2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

« Savannah(SV)セミナーおさらい⑨EYE Description(Tear stain markings) | トップページ | 「あなたの目」「猫界の目」vs「世間の目」 »

2023年7月21日 (金)

Savannah(SV)セミナーおさらい⑩目と目の間隔

Standarsの「Eyes」の項目では、目の目の間隔を定める記述がよく見られます。

SVの場合、どうなっているというと「at least one eye width apart」となっており、全猫種を通じて似たような表現はTO(at least one eye-width between) にあるだけです。

「an eye width apart」と言う言い回しをStandardで使ったいる猫種のうち、最も広い間隔を求めているのはSEであり、MS、OC、SBなどが「more than」という表現を加えて続きます。

ちょうど目ひとつ分の間隔はAC/ACL、KB/KBL、PB/PBLで、それよりわずかに広いという言い回しはSGに見られます。
Eye-distance
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

東京都の10~16日の感染報告者数は1医療機関当たり8.25人でした。前の週に比べ8.8%増えています。

大阪府の10~16日の感染報告者数は1医療機関当たり10.22人でした。前の週に比べ29.9%増えています。

名古屋市の10~16日の感染報告者数は1医療機関当たり14.44人で、前の週に比べ23.8%増えています。

福岡市の10~16日の感染報告者数は1医療機関当たり17.33人でした。前の週に比べ9.8%増えています。 

北海道の10~16日の感染報告者数は1医療機関当たり8.45人でした。前の週に比べ25.6%増えています。

« Savannah(SV)セミナーおさらい⑨EYE Description(Tear stain markings) | トップページ | 「あなたの目」「猫界の目」vs「世間の目」 »

SVスタンダード」カテゴリの記事

無料ブログはココログ