2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に②「能力や技能の点で十分な力がある」 | トップページ | Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に④Judgeのパフォーマンスを上げる役割 »

2023年6月14日 (水)

Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に③求められる「Professional attitude」

TICA Clerking Manualの「INTRODUCTION」は、きのう解説した冒頭の一文の後、「A good clerk」で始まる文章が立て続けに2つ出て来ますが、TICA Asia East RegionのClerkの多くは読み飛ばし、ベテランでも頭の片隅に記録として残っているメンバーはほとんどいないことでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
A good clerk with a professional attitude is an indispensable asset to a Judge.

A good clerk can enhance the performance of a Judge by helping set or maintain the pace of judging, preventing distractions and insuring accurate record-keeping and judging mechanics.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【「Professional」意識を蔑ろにしていませんか?】

上の文において、「good clerk」は「professional attitude」を併せ持つことも求めていますが、正式な資格を持つ持たないにかかわらず、TICA Asia East RegionのClerkの何人が「professional attitude」を自覚しているでしょうか?

「professional」が意味するところは人によって微妙に違うかもしれませんが、概ね次にように理解すべきでしょう。

・特定の分野において、専門的な知識を持つこと
・同上 専門的なスキル(技能)を持つこと
・同上 問題解決能力が高いこと

TICA Asia East Regionにおいて、本当に「A good clerk with a professional attitude」がいるなら、ミスやトラブルは未然に防がれ、表面化することはなく、他のJudgeやクラブ、出陳者らに広く影響を与えるような問題は起きないということになります。

【「attitude」の範囲を狭めて限定的に解釈していませんか?】

「attitude」の直訳は「態度」ということになり、もしかすると多くのRegionメンバーClerkが漠然とした日本語の「態度」を思い描いているかもしれませんが、英単語の「attitude」は語感的にもっと広いことを忘れてはなりません。

日本語で言うところの「立ち居振る舞い」も「attitude」であり、「言動」も「attitude」に含まれます。

「professional attitude」を自覚しないまま、資格だけ昇格してMaster ClerkになっているRegionメンバーがいるかもしれませんが、そうした人はどこかで大きなミスを犯すことでしょう。

【JudgeにとってのClerkの重要性を軽んじてはならない】

これまでのTICA Asia Region(現TICA Asia East Region)のClerking Schoolで、どこまで詳しくその重要性について解説されてきたか分かりませんが、「A good clerk with a professional attitude is an indispensable asset to a Judge」はかなり示唆に富むものです。

「indispensable」は直訳すると、「必須の」「欠くことのできない」「不可欠の」といった意味ですが、その背後には「非常に有用かつ重要である」という前提があります。

「asset」も直訳すれば「資産」「財産」ですが、ここでは「人財」と訳すべきであり、背後には「成功/目的達成/問題解決のために…」という目的性が隠れている点に留意する必要があります。

「A good clerk with a professional attitude」が「indispensable asset to a Judge」であるという言い回しがどれだけ重いものかが分かります。

【Manualが前提とする「Judge」の資質・能力も問われる】

当然ですが、TICA Clerking Manualが暗黙の前提としている「Judge」は依怙贔屓や差別によって杜撰でいい加減な審査など断じてすることのない、公平・公正・中立に審査するJudgeであり、そうしたJudgeにとっての「indispensable asset」として「A good clerk with a professional attitude」が位置付けられています。

逆に言えば、杜撰でいい加減な審査をするようなJudgeにとって「indispensable asset」など必要なく、そうであるなら「A good clerk with a professional attitude」も必要ないということになります。

TICA Asia East Regionにおいて「good clerk」が育たない背景に、「good Judge」がいないのではないかという現実にも目を向ける必要のあることが分かるでしょう。
2clerking-manual-1
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆新型コロナウイルス感染症の「5類移行」に伴い、これまでの「全数把握」による毎日の感染者数の発表は5月8日(月)が最後となり、今後は全国5000の医療機関からの報告をもとに公表する「定点把握」に変わりました。

« Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に②「能力や技能の点で十分な力がある」 | トップページ | Clerking School基礎講座:Clerkの実務を学ぶ前に④Judgeのパフォーマンスを上げる役割 »

Clerking School」カテゴリの記事

無料ブログはココログ