である」との認識を示していました。

「展示廃止」を求める声に対して九十九里町の担当者は「正直驚いている」と困惑気味でしたが、まさに正直な感想かもしれません。

【キャットショーだけ無縁で例外と考えないほうがいい…】

2015年に〝動物虐待〟まがいのTICAショーは例外的に異常だったとは言え、キャットショーだけ「動物虐待」批判とは無縁で例外だと短絡的に考えないほうがいいと私は思っています。

審査ケージの大きさ、控えケージの大きさに規定はありませんが、どこからどんな批判や非難が舞い込んでこようが、「これだけのゆとりあるスペースを確保しています」と言えるぐらいであるべきではないでしょうか。

ショーの進行に合わせて何時間でも延長するのではなく、ショー開催時間は猫の健康(精神的にも肉体的にも)を配慮した時間をあらかじめ設定し、それを厳格に守るようにする必要があるかもしれません。

いずれにしても時代の要請に無頓着であってはならず、猫を犠牲にした上に「明るく楽しい」ショーなどあり得ないことを自らの心にしっかり叩き込むことが必要でしょう。

※「Savannah(SV)セミナーおさらい」は休みました。
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

全国の8月7~13日の感染報告者数は1医療機関当たり14.16人でした。前の週に比べ10.4%減りました。

2023年8月18日 (金)

Savannah(SV)セミナーおさらい⑲Boning/Musculature

14日(月)のブログで強調した通り、「Boning」「Musculature」を合わせた合計は14点で、BGの12点を上回ります。

ここで勘違いしないようにしてもらいたいのは、あくまで配点であって、SVの方が2点分、筋肉と骨格がSVより上回っていることを示しているのではない点です。

SVの「Boning」は「Medium boning with density and strength」、BGは「Sturdy, firm; never delicate」

SVの「Musculature」は「Firm, well-developed, yet smooth」、BGは「Very muscular, especially in the males, one of the most distinguishing features」ですから、BGの方が配点自体はSVを下回っても、どちらがより筋肉質であるかと言えばBGということになるでしょう。
Sv-boning-m
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

東京都の8月7~13日の感染報告者数は1医療機関当たり10.37人でした。前の週に比べ10.1%減りました。

大阪府の8月7~13日の感染報告者数は1医療機関当たり10.23人でした。前の週に比べ25.3%減りました。

名古屋市の8月7~13日の感染報告者数は1医療機関当たり15.61人で、前の週に比べ8.0%減りました。

福岡市の8月7~13日の感染報告者数は1医療機関当たり11.22人でした。前の週に比べ48.2%減りました。 

北海道の8月7~13日の感染報告者数は1医療機関当たり11.20人でした。前の週に比10.2%増えています。

2023年8月17日 (木)

Savannah(SV)セミナーおさらい⑱Tail

「Tail」の記載も、SVブリーダーのこだわりが凝縮したような感じがするのではないでしょうか。

他の3つの猫種野は配点が5点なのに対し、SVは7点と高く、その分というわけではないでしょうか、記載量も多めです。

なお、SVはStandardが変更される見通しで、Tailのところは「with preferred length just below the hock」の部分が削除される見通しです。
Sv-tail
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2023年8月16日 (水)

Savannah(SV)セミナーおさらい⑰Legs/Feet

おとといも指摘しましたが、SVの「BODY」において「Legs」は特徴的です。

SVの「Legs」は「Longer than average, well muscled」であり、BG(Medium length)、EM(Medium in length)、OC(Medium long)と比べてもその特徴が異なることがよく分かります。

ちなみに「Feet」だけ見ると、BGが他とは異なる特徴を持つことが分かるかと思います。
02sv-torso-legs-feet
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2023年8月15日 (火)

Savanaah(SV)セミナーおさらい⑯Torso

SVにおける「Torso」の配点は8点で、BG(5点)よりは高いものの、OC(10点)とEM(同)に比べると低くなっています。

問題は、「ではSVのBODY Typeは?」ということになるわけですが、BGが「Long & Substantial」とひとくちで括れるのに対して、SVはひとくちでは語れない難しさがあります。

