2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »

2023年3月

2023年3月31日 (金)

「道」を切り拓き、「道」を伝える人--

「李氏朝鮮」建国の最大の功臣、鄭道傳(チョン・ドジョン、号は「三峰」)--。単なる功臣としてだけではなく、新しい国と新思想、新文明を切り開こうとした人物として歴史にその名を刻みますが、その名前の由来までは50話(約50時間)に及ぶ韓ドラ「鄭道傳〈チョン・ドジョン〉」を観るまで知りませんでした。

父である鄭云敬は嫡男である彼に対し、「後に〝道(どう)〟を伝える立派な人物になるように『道傳』(※「傳」は「伝」の旧字体)と命名した」とのことでした。

【「僕の前に道はない 僕の後ろに道は出來る」…】

日本人であれば高村光太郎の詩集「道程」を想い起こすかもしれません。

「僕の前に道はない 僕の後ろに道は出來る」--

鄭道傳(チョン・ドジョン)もまた、「民本」と「民生」を根本に「民のための新しい国」という道を切り拓き、それを伝えようと力の限りを尽くしました。

【Judge〝道〟を打ち立て伝える人物が出て来ない不思議】

なぜ私がこの話をアクトのブログで取り上げたか、もうお分かりでしょう。

TICA Asia(あるいはTICA Japan)において、40年以上もの歴史がありながら、どうしてJudge〝道〟を説くメンバーが現れず、道を切り拓くメンバーがおらず、〝道〟を伝えようというJudgeが出てこないのか--ということに尽きます。

小さな趣味の世界だから出て来なくて不思議はないということなのでしょうか。

【小さな趣味の世界における〝大業〟の実現に向けて】

何よりも「民本」と「民生」の重要性を訴え続けた鄭道傳(チョン・ドジョン)のドラマは、最後に兵士を前にした彼の次の言葉で締め括られます。

「冷笑と絶望--」

「怠惰と無気力に打ち勝て」

「そして大きな夢を抱くのだ」

「それがお前たちの大業だ」

「それこそが真の大業なのだ」--
Photo_20230331110501
Photo_20230331110502
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で30日、新たに7178人の感染が確認されました。前週比18.5%減りました。

東京都で30日、新たに956人の感染が確認されました。前週比5.3%増えています。

埼玉県で30日、新たに308人の感染が確認されました。前週比33.9%減りました。

神奈川県で30日、新たに457人の感染が確認されました。前週比9.1%減りました。

千葉県で30日新たに308人の感染が確認されました。前週比7.2%減りました。

大阪府で30日、新たに395人の感染が確認されました。前週比26.4%減りました。

愛知県で30日、新たに329人の感染が確認されました。前週比37.6%減りました。

福岡県で30日、新たに206人(うち福岡市78人、北九州市27人)の感染が確認されました。前週比32.0%減りました。

北海道で30日、新たに376(うち札幌市148人)の感染が確認されました。前週比1.1%減りました。

2023年3月30日 (木)

小さな趣味の世界の「協働・協治」に向けて

猫界のみなさんにはほとんど馴染みがないと思いますが、自治体においては行政と市民との「協働」や「協治」をうたうところが少なくありません。

実は私が住む文京区も「文の京」自治基本条例で「自治の基本理念としての協働・協治」を打ち出しています。

【小さな趣味の世界における「協働」を実現したセミナー】

なぜ私がアクトのブログで「協働・協治」を持ち出してきたかというと、先日のTICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)主催の「Munchkin & Minuet ブリードセミナー」は、TICA Japanにおけるまさに「協働」を具現化したものと言えるからです。https://tda.localinfo.jp/

Judge、国内外の当該ブリーダー、それ以外の猫種のブリーダーらが「協働」して実現したと言うことができます。

TICA Asia East Regionメンバーの中には「単に協力しただけでしょう…」と冷ややかに見る向きもあると思いますが、「協働」は「協力」を超えて、対等の立場で目的実現のために力を合わせるところに特徴があります。

【準備段階からフォローアップまで各段階で「協働」を実現】

勉強会やセミナーは単に開けばいいだけでも、回数を増やせばいいわけでもありません。

今回の「Munchkin & Minuet ブリードセミナー」はその準備段階から開催後のフォローアップまで、それぞれの段階で「協働」してきたが故に成功したと言えます。

TICA Asia時代を回顧して当時のような勉強会を増やすべきだと考える旧態依然たるRegionメンバーもかなりいるようですが、それではTICA Asia East Regionの発展につながりませんし、新しく入ってくるメンバーの期待にも応えらません。

【「協治」への道のりは遠く険しく厳しいが歩みは止めず】

ただ、「協働」は実現したものの、残念ながら「協治」は実現していませんし、最近の様々なトラブルや問題への対応や対処を見る限り、TICA Asia時代の繰り返しで何ひとつ進歩が見られません。

昨年のRegion Director選挙でも、私は「協働・協治」の理念を胸に様々な政策を打ち出しましたが、多くのRegionメンバーは必要ないと考え、かつての体制を選んだのは記憶に新しいところです。

それでも「協働」の実現を機に「協働」の組織風土を根付かせ、何とか「協治」へと結び付け、いじめや嫌がらせがなく依怙贔屓もない、全てのメンバーが平等の立場で真摯に学び合い、それを通じて誰ひとり取り残すことなく心から「明るく楽しめる」ようにしていきたいと考えています。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で29日、新たに8242人の感染が確認されました。前週比97.3%増えています。

東京都で29日、新たに1002人の感染が確認されました。前週比2.69倍に増えています。

埼玉県で29日、新たに384人の感染が確認されました。前週比2.78倍に増えています。

神奈川県で29日、新たに468人の感染が確認されました。前週比2.13倍に増えています。

千葉県で29日新たに349人の感染が確認されました。前週比96.1%増えています。

大阪府で29日、新たに491人の感染が確認されました。前週比2.13倍に増えています。

愛知県で29日、新たに399人の感染が確認されました。前週比2.45倍に増えています。

福岡県で29日、新たに259人(うち福岡市105人、北九州市36人)の感染が確認されました。前週比2.51倍に増えています。

北海道で29日、新たに439(うち札幌市153人)の感染が確認されました。前週比2.43倍に増えています。

2023年3月29日 (水)

フォローアップ㊦「Munchkin & Minuetブリードセミナー」Standardのその他について

「Munchkin & Minuetブリードセミナー」の復習を兼ねたフォローアップを続けます。

きょうはMINUET BREED GROUP (MNT/MNL)が中心になります。

【MNT/MNLとPS/ESの共通性:「crooked nose」】

全猫種の中でStandardにおいて「crooked」あるいは「crooked nose」という言葉が使われているのは、MNT/MNLとPS/ESだけです。

「crooked」の意味は「湾曲した/曲がっている/屈曲した/ゆがんだ/ねじれた」であり、JudgeであればPS/ESの審査を通じてよく理解しているところかと思います。

MNT/MNLにおいてはDISQUALIFY (DQ))の中で「Nose break, crooked nose, excessive bowing, long legs」と.「crooked nose」が含まれており、PS/ESはPENALIZEのところで「any obviously asymmetric head structure」の例示として「(i.e., crooked or off-center nose, mouth, etc.)」と書いてあり、両Breed Groupで重みが違う点に注意が必要です。

【MNT/MNLとSVの共通性:「tearing」】

MNT/MNLのGENERAL DESCRIPTIONのところには「This cat should have a very open and round face with a sweet expression and large eyes that do not tear」と書いてあり、 WITHHOLD ALL AWARDS (WW)として「Excessive tearing」が挙げられています。

