2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« 猫のマズルは目立つ方が猫らしい?それとも?? | トップページ | Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に⑥JudgeとClerkは〝一心同体〟 »

2023年6月18日 (日)

「Ocelli」って一体全体、何のこと?どんなもの??

先週11日(日)のブログでも取り上げましたが、「Ocelli」はTICAのStandardにおいて「ABT/ABS」と「SV」にだけ出てきて、UCDにもその定義が載っています。

机上の知識としてはこれだけで十分かもしれませんが、JudgeをはじめRegionメンバーが真の猫愛好家を標榜する上で、果たしてこ机上の知識だけで本当に十分と言えるでしょうか。

【「Ocelli」と聞いて「あの模様ね…」とすぐ思い浮かぶ?】

Judgeは別として、ベテランTICA Asia East Regionメンバーの何人が「Ocelli」と聞いて「あの模様のことね…」とパッと思い浮かべることができるでしょうか?

「Ocelli」が複数形で、単数形が「ocellus」であることは先週のブログでも書きましたが、そもそも「オセライ/オセラス」と発音できるRegionメンバーは数えるほどでしょう。

これまでのTICA Asia Regionの「勉強会」というと、「Ocelli」はTICAのStandardにおいて「ABT/ABS」と「SV」にだけ出てくる--といった机上の知識だけにとどまっていたはずで、これでは真の意味で「勉強会」とは言えません。

【“night eyes”? "eyespots"? "Thumbprints"?】

TICAのUCDには「Light colored horizontal bar on back of ear encircled by a band of another (darker) color; often referred to as “night eyes”.」と書いてあるわけですが、 “night eyes”とは何でしょうか?

WCFのSavannah(SV)のSandardには「"eyespots"」と出てきますが、「Ocelli」=「eyespots」と考えていいでしょうか?

ここでも「そもそも論」になりますが、そもそも「eyespots」って何のことであり、「○○○○における△△△△のことですよ」と説明できるJudgeが何人いるでしょうか?

【机上の知識にとどまらず幅広い視野で考える重要性】

TICA Clerkの資格更新テストもそうですが、単にクリアするだけ、単に机上の知識を頭に入れるだけでは〝名ばかり〟から抜け出ることはできません。

幅広い視野で調べ、深く掘り下げる努力なくして真の能力にはなり得ないのです。

6月25日(日)にTICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)で予定している「Savannah(SV)ブリードセミナー」でも「Ocelli」の話は出てくるかと思いますが、机上の知識にとどまらない幅広い視野で考えることの重要性を身に付けてもらいたいと思います。
Tda_20230613142101
※「Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に」は休みました。
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

« 猫のマズルは目立つ方が猫らしい?それとも?? | トップページ | Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に⑥JudgeとClerkは〝一心同体〟 »

SVスタンダード」カテゴリの記事

無料ブログはココログ