そのことは例えば、OCにおいて「semi-foreign」、EMにおいて「Balance between cobby and foreign types」と定めているのと比べても分かります。

「The torso is long, lean and well muscled with a full deep rib cage, prominent shoulder blades」と書いてありますから、「Long」であることに違いないわけですが、問題はその後です。

BGとの違いを理解する上でも、「Long」に続く記載もそのまま覚えておくのがいいのかもしれません。

なお、SVはStandardが変更される見通しで、Torsoのところは「a slight, but not extreme, tuck-up」の部分が削除される見通しです。
00sv-torso-legs-feet
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

全国の7月31~8月6日の感染報告者数は1医療機関当たり15.81人でした。前の週に比べ0.6%減りました。

2023年8月14日 (月)

Savannah(SV)セミナーおさらい⑮BODYへの配点

きょうからBODYへの配点について、SVとその他の代表的なSpottedの3つの猫種を比べてみます。

そうするときれいに配点の大小が並びます。

SV(40点)>OC(35点)>BG(30点)>EM(25点)

筋肉質が特徴のBGが3番手となり、SVとは10点もの差があります。

内訳を見ると、SVは「Boning」と「Musculature」の合計点が14点に対し、BGは12点ですから、BGよりも「Boning」と「Musculature」に重きが置かれていることが分かります。(後日、このブログで詳述する「Boning」「Musculature」の項は必ず読むようにしてください)

「Legs」だけで8点(「Feet」も合わせると11点)はこの4つの猫種では最も高い配点であり、Tailも4つの猫種の中で最も高い7点であることに留意しておきたいところです。
Sv-body
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2023年8月13日 (日)

「この世で罰せられる罪は1つしかない」…それは、

韓ドラ「アスダル年代記」をすでにご覧になったメンバーは覚えているでしょうか?

モモ族のサトゥニク(下記画像右)が死に際に、後にアゴ族指導者となるウンソム(ソン・ジュンギ、画像左の後ろ姿)につぶやく言葉--。

ドラマの中では死に際の場面でその言葉が明らかにされることはなく、後になってアゴ族出身のイプセン(キム・ソンチョル)を通じて語られることになります。

「この世で罰せられる罪は1つしかない。弱さだ。弱くて愚かなこと。それだけが罪だ。それだけは必ず罰せられる。サトゥニクは死に際にそう言ったんだな。〝弱いのは罪〟とはうまく言ったな」--。
Photo_20230810101101
【猫界で起こる全ての問題の根源も「弱くて愚かな罪」にある】

TICA Asia Region(現TICA Asia East Region)で起きた数々のトラブルや不祥事もよくよく考えれば全ての根源は「弱くて愚かなこと」の1点に収斂することが分かります。

不当な「出陳拒否」に加担したエントリークラークやクラブ員

出陳者をあからさまに差別するようなベンチングをしたメンバー

審査記録の〝改竄〟未遂事件を起こしたAllbreed Judge

正しいMaster Catalogを作れない/作ろうとしないClerk

弱いからマニュアルやルールをよく勉強せず怠けてしまい、愚かなことにその弱さを自覚し、克服しようとしないわけです。

【情実審査が横行する原因も「弱くて愚かな罪」にある】

弱いからStandardsの勉強をしない、弱いから復習しない、弱いから自分で能動的に調べ正しい解釈をしようとしない。

弱いから仲良しこよしのメンバーの意に沿い、愚かだから依怙贔屓してしまう。

弱くて愚かだから公平性と公正性を保つ努力を疎かにする。

出陳者が疑問や疑惑を抱くような(抱かざるを得ないような)審査をするJudgeに共通するのも、突き詰めれば「弱くて愚かな罪」に原因があると思うのは私だけではないはずです。