全猫種のStandardにおいて「tear」が出てくるのはMNT/MNLとSVの2つの猫種だけですが、その扱いは全く違います。

SVの場合は「Tear stain markings are present along and between the eye and the nose」「the tear duct lines are prominent」と定めており、MNT/MNLのようなマイナス面ではない点が重要です。

【MK/MKLとMNT/MNLにおける「protruding」】

「protruding」(突き出ている/突き出している/尖った/隆起している)という言葉は全猫種のStandardを通じて散見され珍しくはありませんが、MK/MKLではPENALIZEのところで「protruding sternum(胸骨)」が挙げられており、MNT/MNLはEyesの項目で「Large and round, wide open but not protruding」と定められています。

「胸骨」と「目」で対象部位が異なる上に、一方はPENALIZEに含まれているわけです。

「protruding」の程度にもよるでしょうが、「protruding sternum(胸骨)」がBone Structureに関することであることから、こちらの方を重く見るJudgeが多いかもしれません。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で28日、新たに8361人の感染が確認されました。前週比7.1%減りました。

東京都で28日、新たに1001人の感染が確認されました。前週比14.1%増えています。

埼玉県で28日、新たに348人の感染が確認されました。前週比19.1%減りました。

神奈川県で28日、新たに454人の感染が確認されました。前週比17.9%増えています。

千葉県で28日新たに349人の感染が確認されました。前週比0.3%増えています。

大阪府で28日、新たに475人の感染が確認されました。前週比14.6%減りました。

愛知県で28日、新たに472人の感染が確認されました。前週比13.4%減りました。

福岡県で28日、新たに309人(うち福岡市154人、北九州市36人)の感染が確認されました。前週比2.3%増えています。

北海道で28日、新たに506(うち札幌市205人)の感染が確認されました。前週比5.9%増えています。

2023年3月28日 (火)

フォローアップ㊥「Munchkin & Minuetブリードセミナー」StandardのBackについて

昨日に続き、先週の「Munchkin & Minuetブリードセミナー」の復習も兼ね、Standardの理解を深めるフォローアップをしていきたいと思います。

【3つの猫種に見る背中の姿勢のStandardの規定】

MUNCHKIN BREED GROUP (MK/MKL)、MINUET BREED GROUP (MNT/MNL)、MINSKIN (MS)でどのような記述になっているか確認しましょう。

◆MK/MKL・・・Back gently slopes upwards from shoulders to tail. Well-rounded chest and firm hips
◆MNT/MNL・・・Straight top-line preferred, slight rise from the shoulders to tail is acceptable.
◆MS・・・The back is straight but allowance may be made for a slight rise from shoulders to tail as the back legs are, or may appear to be, slightly longer than the front legs

MSにおいては「back is straight」、MNT/MNLは「Straight top-line preferred」、そしてMK/MKLは「Back gently slopes upwards from shoulders to tail」となっており、同じ短足系でも微妙に異なることが分かります。

【背中の姿勢はDISQUALIFY(DQ)とも密接に関連】

背中の姿勢はDQとも密接に関連し、それぞれの猫種について比べると次にようになります。

◆MK/MKL・・・(DQ) Sway back(脊柱の湾曲). Excessive bowing(過度の湾曲)
◆MNT/MNL・・・(DQ) Excessive bowing(過度の湾曲)
◆MS・・・ (DQ) Sway back(脊柱の湾曲)

ただ、こうして比べると分かるように、MKLとMS、Excessive bowing(過度の湾曲).はMNT/MNLはExcessive bowing(過度の湾曲)だけ、MSはSway back(脊柱の湾曲)だけなのに対し、MK/MKLは両方、DQの対象になっています。

【「laid-back」の性格的な特徴を持つMNT/MNL】

「back」を取り上げたついでの余談になりますが、MNT/MNLは性格的な特徴として次のような記述が出てきます。

「The ideal Minuet is an active yet laid-back cat with a playful attitude」(ミヌエットの理想は活発でありながらのんびりとした遊び心のある猫です)

「laid-back」の意味は「(性格が)おおらかな/こだわらない/気軽な/こだわりのない」や「リラックスした/くつろいだ/のんびりした/ゆったりした」です。

ちなみに全猫種で「laid-back」の性格的特徴を持つのはMNT/MNLの他にはTGがおり、GENERAL DESCRIPTIONの中で「laid-back personality」と書いてあります。

Judgeを目指すメンバーは猫種の比較も含めてそのブリードのStandardの理解を深めるよう心がけてもらいたいと思います。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で27日、新たに2773人の感染が確認されました。前週比6.0%増えています。

東京都で27日、新たに355人の感染が確認されました。前週比31.5%増えています。

埼玉県で27日、新たに131人の感染が確認されました。前週比7.1%減りました。

神奈川県で27日、新たに198人の感染が確認されました。前週比4.2%増えています。

千葉県で27日新たに129人の感染が確認されました。前週比40.2%増えています。

大阪府で27日、新たに161人の感染が確認されました。前週比19.3%増えています。

愛知県で27日、新たに79人の感染が確認されました。前週比15.1%減りました。

福岡県で27日、新たに47人(うち福岡市7人、北九州市18人)の感染が確認されました。前週比28.8%減りました。

北海道で27日、新たに126(うち札幌市56人)の感染が確認されました。前週比57.5%増えています。

2023年3月27日 (月)

フォローアップ㊤「Munchkin & Minuetブリードセミナー」StandardのEyesについて

先週の「Munchkin & Minuetブリードセミナー」の関連でMK/MKLのStandardに関するフォローアップをしておきます。

Judgeのみなさんにとっては〝釈迦に説法〟になりますが、Judgeを目指している(目指そうかな?と思っている)Regionメンバーの方は参考にしていただければと思います。

【Eyesにおける12点という配点の重み】

先週のセミナーでも講師の方が強調されていましたが、MK/MKLにおいて「Eyes」の配点は高く、重要な審査ポイントの1つでした。

どれだけ重要かというと、Eyesへの配点が項目別で最も大きく、かつ12点と最も高いのは全猫種でみてもMUNCHKIN BREED GROUPとSIAMESE BREED GROUPの2種だけしかいないことからも分かります。

Eyesに対する配点の絶対値ではEMとKTが15点でMK/MKLより高いですが、EMはPatternに対する配点が20点でEyesより大きく、KTもColorに対する配点が20点とやはりEyesより大きくなっています。

【MNT、PS、SGが項目別最高でEyesに10点】

Eyesへの配点が項目別で最も大きく(他項目と同点含む)、12点に次ぐ10点なのは以下の3つの猫種しかなく、その中にはMNT/MNLも含まれています。

MINUET BREED GROUP
PERSIAN BREED GROUP
SINGAPURA (SG)

【Walnut Eye shapeの代表的猫種は??】

これもJudgeにとっては〝釈迦に説法〟だと思いますが、StandardにおいてWalnut Eye shapeが求められている猫種は?と言えば、以下の5種です。(※Walnutに関連する部分だけ抜粋/TVは「walnut to peach pit」)

 ◆MUNCHKIN BREED GROUP (MK/MKL)・・・12点(Walnut shaped)
 ◆AMERICAN CURL BREED GROUP (AC/ACL)・・・5点(Walnut in shape)
 ◆KURILIAN BOBTAIL BREED GROUP (KB/KBL)・・・5点(Walnut, oval on top and round on bottom)
 ◆TURKISH ANGORA (TA)・・・4点(Large, walnut shaped)
 ◆TURKISH VAN (TV)・・・5点(Large, walnut to peach pit shape)

この5種のEyesの配点を比べると、MK/MKLが12点と圧倒的に高く、その他の猫種は4〜5点に過ぎません。

配点全てがEye shapeというわけではありませんが、MK/MKLがWalnut Eye shapeを代表する猫種であることはしっかり覚えておかねばならないでしょう。
Eye-shape2
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で26日、新たに6161人の感染が確認されました。前週比4.3%増えています。

