2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

« 「ザリガニの鳴くところ」に見る〝生き抜く強さ〟 | トップページ | 差別も制限もなく無料で誰でも学べるという「理念」 »

2023年7月10日 (月)

「物乞いに味を占めた者はたてつかない」…

3月24日のブログ3月31日のブログでも取り上げた韓ドラ「鄭道伝<チョン・ドジョン>」

この第1話で、序列第2位の宰相イ・イニム(下記画像の左から2人目)がこんなこと言うシーンがあります。

「食べ物をもらえると信じている者は皿まで狙わない」--

「物乞いに味を占めた者はたてつかない」--

【小さな趣味の世界も全く同じ〝支配構造〟??】

依怙贔屓していい成績をつけておけば…

ファイナルに入れておけば…

QGCになったらベストを与えておけば…

たてつかず、唯々諾々と従い、言いなりに動くという〝支配構造〟は全く変わらないような気がしてなりません。

【〝奴隷根性〟丸出しで甘い蜜に群がる恐ろしさ】

依怙贔屓と情実審査で団結する仲良しこよしメンバーの目を見れば、すぐに分かります。

良い成績をもらえると信じている者の目をしていますし、「ファイナル乞い」「ベスト乞い」に味を占めた人の目をしています。

少しでも正論を吐き、たてつこうものなら、これらの目は瞬時にそして一斉に敵意に変わり、排除に動き出すわけです。

〝奴隷根性〟丸出しで甘い蜜に群がる人々の恐ろしさは昔も今も変わらないと思わざるを得ません。

【縮小均衡した「井の中」の水はいずれ腐り悪臭を放つ】

韓ドラ「鄭道伝<チョン・ドジョン>」は高麗王朝が滅び、李氏朝鮮建国に至る歴史を描いた時代劇ですが、ひとつのクラブを滅び行く高麗王朝にたとえること、ひとつのRegionを高麗王朝になぞらえることもできるでしょう。

ルールに疎く、Standardsを正しく解釈できず、「学び」や「識る」ことを蔑ろにして仲間内だけで「明るく楽しく」活動するようなメンバーが幅を利かせる組織は早晩、滅びるであろうことは間違いありません。

縮小均衡した「井の中」で〝延命〟を図っても、いずれ水は腐り、悪臭を放つようになるでしょう。
Photo_20230707090601
※「Savannah(SV)セミナーおさらい」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

« 「ザリガニの鳴くところ」に見る〝生き抜く強さ〟 | トップページ | 差別も制限もなく無料で誰でも学べるという「理念」 »

無料ブログはココログ