【「弱くて愚かである」という「罪」を自覚し克服する】

8月4日(金)のブログで、井上尚弥選手とテレンス・クロフォード選手を取り上げましたが、彼らが「トップ・オブ・トップ」と言えるのも、「弱さ」を克服し、「愚か」でないところにその特色があると言えるのではないでしょうか。

「弱くて愚かである」という「罪」を人一倍自覚し、だから「基礎」を徹底することを通じて「弱さ」を克服する努力を人一倍している--と言えるでしょう。

Judgeも同じであり、出陳者が心を込めて育てた愛猫を審査しているわけですから、出陳者の苦労と気持ちに報いるためにも「弱くて愚か」であってはならず、「トップ・オブ・トップ」のJudgeになるという熱意と決意、覚悟がなければならないということになります。

※「Savanaah(SV)セミナーおさらい」「TICA Standards 分析」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2023年8月12日 (土)

TICA Asia East Region〝年代記〟???

韓ドラ「アスダル年代記」シーズン2がクランクアップし、韓国では9月から放映されるとのニュースを聞き、急ぎシーズン1を観ることにしました。

メインキャスト(敬称略)はチャン・ドンゴン、ソン・ジュンギ(双子を1人2役で演じ、シーズン2はイ・ジュンギに変更)、キム・ジウォン(同シン・セギョンに変更)、キム・オクビン、そして日本から唐田えりかも出演しています。(※Netflix、Disney+で視聴可能)

【多くの部族の連盟で成り立つ「アスダル」は猫界そっくり】

時代はネアンデルタール人が居た頃(ドラマでは「ネアンタル」として登場、この「ネアンタル」との混血は「イグトゥ」と言われ忌み嫌われている)、舞台は架空の大陸「アス」。多くの部族が「アスダル」という名のもとで連盟を形成しています。

このブログでなぜ取り上げたかと言えば、部族はまるで猫界のクラブのようであり、連盟は「TICA Asia East Region」、連盟長はさしずめRegion Directorといったところでしょうか…。

いろいろな場面で「猫界あるある」に通じる部分もあって、人一倍、興味が湧きます。

【いろいろな考えを持つ人がそれぞれの思惑で動く】

自分が生きるため、生き残るために友を裏切る人

自分の地位を守るためにあっちに付いたりこっちに付いたりする人

嘘ばかり付いている嘘まみれの人

権力を欲し、力を手に入れようと躍起になる人

主流派部族の戦士でありながら「誤りを正さなければならない」と胸に秘める人

TICAメンバーを見ても似たような人が思い浮かぶのではないでしょうか。

【国=組織を治め運営する対照的な2つのアプローチ】

シーズン1はある意味、見事にシーズン2につながる終わり方で、チャン・ドンゴン演じるタゴンが権謀術数と権力・武力を駆使して連盟長から「王」になり、アスダルを「国」とし、一方、ソン・ジュンギ演じるウンソム(双子うちの1人)は、奴隷の身から逃れ、流れ着いたアゴ族でアゴ族内の氏族対立を「奴隷解放」を旗頭にまとめ上げて指導者となります。

アスダルの「王」となったタゴンがアゴ族討伐を宣言したところでシーズン1は終わりましたが、国でも連盟でも部族でもまとめ上げるのは実に難しく、その手法があらゆる場面で厳しく問われることがよく分かります。

小さな趣味の世界の団体・組織と言えども、杜撰でいい加減な気持ちとやり方で運営していてはまとまるものもまとまらないことに気づかせてくれることでしょう。

Photo_20230810100801
※「Savanaah(SV)セミナーおさらい」「TICA Standards 分析」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

全国の7月31日~8月6日の感染報告者数は8月14日(月)に発表される予定です。

2023年8月11日 (金)

Savannah(SV)セミナーおさらい⑭Neck

SVブリードセミナーでも強調されていたかと思いますが、「Neck」への配点が6点というのはSVだけであり、「Neck」における全Breeds平均の配点が2.64点であることを考えても突出した配点であることが分かります。