東京都で26日、新たに667人の感染が確認されました。前週比21.5%増えています。

埼玉県で26日、新たに250人の感染が確認されました。前週比3.8%減りました。

神奈川県で26日、新たに448人の感染が確認されました。前週比44.1%増えています。

千葉県で26日新たに256人の感染が確認されました。前週比4.9%増えています。

大阪府で26日、新たに339人の感染が確認されました。前週比2.6%減りました。

愛知県で26日、新たに308人の感染が確認されました。前週と同じでした。

福岡県で26日、新たに208人(うち福岡市人、北九州市人)の感染が確認されました。前週比19.7%減りました。

北海道で26日、新たに(うち札幌市88人)の感染が確認されました。前週比40.2%増えています。

2023年3月26日 (日)

【解説】TICA UCDとStandardの優先関係について

先日の「Munchkin & Minuetブリードセミナー」に関連した追加情報について、MK/MKLに限ってのことではないこともあり、判断根拠も含めた解説をしておきます。

【Standardの規定が全てに優先するわけではない】

Standardにおいては項目別に極めて細かく記述され1点単位で配点が決められているわけですが、必ずしもStandardに書いてあることが全てに優先するわけではありません。

その具体例としてたまたま出てきたのがMK/MKLのStandardの「EYES」の項目に書いてある "No relationship between coat and eye color"というところです。

これだけ見ると、Pointedの場合、目の色がブルーでなくてもいい…とも読めてしまいますが、そうではありません。

【UCD「Preface」にルールの優先順位を明記】

 

UCDの「Preface」には次のように書いてあり、Standardと、UCDを含むその他のルールや規定との関係についての部分に赤の下線を引きました。

Ucd1
UCD以降のところを意訳を交えて詳しく和訳すると、「Standardに書いてあるその部分が、全ての猫種に適用される一般的なルール(規定)よりも制限/制約されている場合、Standardが優先されなければならない」と書いてあります。

 

逆に言うと、Standardにおけるその部分の規定が「全ての猫種に適用される一般的なルール(規定)よりも制限/制約されているわけではない」なら、Standardが優先されることはない(=UCDを含めたそれより上位のルールが優先される)ということになるわけです。

【Standardにおける解釈の正当性と妥当性をよく吟味】

ただ、Standardにおけるその部分の規定が「MORE restrictive than the general rules applying to ALL breeds」であるかどうか判断に迷う場面もあるでしょう。

今回はその一例であり、念のためTICA Genetics Committee Chairに確認したところ、「In this case the standard is less restrictive than the UCD, so the UCD takes preference. Pointed cats have blue eyes」との回答を得ました。

全てのStandardを確認したわけではありませんが、もしかすると他の猫種においてもStandardの記載と、UCDをはじめとするその他のルールとどちらを優先すべきか迷うケースがあるかもしれませんので、今回の例を参考にしてもらえればと思います。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で25日、新たに8295人の感染が確認されました。前週比16.4%増えています。

東京都で25日、新たに863人の感染が確認されました。前週比37.6%増えています。

埼玉県で25日、新たに382人の感染が確認されました。前週比7.0%増えています。

神奈川県で25日、新たに504人の感染が確認されました。前週比27.6%増えています。

千葉県で25日新たに374人の感染が確認されました。前週比29.4%増えています。

大阪府で25日、新たに501人の感染が確認されました。前週比28.8%増えています。

愛知県で25日、新たに450人の感染が確認されました。前週比11.7%増えています。

福岡県で25日、新たに272人(うち福岡市92人、北九州市54人)の感染が確認されました。前週比0.7%減りました。

北海道で25日、新たに396(うち札幌市160人)の感染が確認されました。前週比20.7%増えています。

2023年3月25日 (土)

アーカイブにアップ!「Munchkin & Minuetブリードセミナー」資料

3月21日に開催した「Munchikin & Minuetブリードセミナー」の資料をTICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)「Archive」のページにアップしました!!

当日、スライドでご紹介した資料の一部と終了後に実施したWebアンケートの結果(講師の方への主な質問に対する回答含む)などを載せています。

都合が付かず参加できなかったみなさんは「こんな内容だったのね…」といった感じで参考にしていただければと思います。

また、MK/MKLのStandardの解釈におけるUCDとの関係についての注記事項も載せていますので、この機会に改めて学んでいただければ幸いです。
Tda_20230325100301
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で24日、新たに8533人の感染が確認されました。前週比23.4%増えています。

東京都で24日、新たに893人の感染が確認されました。前週比41.5%増えています。

埼玉県で24日、新たに338人の感染が確認されました。前週比12.7%増えています。

神奈川県で24日、新たに422人の感染が確認されました。前週比14.4%増えています。

千葉県で24日新たに319人の感染が確認されました。前週比28.1%増えています。

大阪府で24日、新たに540人の感染が確認されました。前週比55.6%増えています。

愛知県で24日、新たに471人の感染が確認されました。前週比23.0%増えています。

福岡県で24日、新たに311人(うち福岡市114人、北九州市56人)の感染が確認されました。前週比16.9%増えています。

北海道で24日、新たに385(うち札幌市146人)の感染が確認されました。前週比6.6%増えています。

2023年3月24日 (金)

自分たちの立場や身を守ることばかり…

韓ドラ時代劇の見過ぎかもしれませんが、どうして世の中には自分たちの立場や身を守ることばかりに汲々とする見苦しい人たちばかりなのか…と本当に嘆かわしく思います。

【特定の資格や立場、権力、我が身を守ることばかり…】

韓ドラ「鄭道伝<チョン・ドジョン>」を観ていて感じるのは、王も将軍も政治家もほとんどが何か起きるたびに集まっては話し合うわけですが、「民」のことなど全く考えず、自分たちの立場やその身と利益を守ることばかり考え、組織を腐らせ国が滅びる道をつくっていきます。

TICAに当て嵌めれば、「民」とは一般TICAメンバーであり、一般の出陳者であり、一般の猫のオーナーということになるでしょう。

一般TICAメンバー/一般出陳者/一般の猫オーナーが公平・公正・中立なショーを心の底から「明るく楽しむ」ために何をすべきか/どうあるべきかを考えなければならないのに、我が身と既得権益を守ることを優先する姿はあさましさを通り越して哀愁すら漂います。

【わずかに残っている「正義」の灯を消してはならない】

主人公の鄭道伝(チョン・ドジョン)が「腐った世の中でもわずかな正義は残っている」と仲間に話しかけたセリフは印象的でした。

小さな趣味の世界も同じであり、「わずかな正義が残っている」限り、その「正義」の灯を消さず、次世代を担う良識と常識を持ったメンバーに引き継いでいかねばなりません。

もちろん問題の本質が誰に/どこにあるかが最も重要ですが、韓ドラ「鄭道伝<チョン・ドジョン>」を観て感じるのはほとんどのケースで特定の資格や立場、権力を持つ人々の「私欲」と「責任回避」に根本的な原因があります。

【「民は由らしむべし、知らしむべからず」???】

特定の資格や立場、権力を持つ人々が内輪で(あるいは密室で)、対策や対応策をコソコソ話し合うというのもこうした人々の常套手段です。

現代の小さな趣味の世界でも同じようなことが普通に見られ、まるで封建時代の政治原理である「民は由らしむべし、知らしむべからず」を彷彿とさせます。

すべての人々が特定の資格や立場、地位を超えて平等に「学び」、平等に「治め」、平等に「明るく楽しめる」組織にするために何ができるか/何をすべきかーーに知恵を絞り対策を考えるべきなのです。

Photo_20230323144101
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で23日、新たに8808人の感染が確認されました。前週比14.9%増えています。

