2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« 審査記録〝改竄〟未遂、「主体性の欠如」が原因? | トップページ | ルール違反のTICA AE Region Show「フライヤー」 »

2023年4月21日 (金)

ルールは単に知るだけでなく趣旨・狙いの理解が大切

それぞれのショーの「マークドカタログ」はクラブ宛に送られるので、一般のTICAメンバーが目にすることはほとんどないかと思いますが、17日に「訂正」として送られてきた「マークドカタログ」も、残念ながら訂正版として完璧なものとは言えませんでした。

【ルールにはそのルールを定めた背景と趣旨、狙いがある】

詳細はClerking Schoolの際のケーススタディに委ねたいと思いますが、Clerkになろうとするメンバー、現在、Clerkでその資格レベルを上げようと勉強に励んでいるメンバーは次のことをよく考えてもらいたいと思います。

ルールにはそのルールを定めることになった背景と趣旨、狙いがある--ということです。

ルールを丸暗記すればそれで済むわけではなく、ひとつひとつのルールについてそれを定めることになった背景と趣旨、狙いまでよく理解してこそ、真の意味で理解した(=いわゆる「精通した」「熟知」した)と言えるわけです。

【勝手に略して記載してはならない理由と根拠を考えれば…】

トランスファーを巡るShow Rule 216.6とClerking Manual 54.2.3.4.4の規定には「The Judge shall(must) mark their book "wrong class - not judged"」と書いてあるわけですから、Judgeはこの通りに書き、クラークもそれをカタログに書き写し、もし間違った記載であったならクラークはJudgeにその点を指摘し、正確な記載をしてもらい、最終的に正しいマークドカタログをつくる責務があるわけです。

この時、もしかするとマスターの心の内では 「wrong class - not judged」も「wrong color」も同じでしょう…と思ったのかもしれませんが、仮に「wrong class」を「wrong color class」と捉え、それを略して「wrong color」としたのなら、そのルールが定められることになった背景と趣旨、狙いを理解していなかった言わざるを得ません。

なぜなら、もしそうならルールは「The Judge shall(must) mark their book "wrong color"」となるはずだからです。

【ルールにおいて「 not judged」まで記載をすべき理由】

しかし、ルールは「wrong class」の後に「 not judged」が付いています。

つまり、「not judged」の記載も重要であり、この記載も欠かせないからルールとして明記しているわけです。

それは「審査したか/しないか」を明示することであり、キャットカウントに含めるべきか/含めないべきかをはっきりさせるという趣旨と狙いがあるのです。

「訂正」として送られてきたマークドカタログを見る限り、キャットカウントには含まれていませんが(当初は含まれていました)、キャットカウントに含めない理由について「wrong color」だけからは読み取れないということになります。

TICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)には気付きのきっかけをたくさん載せていますので、このサイトで学び直してもらえればと思います。https://tda.localinfo.jp/
Tda_20230420084801
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で20日、新たに1万0521人の感染が確認されました。前週比14.8%増えています。

東京都で20日、新たに1449人の感染が確認されました。前週比22.7%増えています。

埼玉県で20日、新たに468人の感染が確認されました。前週比0.2%減りました。

神奈川県で20日、新たに769人の感染が確認されました。前週比21.9%増えています。

千葉県で20日新たに442人の感染が確認されました。前週比0.2%減りました。

大阪府で20日、新たに691人の感染が確認されました。前週比4.5%増えています。

愛知県で20日、新たに501人の感染が確認されました。前週比14.9%増えています。

福岡県で20日、新たに363人(うち福岡市151人、北九州市48人)の感染が確認されました。前週比22.2%増えています。

北海道で20日、新たに644(うち札幌市189人)の感染が確認されました。前週比29.8%増えています。

« 審査記録〝改竄〟未遂、「主体性の欠如」が原因? | トップページ | ルール違反のTICA AE Region Show「フライヤー」 »

Clerking School」カテゴリの記事

無料ブログはココログ