一方、その記載は極めてシンプルで「Long and lean」であり、「長く」て「ぜい肉がなく引き締まった」首ということになります。

おそらく、審査されているSVを出陳者/見学者から見ても「首が長いわね」とひと目で分かるぐらいでなければならないと言えるでしょう。
Neck
Neck_20230805115301
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

東京都の7月31~8月6日の感染報告者数は1医療機関当たり11.53人でした。前の週に比べ3.7%増えています。

大阪府の7月31日~8月6日の感染報告者数は1医療機関当たり13.69人でした。前の週に比べ6.6%減りました。

名古屋市の7月31日~8月6日の感染報告者数は1医療機関当たり16.97人で、前の週に比べ5.8%減りました。

福岡市の7月31日~8月6日の感染報告者数は1医療機関当たり21.67人でした。前の週に比べ12.0%減りました。 

北海道の7月31~8月6日の感染報告者数は1医療機関当たり10.16人でした。前の週に比15.1%増えています。

2023年8月10日 (木)

Savannah(SV)セミナーおさらい⑬Profile

「Profile」は猫種によってその表現や言い回しが部妙に異なりますが、SVはその中でもかなり特異と言えるかもしれません。

「Straight to slightly convex curve」+「Straight to very-slight concave curve」となっており、 敢えてもう少し簡素に分類するなら「Convex curve」+「Concave curve」タイプとなり、AUMやCUと同じ括りに入ります。

SV同様に、かなり複雑で特異な表現や言い回しになっている猫種がRDであり、分類上は唯一の「Straight」+「Concave curve」+「Convex curve」タイプです。
Sv-profile
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2023年8月 9日 (水)

Savannah(SV)セミナーおさらい⑫Muzzle & Whisker Pads

SVにおける「Muzzle」(配点は4点)も特徴的です。

一般論として猫の「Muzzle」や「Whisker pads」は目立つ傾向があると思いますが、SVは逆で目立たないことが特徴のStandardの記載となっています。

野生猫から創出したSpottedにBGがいますが、SVとBGは極めて好対照な「Muzzle」であることが分かります。
Sv-muzzle
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2023年8月 8日 (火)

Savannah(SV)セミナーおさらい⑪Chin

7月21日(金)からの続きになります。

きょうは「Chin」(SVにおける配点は4点)を取り上げ、SVと他の猫種のStandardを比べてみます。

SVは野生猫から創出したこともあり、強い「Chin」を持つようなイメージを持つかもしれませんが、Standardの記述は強いイメージとは対照的です。

◆頭部の三角形に沿うように細くなっている
◆横から見ると鼻がわずかに突き出ているため、鼻からあごにかけての角度が後ろに傾いて見える
◆あごが凹んで見えることがある

といったようにどちらかというと弱いイメージであり、それが特徴ということになります。

強い「Chin」を持つ猫種の説明には「Full」や「Strong」「Firm」「Well-developed」「Deep」「Fleshy」が使われることも押さえておきたいところです。
Sv-chin
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2023年8月 7日 (月)

Savannah(SV)のStandard変更について

Savannah(SV)のStandardが変更されることになり、8月29日~9月1日のTICA Annual Board Meetingに諮られることになっています。

変更というよりは微修正といった感じで、配点は変わらず、「Eyes」「BODY」「Tail」の記載に加筆・削除があるだけです。

英文とそれに対応した和訳は以下の通りです。

【EYEsの変更】※加筆と削除
Eyes: 
Medium sized Eyes should appear small to medium in size and set underneath a slightly hooded brow. The top of the eye resembles a boomerang, which is set at the exact an angle so that the corner of the eye slopes down the line of the nose a continuous line with the outer edge of the nose bridge. The bottom half of the eye has an almond shape. The eyes are moderately deep set, low on the forehead, and at least one eye width apart. Dark tear markings are desirable and may be Tear stain marking are present along and between the eyes and the nose. All eye colors are allowed and are independent of coat color.

