2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に⑩「目的」をしっかり押さえる | トップページ | 「無知を露呈」してはならないのは当然!! »

2023年6月28日 (水)

Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に⑪「confident」と「pride」を併せ持つ

きのうのTICA Clerking Manual 51.1の和訳で、「confident」のところは「自信に満ち」とサラッと訳しましたが、Ckerkになろうというメンバー、Ckerkとしての勉強をしっかりしよう思うメンバーはこの英単語を、サラっと読み流してほしくはありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ONE - General Information
51.1 Purpose. The purpose of The International Cat Association's Clerking Program is to provide training to all interested and qualified individuals which will result in confident, competent, efficient and experienced licensed clerks.
(和訳)1 - 一般事項
51.1 目的。TICA Clerking Programの目的は、自信に満ち(confident)、(目的を果たすための)能力が十分に備わり(competent)、(仕事を効率よくこなす)能力を持ち(efficient)、ライセンスを有した経験豊富なClerkになれる、(このプログラムに)関心を持ち(知識/能力/実力といった)資格のある個人に対してトレーニングを提供することである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【「confident」に留まらず「pride」も併せ持つように】

TICA Clerking Manualに「pride」という言葉は出て来ませんが、「confident(あるいはconfidence)」と密接な関係を持ち、TICA Asia East Regionで Ckerkの勉強をするメンバーにはぜひとも「confident」に留まらず、「pride」を持てるようになっていただきたいと思います。

なぜなら、「confident」であるためには「pride(プライド/誇り/矜持)」を持つ必要があり、「pride」なき「confident」は弱く脆いものだからです。

しっかりとした「pride」を持てれば自然に「confident」になれることは間違いありません。

【TICA CkerkとしてのPRIDEを持つことが重要】

ルールを地道に勉強するのも「pride」があってこそであり、「正しく記録し、正しい記録を残す」のも「pride」があればこそであって、誰かが「そのままでいいわよ」と言ったとしても、間違った記録をそのままにして知らん顔することなど「TICA Ckerkとしての私のプライドが許さない」となるわけです。

「pride」なき「confident」は「カラ元気」ならぬ〝カラ自信〟であって、自分がパーフェクトだと思い込む単なる自惚れに過ぎないということになります。

TICA Clerking Manualに出てくる「confident」を、「Take pride in your work」と解釈して読み取ることが、大きなミスやトラブルを起こして他のクラブやJudgeに迷惑をかけないClerkになる道です。

【変なプライドが邪魔をしないよう自らを厳しく律する】

ただし、変なプライドを持ってもらっては困ります。

正すべきものを正さない、やり直すべきものを直さない…というのは変なプライドが邪魔をしていることが往々にしてあります。

たとえTICA本部が「これで構わない」「もう出し直さなくていい」と言って来たとしても、「TICA Ckerkとしての私のプライドが許さない」と言えてこそ、TICA Clerking Manualに出てくる「confident」を体現したと言えるのです。
2clerking-manual-1_20230621101601
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

« Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に⑩「目的」をしっかり押さえる | トップページ | 「無知を露呈」してはならないのは当然!! »

Clerking School」カテゴリの記事

無料ブログはココログ