2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

« だから日本の学校から「いじめ」がなくならない…私たちが「理不尽なこと」を受け入れてしまう「根本原因」 | トップページ | Savannah(SV)セミナーおさらい②「Ears」の配点比較 »

2023年7月 4日 (火)

Savannah(SV)セミナーおさらい①4つのSpotted猫種における「HEADの配点」の違い

TICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)主催で6月25日(日)に開催した「Savannah(SV)ブリードセミナー」のおさらい講座を始めます。

セミナーでは、いわゆるSpottedの代表猫種である「BG」「EM」「OC」と「SV」を比べてみましたが、Standardにおける「HEADの配点」を比較したのが下記の画像になります。

①この4猫種を比べると「SV」が「HEADの配点」が40点と最も大きいことが分かります。

②Neck (Long & Lean)に対する配点は6点で、全猫種の中でNeckに6点も配点しているのはSVだけです。

Sv-head0

③「SV」のHEAD Shapeは「The face forms an equilateral triangle」となっており、他の3猫種は「modified wedge 」です。

ちなみに「SV」のHEAD Shapeで求められている「equilateral triangle」は、「SV」のほかにStandardで出てくるのは「JB/JBL」「KM」「SN」「TO」ですが、

「TO」は「Head and ears give the impression of an equilateral triangle when viewed from the front」とあくまで「impression」の範疇です。

「SN」は「resembles an equilateral triangle」と「resemble」にとどまり、

「JB/JBL」は 「Almost equilateral triangle」と「Almost」が付いている点を忘れてはなりません。

「KM」は「Tip of nose and tips of ears form points of equilateral triangle」とはっきり「equilateral triangle」を打ち出していますが、「Tip of nose and tips of ears form points」と限定された部分についてです。

こうして全猫種のStandardを見てみると、「SV」だけがHEAD Shape全体として「equilateral triangle」であることが求められているということになります。
Equilateral-triangle
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

« だから日本の学校から「いじめ」がなくならない…私たちが「理不尽なこと」を受け入れてしまう「根本原因」 | トップページ | Savannah(SV)セミナーおさらい②「Ears」の配点比較 »

SVスタンダード」カテゴリの記事

無料ブログはココログ