東京都で23日、新たに908人の感染が確認されました。前週比33.5%増えています。

埼玉県で23日、新たに466人の感染が確認されました。前週比35.9%増えています。

神奈川県で23日、新たに503人の感染が確認されました。前週比8.4%増えています。

千葉県で23日新たに332人の感染が確認されました。前週比3.1%増えています。

大阪府で23日、新たに537人の感染が確認されました。前週比31.0%増えています。

愛知県で23日、新たに527人の感染が確認されました。前週比19.0%増えています。

福岡県で23日、新たに303人(うち福岡市104人、北九州市31人)の感染が確認されました。前週比27.8%増えています。

北海道で23日、新たに380(うち札幌市131人)の感染が確認されました。前週比9.5%増えています。

2023年3月23日 (木)

事後アンケート結果「Munchkin & Minuetブリードセミナー」

21日夜に開催した「Munchkin & Minuetブリードセミナー」の事後アンケートの集計がまとまりましたので、その一部を紹介します。

セミナーは大きく分けて3つのパートで構成し、1つは「カテゴリー」、2つ目は「スタンダードと審査のポイント」、3つ目は「遺伝と繁殖」でした。

それぞれのパートについて理解度を聞いたところ、「カテゴリー」と「スタンダードと審査のポイント」については、どちらも「とても良く理解できた」と「「ある程度理解できた」を合わせた割合は約9割に達しました

「遺伝と繁殖」に関するパートについては「ある程度理解できた」が「とても良く理解できた」を上回るものの、「理解できなかった」(=あまり良く理解できなかった+ほとんど理解できなかった)はゼロでした。

今回のブリードセミナーは上記のようにテーマが広範に及び、駆け足気味だったこともあり、「改めて更に詳しく学ぶ機会を設けてほしい」かどうかをテーマごとに聞いたところ、「カテゴリー」「スタンダード」「審査のポイント」「遺伝学」「繁殖」の全てで半数以上の参加者が希望していました。(最も多かったのは「審査のポイント」で75%の参加者が更に詳しく学ぶ機会を設けてほしいと回答しました)

また、短足系猫にはMunchkin(MK/MKL)とMinuet(MNT/MNL)以外にもいるわけですが、新しい猫種への関心度合いを聞いたところ、最多は現在Registration OnlyのMinskin(MSL)で、次がExperimentalのKinkalow(XKI/XKL)でした。

アンケート結果の詳細は後日、TICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)「Archive」のページにアップすることにしていますので、掲載しましたら改めてお知らせします。
Tda_20230322215501
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で22日、新たに4177人の感染が確認されました。前週比55.5%減りました。

東京都で22日、新たに373人の感染が確認されました。前週比54.3%減りました。

埼玉県で22日、新たに138人の感染が確認されました。前週比68.8%減りました。

神奈川県で22日、新たに220人の感染が確認されました。前週比52.2%減りました。

千葉県で22日新たに178人の感染が確認されました。前週比43.8%減りました。

大阪府で22日、新たに230人の感染が確認されました。前週比53.4%減りました。

愛知県で22日、新たに163人の感染が確認されました。前週比70.5%減りました。

福岡県で22日、新たに103人(うち福岡市16人、北九州市21人)の感染が確認されました。前週比73.2%減りました。

北海道で22日、新たに181(うち札幌市68人)の感染が確認されました。前週比59.1%減りました。

2023年3月22日 (水)

TDA「Munchkin & Minuetブリードセミナー」開催しました!

昨夜、TICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)主催で、「Munchkin & Minuetブリードセミナー」を開催し、20名近い申し込みをいただき無事に終えることができました。

祝日であるにもかかわらず、講師の方、MinuetやMunchkinのブリーダーの方々には多大なご協力いただき、短足に関する遺伝子の説明やアンケート結果の解説、初期のエントリー時の体験談など情報量が多く中身の濃いセミナーを開催することができたことを感謝したいと思います。

TICA Japan TDAでは、今回のセミナー内容の概要が分かるように当日紹介したスライドの一部を後日、「Archive」のページにアップする予定にしています。

参加されたみなさんは復習用として、当日参加できなかった方もどんなセミナーだったか興味がありましたら閲覧していただければ幸いです
Tda_20230321003401
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で21日、新たに8996人の感染が確認されました。前週比12.1%減りました。

東京都で21日、新たに877人の感染が確認されました。前週比11.2%減りました。

埼玉県で21日、新たに430人の感染が確認されました。前週比8.5%減りました。

神奈川県で21日、新たに385人の感染が確認されました。前週比17.7%減りました。

千葉県で21日新たに348人の感染が確認されました。前週比18.9%減りました。

大阪府で21日、新たに556人の感染が確認されました。前週比6.9%減りました。

愛知県で21日、新たに545人の感染が確認されました。前週比15.2%減りました。

福岡県で21日、新たに302人(うち福岡市114人、北九州市50人)の感染が確認されました。前週比15.9%減りました。

北海道で21日、新たに478(うち札幌市145人)の感染が確認されました。前週比4.6%減りました。

2023年3月21日 (火)

「参加費無料」「定員なし」「資格制限なし」をようやく実現!

きょうも夕方まで申し込みを受け付けますが、ようやく参加費無料定員なし資格制限なしの誰でも気軽に参加できるセミナー/スクールの実現にこぎ着けました。

もちろん私の努力など微々たるものであり、それもこれもセミナー講師の方が無料で引き受けてくださり、IT(情報技術)やICT(情報通信技術)の発展でオンライン会議やWebセミナーが普及した恩恵によるものです。

「定員」を設けようと思えば主催者側の判断で設けることもでき、「参加資格制限」も主催者側の都合で「Judgeに限る」とか、「TICA会員限定」などとすることもできますが、私には「定員」を設けたり「資格制限」したりする正当な理由が思い当たらず、TICAの理念や使命、ポリシー等を改めて読み返す限り、広く開かれ、誰でも気軽に参加できるようにすることがこれらに沿い適ったものであるとしか思えませんでした。

参加費無料」「定員なし」「資格制限なし」のセミナー/スクールが今後も開催できるかどうか分かりませんが、猫愛好家みなさんの学びたいという気持ちに応えられるようできる限りの努力を重ねていきたいと思っています。

TICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)は、誰もがいつでも無料で「学べる場」を提供するものであり、タイトルこそ「TICA Japan」と冠していますが、IDやパスワードを設定してTICAメンバーに限定するようなことはせず、TICAメンバー以外でも自由に閲覧し、学べるようにしてあります。https://tda.localinfo.jp/

特定の仲間内だけが「明るく楽しく」するのではなく、広く開かれ一切の差別なく誰もが「明るく楽しく」集い、学べるようにしたいというのが私の希望です。

◆マンチカン&ミヌエットブリードセミナー◆
日 時:3月21日(祝)19:00〜20:30頃まで(延長の可能性あり)
内 容:マンチカン(Munchkin)とミヌエット(Minuet)の遺伝学的な側面も含めた特徴やスタンダードの読み解き方、審査のポイント、繁殖の現状などについてTICA Ring & School Instructorのともなりさんが解説するほか、ブリーダーさんから様々な情報をお伝えいただく予定です。
方   式:Zoomによるオンライン
主 催:TICA Japan Members' Training & Development Acatdemy (TDA)
参加費:無料
定 員:なし
参加資格:なし
申込先: ticatda◎gmail.com(※アドレスを入力する際は◎を@に変えてお送りください)
Tda_20230321003401
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で20日、新たに2616人の感染が確認されました。前週比19.1%減りました。