(和訳)中くらい(Medium)の大きさで、目は中ぐらいから小さめのの大きさに見え(should appear)、わずかにフードのある眉毛(hooded brow)の下にある。目の上部はブーメランのようで、目尻が鼻筋の外側の縁と連続したライン鼻のラインに沿って傾斜するように正確な角度になっている。目の下半分はアーモンドのような形(almond shape)をしている。目は適度に深く、額の低い位置にあり、少なくとも目幅1つ分、離れている。涙やけのような濃いティアマーキング(Tear stain markings/この表現が出てくるのはSVだけ)があることが望ましく、目と鼻の間に沿ってある(may be)。全ての目の色が認められ、毛色とは無関係である(SVで認められているカラーに限ってという前提あり)

【BODYの変更】※削除のみ
BODY: Torso: The torso is long, lean, and well muscled with a full deep rib cage, prominent shoulder blades a slight, but not extreme, tuck-up and a rounded rump. The hip and thigh are full and long, and somewhat heavy in proportion to the rest of the body. 

(和訳)胴体は長く引き締まった筋肉質で、深い胸郭が特徴的である。肩甲骨、極端ではないがわずかなタックアップ丸みを帯びた尻。ヒップと 腿はふくよかで長く、体の他の部分に比例してやや重い。

【Tailの変更】※削除のみ
Tail:Medium to thick in width. Medium in length, ending between the hock and just above ground level when standing with preferred length just below the hock. Tail should taper slightly to a blunt end. Whippy tails are not desired. 

(和訳)幅は中くらいから太い。長さは中くらいで、立った時に、後ろ脚の膝から地面すれすれまでの間にある 後ろ脚の膝のすぐ下ぐらいまでの長さが好ましい(preferred)。尾はわずかに細くなっていき、先端は尖っていない(blunt end)。細いムチ状の尾(Whippy tails)は望ましくない(not desired)。

※「Savanaah(SV)セミナーおさらい」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2023年8月 6日 (日)

TICA Judgeとして/TICAメンバーとしての「マイパーパス」

「パーパス経営」において、その成否を決めるのは、いかに「パーパス」「バリュー」「ミッション」を社員に浸透させるか--に尽きるわけですが、小さな趣味の世界においても企業ほどではないとしても、それなりにメンバーに浸透していなければ〝絵に描いた餅〟になってしまいます。

【メンバーひとりひとりにとっての「マイパーパス」】

浸透策のひとつとして、組織の構成員ひとりひとりが「マイパーパス」を持ち、それを組織全体としての「パーパス」「バリュー」「ミッション」と連動させる方法がありますが、小さな趣味の世界の組織でも有効でしょう。

もう少し細かく言えば、猫界においてはJudgeはJudgeとしての「マイパーパス」、ブリーダーはブリーダーとしての「マイパーパス」、出陳者は出陳者としての「マイパーパス」を思い描き、TICAメンバーはTICAメンバーとしての「マイパーパス」が欠かせないということになります。

私がTICAショーに的を絞った「パーパス」「バリュー」「ミッション」を私案(試案)として提案したのは、こうした「マイパーパス」を思い描く上で考えやすくなるだろうと考えたからです。

【ショーも多様性の時代に入り問われる“TICAらしさ”】

猫界、キャットショーも多様化しつつあり、そのことはイベント色/興業色を意識したショーから、「スポーツマンシップ」が話題に上るような競技色の強いショー、教育的視点を重視したショーまで多岐にわたる中で、TICAらしさ、TICAのショーならでは…を打ち出していかない限り、発展しないどころか衰退の道を辿らざるを得ないという危機感が根底にあります。

「明るく楽しく」を標榜するショーはイベント色を強める方に軸足があり、そうであるからこそルール軽視、Standards軽視の審査につながるわけですが、果たしてそれでこの先、本当にやっていけるのでしょうか。