東京都で20日、新たに270人の感染が確認されました。前週比13.7%減りました。

埼玉県で20日、新たに141人の感染が確認されました。前週比6.0%増えています。

神奈川県で20日、新たに人の感染が確認されました。前週比%減りました。

千葉県で20日新たに92人の感染が確認されました。前週比24.6%減りました。

大阪府で20日、新たに135人の感染が確認されました。前週比28.9%減りました。

愛知県で20日、新たに93人の感染が確認されました。前週比23.8%減りました。

福岡県で20日、新たに66人(うち福岡市8人、北九州市18人)の感染が確認されました。前週比15.4%減りました。

北海道で20日、新たに80(うち札幌市38人)の感染が確認されました。前週比28.6%減りました。

2023年3月20日 (月)

「選んだ」有権者の責任こそ重い

政治家女子48党(政女党、旧NHK党)のガーシー氏が昨年7月の参院選で初当選して以降、一度も国会に出ないまま、議員の資格を失いました。(参院本会議で3月15日、最も重い懲罰の「除名」が圧倒的多数の賛成で可決。現在、逮捕状も出ているとのこと)

【「候補者の資質や政策を吟味して1票を投じる」重要性】

ある新聞は社説で「投票を通して国政に参加するのは有権者の務めである。候補者の資質や政策を吟味して1票を投じるよう一層心掛けたい」と書いていましたが、それはどれだけ小さな趣味の世界の選挙でも同じであり、「候補者の資質や政策を吟味して1票を投じる」ことが欠かせません。

小さな組織・団体でもトップを選ぶ限りはしっかりとした「資質」が伴わねばならず、トップの「資質」に欠ける人を選んでしまうと、何か起きた際に本来は再発防止や解決策を講じなければならないにも拘らず、トップ自らがクラブや他のメンバーに迷惑を掛けるようなトラブルを引き起こすわけです。

ガーシー氏の場合もそうした類いですが、それほど深く考えずとも予想されたことだけに残念でなりません。

【「人材の発掘や選定により力を尽くすことこそ」…】

この新聞の社説では「政治をよりましな方向に変えていくには、人材の発掘や選定により力を尽くすことこそが公党には求められている」とも指摘していましたが、これまた小さな趣味の世界も同じでしょう。

組織・団体の運営を「よりましな方向に変えていく」には、「人材の発掘や選定により力を尽くすことこそが」、クラブやメンバーに「求められている」と言っていいかかと思います。

TICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)はその一助となるツールであり、「Judge育成パーフェクト講座」はまさにその具体策のひとつとして提案しているものです。https://tda.localinfo.jp/

【国のため社会のため組織・団体全体のためを考えてこそ】

ガーシー氏に関しては「選んだ」有権者にもそれなりの主張があるとの前提で、世間一般では「政治の現状や既存政党に対する有権者の不満の表れ」と見る向きもあるようですが、私はそうは思いません。

小さな趣味の世界の出来事と重ね合わせて見ても、有権者(投票者)が全体を見ようとせず、大義より小義を優先し、いわば「思考停止」に陥って自分の頭でしっかり考えて判断することを放棄してしまったかのように映ります。

RD選挙の際に「Judgeである人にポチッとしてください」と言われて「はい、そうします」というメンバーが体勢を占めるようでは、良識と常識ある組織として健全に発展することなどあり得ません。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で19日、新たに5909人の感染が確認されました。前週比15.3%減りました。

東京都で19日、新たに549人の感染が確認されました。前週比9.4%減りました。

埼玉県で19日、新たに260人の感染が確認されました。前週比18.2%減りました。

神奈川県で19日、新たに311人の感染が確認されました。前週比3.7%減りました。

千葉県で19日新たに244人の感染が確認されました。前週比15.6%減りました。

大阪府で19日、新たに348人の感染が確認されました。前週比17.9%減りました。

愛知県で19日、新たに308人の感染が確認されました。前週比27.7%減りました。

福岡県で19日、新たに259人(うち福岡市53人、北九州市50人)の感染が確認されました。前週比16.2%減りました。

北海道で19日、新たに179(うち札幌市72人)の感染が確認されました。前週比17.9%減りました。

2023年3月19日 (日)

申込受付中!21日(祝)「Munchkin & Minuet ブリードセミナー」

21日(祝)19 :00〜開催予定の「Munchkin & Minuet ブリードセミナー」は当日開催直前まで申し込みを受け付けていますので、祝日の予定が固まり、時間に余裕のある方は参加しただければ幸いです。

参加費は無料ですので、煩わしい振り込み手続きなどは不要です。

かなりの資料が集まっており、もしかすると〝消化不良〟になってしまうかもしれませんが、後々、復習にも役立てられるように分かりやすい資料づくりをこころがけるようにしたいと思っています。

ご不明な点等がありましたらお気軽にご連絡いただければ幸いです。

◆マンチカン&ミヌエットブリードセミナー◆
日 時:3月21日(祝)19:00〜20:30頃まで(延長の可能性あり)
内 容:マンチカン(Munchkin)とミヌエット(Minuet)の遺伝学的な側面も含めた特徴やスタンダードの読み解き方、審査のポイント、繁殖の現状などについてTICA Ring & School Instructorのともなりさんが解説するほか、ブリーダーさんから様々な情報をお伝えいただく予定です。
方 式:Zoomによるオンライン
主 催:TICA Japan Members' Training & Development Acatdemy (TDA)
参加費:無料
申込先: ticatda◎gmail.com(※アドレスを入力する際は◎を@に変えてお送りください)
Tda_20230316163701
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で18日、新たに万人の感染が確認されました。前週比%減りました。

東京都で18日、新たに627人の感染が確認されました。前週比22.1%減りました。

埼玉県で18日、新たに357人の感染が確認されました。前週比21.5%減りました。

神奈川県で18日、新たに390人の感染が確認されました。前週比12.2%減りました。

千葉県で18日新たに289人の感染が確認されました。前週比12.7%減りました。

大阪府で18日、新たに389人の感染が確認されました。前週比27.4%減りました。

愛知県で18日、新たに403人の感染が確認されました。前週比24.0%減りました。

福岡県で18日、新たに274人(うち福岡市67人、北九州市59人)の感染が確認されました。前週比19.4%減りました。

北海道で18日、新たに328(うち札幌市85人)の感染が確認されました。前週比8.1%減りました。

2023年3月18日 (土)

「努力できることが才能である」という名言㊦

「努力」というと、必ず「報われるか否か」を問う人がいて、もしかするとJudgeを目指すTICA Asia East Regionメンバーの中にもそういう人がいるかもしれませんが、そういう人には次の言葉を贈りましょう。

「努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない」(王貞治氏)

「自分自身を裏切らない努力の姿勢が未来の結果として現れてくる」(羽生善治氏)

【〝普段の努力〟を不断に積み重ねることの大切さ】

Judgeになることが目的というような低次元・低レベルの議論は措くとして、超一流Judgeにおいてはいつになっても〝普段の努力〟を不断に積み重ねるはずです。

しかし、小さな趣味の世界の資格に過ぎないからかどうか分かりませんが、Judge資格の更新テストは〝人任せ〟(※誰に何を聞いてたり教えてもらったりしても構わないとはいえ…)、StandardsにしてもRulesにしても〝普段の努力〟を疎かにし、「不断の努力」を放棄した人が珍しくないように映るのは私だけでしょうか。

TICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)を立ち上げたのも、〝普段の努力〟を不断に積み重ねられるような「学びの場」を提供し、「学びの扉」を敲いてほしいと思ったからです。https://tda.localinfo.jp/

【Judgeにも〝完成形〟はなく「不断の努力」が続く】

日本画家の故奥村土牛氏が「芸術に完成はあり得ない。どこまで大きく未完成で終わるかだ」という奥深い名言を遺していますが、Judgeもまた「完成形」などないでしょう。

新しい猫種が創出されたり公認・昇格したり、新たな遺伝子が発見されカラーやパターンも多種多様さを増しています。

そもそものStandardsに記載された全てについて正しい解釈で完璧に理解できているJudgeは日本では皆無かもしれません。

そうであるにもかかわらず、〝普段の努力〟を疎かにし、「不断の努力」を放棄しているように映る人が珍しくないのはどういうことなのでしょうか。

【スキルの改善・向上に普段の「不断の努力」が欠かせない】

今回の「Judge育成パーフェクト講座」では「不断の努力」をJudgeの7大「資質」の1つとしましたが、それはこのあと論じていく予定の「ハンドリングスキル」や「プレゼンテーションスキル」で大きな意味合いを持つからです。

天性の才能というものがあることは否定しませんが、そういうものがなくても〝普段の努力〟を疎かにせす、「不断の努力」を積み重ねることでかなりカバーできるはずです。

もし、何年経っても「ハンドリングスキル」や「プレゼンテーションスキル」が改善も向上もしないのであれば、「普段の努力」を怠り「不断の努力」を欠いているということでしょう。
Tda_20230317173501
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で17日、新たに6914人の感染が確認されました。前週比24.1%減りました。

東京都で17日、新たに631人の感染が確認されました。前週比18.9%減りました。

埼玉県で17日、新たに300人の感染が確認されました。前週比25.4%減りました。

神奈川県で17日、新たに369人の感染が確認されました。前週比19.1%減りました。

千葉県で17日新たに249人の感染が確認されました。前週比18.4%減りました。

大阪府で17日、新たに347人の感染が確認されました。前週比26.9%減りました。

愛知県で17日、新たに383人の感染が確認されました。前週比15.3%減りました。

福岡県で17日、新たに266人(うち福岡市79人、北九州市52人)の感染が確認されました。前週比25.3%減りました。

北海道で17日、新たに361(うち札幌市120人)の感染が確認されました。前週比1.6%減りました。

2023年3月17日 (金)

「努力できることが才能である」という名言㊤

元ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜氏が「僕は才能はないけど、人よりも努力することはできる」と言い、彼の座右の銘が「努力できることが才能である」という言葉であることは広く知られています。

同じ野球界ではイチロー選手が「努力せずに何かできるようになる人のことを『天才』というのなら、僕はそうじゃない。努力した結果、何かができるようになる人のことを『天才』というのなら、僕はそうだと思う。人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです」と言っています。

きょうのTICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)の「Judge育成パーフェクト講座」では、JP2ー7 Judgeの7大「資質」⑦不断の努力--を掲載しましたが、「不断の努力」をできない人はJudgeになるべきではないですし、仮に運良くTICA Judging Programに入れても大成しないでしょう。

Judgeを目指すRegionメンバーは自分の人生を振り返り、「不断の努力」をできてきたかどうかを自問自答するとともに、「努力」に関連したイチロー選手の以下の言葉も胸に刻んでほしいと思います。

「手抜きをして存在できるものが成立することがおかしい」

「考える労力を惜しむと前に進むことを止めてしまうことになります」

「小さいことを積み重ねる事が、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています」

「完璧にはなれないとわかっていますが、それに向かっていこうと思うのが、野球選手だと思います」

※最後の名言は「野球選手」のところを「TICAのJudge」に読み換えてください。
Tda_20230316163701
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で16日、新たに7666人の感染が確認されました。前週比21.9%減りました。

東京都で16日、新たに680人の感染が確認されました。前週比14.4%減りました。

埼玉県で16日、新たに343人の感染が確認されました。前週比27.2%減りました。

神奈川県で16日、新たに464人の感染が確認されました。前週比5.1%減りました。

千葉県で16日新たに322人の感染が確認されました。前週比1.8%減りました。

大阪府で16日、新たに410人の感染が確認されました。前週比13.5%減りました。

愛知県で16日、新たに443人の感染が確認されました。前週比18.7%減りました。

福岡県で16日、新たに237人(うち福岡市84人、北九州市19人)の感染が確認されました。前週比40.3%減りました。

北海道で16日、新たに347(うち札幌市110人)の感染が確認されました。前週比10.3%減りました。

2023年3月16日 (木)

持って生まれた「使命感」「責任感」を磨き上げる

Judgeを目指すから、あるいはTICA Judging Programに参加したいからと言って、突然、その人の中で「使命感」や「責任感」という「資質」が醸成されるわけでないことはみなさんも理解するところかと思います。

TICA本部が米国にあり、TICAのRuleやProgram、Manual等が英語だから「英語を勉強します」と言って語学を身に付けるのとは訳が違います。

「使命感」や「責任感」は後から植え付ける(あるいは生まれる)ことも可能であるとは言え、やはり素質というか原石というか、それなりに持って生まれたものがなければならず、それをいかに大きく育て磨き上げていくかが重要になるでしょう。

TICA Asia時代を含めて振り返る時、そのJudgeの日ごろの言動からTICAのJudgeとしての「使命感」や「責任感」を感じ取れる人がどれだけいた(いる)でしょうか。

これからのTICA、そしてTICA Asia East Regionを担う「人財」としてのJudgeは、大きな「使命感」を担い、同じだけの大きな「責任感」を負える人物でなければならないことは改めて強調するまでもないでしょう。

きょうのTICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)の「Judge育成パーフェクト講座」では、JP2ー6 Judgeの7大「資質」⑥使命感と責任感を持つ--を掲載しましたが、さしたる「使命感」を持たず、「責任感」に欠ける人物を無理にJudgeに養成するような〝愚〟は断じて避けねばなりません。
Tda_20230315122501
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で15日、新たに9405人の感染が確認されました。前週比19.8%減りました。

東京都で15日、新たに816人の感染が確認されました。前週比11.9%減りました。

埼玉県で15日、新たに443人の感染が確認されました。前週比13.3%減りました。

神奈川県で15日、新たに460人の感染が確認されました。前週比8.2%減りました。

千葉県で15日新たに317人の感染が確認されました。前週比24.7%減りました。

大阪府で15日、新たに494人の感染が確認されました。前週比22.9%減りました。

愛知県で15日、新たに552人の感染が確認されました。前週比4.8%減りました。

福岡県で15日、新たに385人(うち福岡市125人、北九州市46人)の感染が確認されました。前週比28.2%減りました。

北海道で15日、新たに443(うち札幌市131人)の感染が確認されました。前週比0.7%減りました。

2023年3月15日 (水)

出陳者から「どう見え」「どう映り」「どう思われるか」

「説明責任」と審査の「透明性向上」は因果関係にあり、「説明責任」を果たせば果たすほど審査の「透明性」は向上します。

TICA Asia East Regionメンバーの中には「説明責任」をある種の能力と考え、「説明責任」能力を磨く必要があると思っている人がいるかもしれませんが、確かにある一面ではその通りなのですが、「資質」として「説明責任」と「透明性向上」の意識や観念を持ち合わせていないと能力としての「説明責任」は磨かれず向上も期待できません。

人生の何事においても何かをした際には「説明責任」が伴うこと、相手がいる場合には「説明責任」を通じて「透明性」を向上することが相手との信用・信頼関係を築く上で重要であるという認識に欠けるようでは、運良くTICA Judging Programに参加できたとしてもJudgeとして大成することはないでしょう。

リング台を挟んでJudgeの位置から出陳者や見学者、ショー会場へと風景は広がって見えますが、出陳者や見学者からJudgeはいわば〝一点集中〟であり、写真や動画撮影せずとも、ちょっと目が泳いでしまうだけの僅かな表情の変化も手に取るように分かり、その心の動きを推測できます。