私の私案(試案)は、真逆の視点に立っていることはその中身を見れば自ずと明らかかと思います。

【「明るく楽しく」は目的ではなく結果として実現する】

とは言え、私が「明るく楽しく」を全否定しているわけではありません。

「鶏が先か卵が先か」の議論になってしまいそうですが、私はTICAショーにおける「パーパス」「バリュー」「ミッション」の上に、「明るく楽しく」が自然と表れるものであって、「明るく楽しい」活動からスタートすると、どうしてもルールやStandardsの勉強が後回しになり、依怙贔屓や差別、情実審査の入り込む隙が出てきてしまいます。

そのことはTICA Asia(現TICA Asia East)Regionの実情を見れば一目瞭然かと思います。
Tica_20230802141101
※「Savannah(SV)セミナーおさらい」「TICA Standards 分析」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2023年8月 5日 (土)

「お体ご自愛ください」なんて書いたりしてませんか?

福原愛さんの代理人弁護士が出したとされる反論「声明」を巡っては、冒頭「報道各位様」という二重敬語が使われていたとして厳しい指摘を受けていますが、社会常識や文書マナーを逸脱すれば信用を落とすことにつながりかねない典型的なケースです。

【重ね言葉を平気で使ってしまうようでは…】

この猛暑で、猫界でも手紙やメールのやり取りで「ご自愛ください」というフレーズを入れるメンバーも多いかと思いますが、「お体ご自愛ください」なんて書いていないでしょうか。

「自愛」は「自分を大切にすること」「自分の健康状態に気を付けること」ですから、その前にわざわざ「お体」を付けてしまっては「重ね言葉」になってしまいます。

Judgeなら、Standardsを正確に理解し、的確に解釈できなければなりませんが、できるJudgeか否かは普段から言葉の使い方に敏感かどうかを尺度として測れます。

日本語の正しい意味、日本語の正しい使い方ができない人に、Standardsで書いてある英語の正しい意味、使い方による解釈の微妙な違いが分かるはずがありません。

【「ください」を付ければ丁寧な表現になるわけではない】

「ください」を付ければなんでも丁寧な表現になるといった思い込みは、「Please」を付ければなんでも丁寧な言い方になるという日本人の勘違いと通底します。

日本語の場合、「ください」は命令の語感があり、丁寧な表現にするのであれば「くださいませ」と加えるか、「くれぐれも」や「どうぞ」といった言葉に続けて「ご自愛ください」と続けます。

Standardsでも要求水準のレベルが強い表現から弱い表現までさまざまな段階の使い分けがあり、その違いをしっかり理解するには、普段から表現や言い回しの微妙な使い分けに敏感でなければならないと言えます。

【機械翻訳で「知る」ことはできても「識る」ことはできない】

Standardsは英語で書かれていますから、日本人Judgeにあっては英語をその語感やニュアンスも含め正しい日本語で理解する必要がありますが、そこのところは機械翻訳ではどうにもなりません。

単に「知る」という段階から1歩も2歩も踏み込み、「識る」という作業を自分に課さなければ、本当の意味の理解には到達しないのです。

みなさまにおかれましては、酷暑の折、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

※「Savannah(SV)セミナーおさらい」「TICA Standards 分析」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

全国の17~23日の感染報告者数は1医療機関当たり15.91人でした。前の週に比べ14.4%増えています。11週連続で増加しています。

2023年8月 4日 (金)

「トップ・オブ・トップ」を目指すということ

猫界に、それなりの格闘技ファンはいたとしても、ボクシングファンとなるとかなり少なくなるかもしれません。

先日、井上尚弥選手のスーパーバンタム級2冠統一戦と、クロフォードVSスペンス戦のウエルター級4冠統一戦が行われましたが、それらは村田涼太氏がコメントしていたように「トップ・オブ・トップ」の戦いでした。