出陳者から「どう見え」「どう映り」「どう思われるか」という視点が欠けると「説明責任」が不十分になり、出陳者からクレームや不満を言われる〝隙〟を与えます。

もちろん、出陳者から「どう見え」「どう映り」「どう思われるか」という視点が出陳者の理解と納得を得るという本来の目的ではなく、八方美人的に単に自分を表面上(あるいは外見上)良く見せたいだけであっても出陳者からすぐ見抜かれ、クレームや不満を言われる〝隙〟を与えることにつながります。

きょうのTICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)の「Judge育成パーフェクト講座」では、JP2ー5 Judgeの7大「資質」⑤説明責任と透明性向上--を掲載しましたが、出陳者の理解と納得を得るためにも「説明責任」を十分に果たさねばならず、審査の「透明性」を向上しない限り、いつまでたっても出陳者からクレームや不満を言われ、クラブや他のJudgeに迷惑をかけてしまう事態を招いてしまうことを肝に銘じてほしいと思います。
Tda_20230314142901
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で14日、新たに1万0323人の感染が確認されました。前週比16.1%減りました。

東京都で14日、新たに988人の感染が確認されました。前週比0.1%減りました。

埼玉県で14日、新たに470人の感染が確認されました。前週比22.8%減りました。

神奈川県で14日、新たに468人の感染が確認されました。前週比12.7%減りました。

千葉県で14日新たに429人の感染が確認されました。前週比2.1%増えています。

大阪府で14日、新たに597人の感染が確認されました。前週比18.6%減りました。

愛知県で14日、新たに643人の感染が確認されました。前週比14.5%減りました。

福岡県で14日、新たに359人(うち福岡市119人、北九州市41人)の感染が確認されました。前週比26.4%減りました。

北海道で14日、新たに501(うち札幌市139人)の感染が確認されました。前週比7.1%減りました。

2023年3月14日 (火)

自分本位で利己的な〝我欲〟への「拘り」「執着」を持ってはならない

人それぞれ程度の差こそあれ、何かしらの「拘り」や「執着」を持っていると思いますが、Judgeとして考えた時、権力欲や支配欲など自分本位で利己的な〝我欲〟への「拘り」や「執着」だけはあってはなりませんが、TICA Asia時代も含め、どうもそうでないような言動を折りに触れ感じたことがあるでしょう。

個人の価値観とも密接にかかわる問題なので一概に決め付けるわけにはいきませんが、いろいろある「拘り」や「執着」の中で、最も大切なもののひとつは何かを学ぶのが、きょうのTICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)の「Judge育成パーフェクト講座」のJP2ー4 Judgeの7大「資質」④コレクトネス(Correctness)への拘りと執着--です。

当然ながらTICA Judging Programに、Judgeとして権力欲や支配欲など自分本位で利己的な〝我欲〟への「拘り」や「執着」を持ってはならないとか、「コレクトネス(Correctness)への拘りと執着」を持つべき--なんてことは書いてありません。

それもこれもTICA Judging Programに参加するに当たっての〝暗黙の前提〟であるからに他なりません。

まさかTICA Judging Programに書いてないことなら、どんなことをしても構わないと思っているRegionメンバーなどいないと思いますが、どうも日本ではこの〝暗黙の前提〟に思いを至らせることなく、無視したり蔑ろにしたりするRegionメンバーが多いような気がしてなりません。

TICA Asia時代に起きた様々なこと、今も繰り返し起こる審査結果を巡るクレームやトラブルに通底する構造的な問題を突き詰めて考えれば、そのJudgeにおいて「コレクトネス(Correctness)への拘りと執着」に欠ける面が浮かび上がってくるのが分かるかと思います。
Tda_20230313172501
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で13日、新たに3233人の感染が確認されました。前週比22.1%減りました。

東京都で13日、新たに313人の感染が確認されました。前週比6.6%減りました。

埼玉県で13日、新たに133人の感染が確認されました。前週比38.1%減りました。

神奈川県で13日、新たに222人の感染が確認されました。前週比14.3%減りました。

千葉県で13日新たに122人の感染が確認されました。前週比8.3%減りました。

大阪府で13日、新たに190人の感染が確認されました。前週比5.9%減りました。

愛知県で13日、新たに122人の感染が確認されました。前週比17.0%減りました。

福岡県で13日、新たに78人(うち福岡市14人、北九州市24人)の感染が確認されました。前週比39.5%減りました。

北海道で13日、新たに112(うち札幌市54人)の感染が確認されました。前週比26.8%減りました。

2023年3月13日 (月)

騙されず圧力に屈せず誤導されないために

TICA Asia時代も含めて振り返るとき、クラブ内やクラブ主催のショーで何か問題が起きた際、クラブオーナーや代表の中には「Judgeはクラブに所属しているのだから、そのクラブの味方をすべき」なんて真顔で(あるいは堂々と)言い切る人もいますが、それはTICAの使命や理念、TICA Judging Programの本質を理解せず、勘違いした考え方に過ぎません。

TICAのJudgeはあくまでTICAのJudgeであって、JP1-1 Judgeの「資質」:大前提①TICAを体現でも指摘した通り、「417.3 Judging Program参加者は、いついかなる時もTICAの代表であることを自覚し、TICAの代表としての品行を守り、常日頃から立ち居振る舞いに気を付け行動しなければならない」のであって、それはクラブとの関係や情実より優先すべきものだからです。

その意味で、クラブとの関係や情実に左右されない、TICAという根本軸に基づく「中立性」の「資質」を持ち合わせていなければならないということになります。

出陳者やオーナー/ブリーダーとの関係に目を移すと、Standardの解釈はブリーダーによって微妙に異なることが往々にしてあり、「中立性」という「資質」に欠けると、我田引水タイプのブリーダーの言うことを無批判に真に受けてしまいがちになります。

時に〝悪質〟なブリーダーは自分の猫の評価を上げるために、根拠に欠ける恣意的な解釈をあたかも正しいかのように装って説明し、強要したり圧力をかけたりもします。

正当性を装った説明に騙されず、圧力に容易に屈しないためにもJudgeは常に「中立性」を保ち合理的な根拠に基づいて判断できねばならないというわけです。

きょうのTICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)の「Judge育成パーフェクト講座」では、JP2-3Judgeの7大「資質」③中立性を保つ--を掲載しましたが、「中立性」が「公平性」「公正性」と並ぶ重要な「資質」であることが分かっていただけるでしょう。

これらは超一流Judgeに欠かせないというよりも、Judge一般に欠かせない「資質」であり、Judgeを目指すに当たっては自分の中に「公平性」「公正性」「中立性」の「資質」があるかどうか、これらの観念に基づいて人生を生きてきたかを改めて振り返ってもらえればと思います。
Tda_20230312192701
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で12日、新たに6980人の感染が確認されました。前週比19.5%減りました。

東京都で12日、新たに606人の感染が確認されました。前週比14.0%減りました。

埼玉県で12日、新たに318人の感染が確認されました。前週比18.7%減りました。

神奈川県で12日、新たに323人の感染が確認されました。前週比23.5%減りました。

千葉県で12日新たに289人の感染が確認されました。前週比4.9%増えています。

大阪府で12日、新たに424人の感染が確認されました。前週比14.7%減りました。

愛知県で12日、新たに426人の感染が確認されました。前週比6.4%減りました。

福岡県で12日、新たに309人(うち福岡市71人、北九州市42人)の感染が確認されました。前週比10.2%減りました。

北海道で12日、新たに218(うち札幌市83人)の感染が確認されました。前週比21.3%減りました。

2023年3月12日 (日)

「公平性」より「公正性」の方が範囲が広く重い責任

もしかしたら「『公平性』も『公正性』も同じようなものでしょう…」とか、「違いが分からないから何だって言うのよ…」とか、反発や無視する声があるかもしれません。

場合によったら日本のTICAのJudgeの中にも「小さな趣味の世界のことなんだから『公平性』も『公正性』も気にすることなんてないわ」という人がいるかもしれません。