【「トップ」ではなく「トップ・オブ・トップ」という視点】

村田涼太氏の視点は、猫界に当て嵌めれば、「一流」のJudgeではなく、「超一流」のJudgeを目指すという視点と重なり合います。

ブリーダーとして視点という意味でも同じであり、「トップ・オブ・トップ」を目指す意識があれば、Standardをしっかり勉強するはずです。

数ある愛猫団体、ショー公認団体の中で、TICAが単にトップクラスを目指すのではなく、「トップ・オブ・トップ」を目指すなら、さらなる発展も可能でしょう。

【井上選手とクロフォード選手の共通点はどこにあるか】

それぞれの試合は戦前の予想に比べて、対戦相手との圧倒的な差を白日のもとにさらしました。

負けたフルトン選手、スペンス選手はそれぞれ再選を望んでいるようですが、これだけの差を見せ付けられると興味をそそられないと言っても過言ではありません。

では、井上選手とクロフォード選手の共通点はどこにあるのでしょうか。

【「基礎」を疎かにせずひた向きに「基礎」を学び続ける姿勢】

多くの人が指摘している点かと思いますが、2人は実に「基礎」がしっかりしており、「基礎」を疎かにしていない点が共通しています。

猫界のJudgeに敢えて当て嵌めれば、「基礎」はStandardsの勉強に相当し、日本人Judgeで言えば、「知識」を学び、「理解力」と「解釈力」を磨き、その基礎力のトレーニングに余念がないということを意味します。

ボクシングファンが「トップ・オブ・トップ」の試合を見たいのと同じように、出陳者であるなら「トップ・オブ・トップ」の超一流Judgeに審査してもらいたいと思うのは当然でしょう。

※「Savannah(SV)セミナーおさらい」「TICA Standards 分析」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

東京都の7月24~30日の感染報告者数は1医療機関当たり11.12人でした。前の週に比べ18.9%増えています。

大阪府の7月24~30日の感染報告者数は1医療機関当たり14.66人でした。前の週に比べ8.1%増えています。

名古屋市の7月24~30日の感染報告者数は1医療機関当たり18.01人で、前の週に比べ2.6%増えています。

福岡市の7月24~30日の感染報告者数は1医療機関当たり24.63人でした。前の週に比べ9.4%減りました。 

北海道の7月24~30日の感染報告者数は1医療機関当たり8.83人でした。前の週に比べ1.0%減りました。

2023年8月 3日 (木)

TICA Standards 分析⑧Eyes配点ランキング(5点その2+4点)

EYEsへの配点5点の残り7猫種グループと、4点の3猫種グループを紹介します。

ここでの注目はSXであり、Championship昇格猫種で「Lemon Shape」はSXだけです。

PNBまで広げると、APHRODITE BREED GROUP (APS/APL)は「Olive-shape」(EYEsへの配点は10点)となっており、これも特別なEYE Shapeと言えます。
Eye-54
Eye-55
Eye-4
※「Savannah(SV)セミナーおさらい」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2023年8月 2日 (水)

TICA Standards 分析⑦Eyes配点ランキング(5点その1)

きょうはEYEsへの配点が5点の猫種グループの前半(12グループ)を紹介します。

5点の配点は猫種グループ数の分布で言えば最も多く、全体の猫種グループの4割弱(37%)を占めています。

この中に出てくるBG/BGLとHBにおいてだけ「not bugged」という言い回しがあり、押さえておきたいところです。
Eye-51
Eye-52
Eye-53
※「Savannah(SV)セミナーおさらい」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

2023年8月 1日 (火)

TICA Standards 分析⑥Eyes配点ランキング(7~6点)

きょうはEYEsへの配点が7点と6点の猫種グループを紹介します。

EYEsへの平均配点からほんのちょっと下回る水準ですが、7点は「RD」「JB/JBL」「PD」の3グループ、6点は「AS/AW」「DSK」「MC/MCP」「SV」「TG」の5グループで、日本のTICAメンバーにも馴染みの猫種が多いといえます。

先日のブリードセミナーでも出てきましたが、やはり「SV」は特徴的であり、超一流Judgeを目指すメンバーはしっかり押さえておきたいところです。

なお、「MC/MCP」はStandard変更後を掲載しています。
Eye-7
Eye-61
Eye-62
※「Savannah(SV)セミナーおさらい」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »

無料ブログはココログ