しかし、本当に本音でそう思っているなら、Judge資格を返上してほしいと思えるぐらい、Judgeとして求められている「資質」を軽視しており、見過ごせないと言わざるを得ません。

もちろん依怙贔屓の恩恵を受けている出陳者やクラブ員にとっては「公平性」と「公正性」に欠けてこそ自分たちにとっての「明るく楽しいショー」ということになるのでしょう。

ですが、そんなことをしていてTICAは本当に健全な姿で発展していくでしょうか。

きょうのTICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)の「Judge育成パーフェクト講座」では、JP2-2 Judgeの7大「資質」②公正性を保つ--を掲載しましたが、「公平性」と「公正性」の両方を大切にするJudgeが出てこなければ組織の健全な未来も将来もないのです。

「公平性」と「公正性」の違いは何か? TICAのJudgeにおける「公正性」として何が求められているかを学んでもらえればと思います。
Tda_20230310115501
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で11日、新たに9082人の感染が確認されました。前週比12.5%減りました。

東京都で11日、新たに805人の感染が確認されました。前週比1.3%増えています。

埼玉県で11日、新たに455人の感染が確認されました。前週比14.6%増えています。

神奈川県で11日、新たに450人の感染が確認されました。前週比8.4%減りました。

千葉県で11日新たに331人の感染が確認されました。前週比16.6%減りました。

大阪府で11日、新たに536人の感染が確認されました。前週比15.2%減りました。

愛知県で11日、新たに530人の感染が確認されました。前週比11.4%減りました。

福岡県で11日、新たに340人(うち福岡市88人、北九州市50人)の感染が確認されました。前週比23.9%減りました。

北海道で11日、新たに357(うち札幌市108人)の感染が確認されました。前週比4.3%減りました。

2023年3月11日 (土)

小さな趣味の世界だから「依怙贔屓」があって当然?

TICA Asia時代には、一般審査でJudgeがそのクラブ員以外の猫に青や黒のリボンを付けようものなら、すぐにクラークが駆け寄ってコソコソ耳打ちし、クラブ員の猫に青や黒のリボンを掛け直すシーンが見られました。

TICAで「QGC」のタイトルまで獲得した猫が「SGC」を取るためには、ファイナルでベスト(1位)を取らねばならないことから「ベスト待ち」と言いますが、そのクラブのショーのクラブ員の猫だと、そのクラブオーナー/代表や所属Judgeがタイミング良くベストにする光景も珍しくありませんでした。

「小さな趣味の世界なんだから依怙贔屓があってもいいでしょう」とか「そうすることで明るく楽しいショーになるんだから…」とか言う人もいますが、それで国際団体としてのTICAの信用と信頼を傷付けないと言い切れるでしょうか。

きょうのTICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)の「Judge育成パーフェクト講座」では、JP2-1 Judgeの7大「資質」①公平性を保つ--を掲載しましたが、国際団体としてのTICAの信用と評判を落とさないためにも、TICAのJudgeに「公平性を保つ」という資質がなければならないでしょう。

「公平性」という概念や観念を欠くJudgeは、どんなにStandardsの知識があろうと、ハンドリングスキルに優れようと、Judgeとして〝失格〟です。(※TICA Judging Programは「公平性」の資質を持っていることを暗黙の前提としており、「公平性」の資質を持ち合わせているかどうかは直接的には問うていません)

「資質」を問うことなく、資格さえ持っていればいいのか?という問いは、単に医師免許を持っていさえすればいいのか?、単に弁護士資格を持っていさえすればいいのか--と言い換えてみれば実感を持ってその是非を理解してもらえるのではないでしょうか。

Judgeを目指すメンバーだけでなく、TICA Asia East Regionメンバー全員が「公平性」を保つというJudgeの「資質」の重要性について考えてもらいたいと思います。
Tda_20230310115501
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で10日、新たに9103人の感染が確認されました。前週比13.2%減りました。

東京都で10日、新たに778人の感染が確認されました。前週比5.7%増えています。

埼玉県で10日、新たに402人の感染が確認されました。前週比2.0%増えています。

神奈川県で10日、新たに456人の感染が確認されました。前週比6.7%減りました。

千葉県で10日新たに305人の感染が確認されました。前週比13.1%減りました。

大阪府で10日、新たに475人の感染が確認されました。前週比23.3%減りました。

愛知県で10日、新たに452人の感染が確認されました。前週比22.2%減りました。

福岡県で10日、新たに356人(うち福岡市97人、北九州市44人)の感染が確認されました。前週比21.1%減りました。

北海道で10日、新たに367(うち札幌市123人)の感染が確認されました。前週比11.6%減りました。

2023年3月10日 (金)

「花は花にすぎず、根にはなれない。根になれ」

「花は花にすぎず、根にはなれない。根になれ」ーー。

私のなかでの韓ドラ時代劇(ファンタジー系含む)トップ3は、今のところ「チュノ〜推奴〜」「還魂」、そして「根の深い木~世宗大王の誓い~」ですが、特に「根の深い木」という作品はタイトルがありふれた漢字と平仮名だけなのに意味深いものがあります。
Photo_20230308131901
私がこのブログで取り上げるからには、当然、TICAと TICA Asia East Region、Judge育成に絡んでのことになります。

【「根になれる」Judge育成こそ喫緊の課題】

冒頭の言葉は儒者を中心とした王制に反対する結社「密本」の教義に出てくるもので、「花」は王、「根」は儒者を指すとされていますが、私がTICA及びTICA Asia East RegionにおいてTICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)を立ち上げ、「Judge育成講座」を始めたのも、「根の深い木」であるようなJudgeの育成こそ必要であることを痛感したからに他なりません。https://tda.localinfo.jp/

「花」を目指して八方美人的に振る舞ったり、「世界の(あるいは世界で活躍する)」という枕詞を付けることにのみ関心があったりするJudgeがいますが、「花は花にすぎず、根にはなれず」であることを理解する必要があるでしょう。

咲いても実を結ばずに散る花を「徒花」といいますが、根を深く張り、栄養をしっかり吸い上げた花でなければ「徒花」で終わり、実を結ぶこともない…というのが私の考えです。

【「根」を深く張ることの意味を知る】

「根」を深く張ることは栄養を吸い上げて花を咲かせ実を結ばせるだけでなく、強い雨風にさらされても動じず、容易に倒れたり抜き取られたりしないことを意味します。

同調圧力をかけられても動じず、甘言や誘惑、我欲を跳ね除けられるのも「根」を深く張るからに他なりません。

単に「根」を持つ、単に「根を張る」のではなく、「根の深い木」のようなJudgeを目指すことが超一流への道になるのです。

【「勁草」たるJudge、「貞木」たるJudge】

「後漢書」の王覇伝に「疾風に勁草を知り、厳霜に貞木を識る」という言葉がありますが、「根の深い木」の話と通底するところがあります。

「勁草」は草ですが、やはりしっかり「根」を張らねば倒れ飛ばされてしまいますし、厳霜に耐える「貞木」であるには「根」を深く張る必要があります。

「勁草」たるJudge、「貞木」たるJudgeになり、組織・団体全体に役立つ花を咲かせ、実を結ぶためにも、「徒花」で終わるようなJudgeではなく、「根の深い木」となれるJudgeを育成することが欠かせません。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で9日、新たに9821人の感染が確認されました。前週比17.3%減りました。

東京都で9日、新たに794人の感染が確認されました。前週比16.6%減りました。

埼玉県で9日、新たに471人の感染が確認されました。前週比3.1%減りました。

神奈川県で9日、新たに489人の感染が確認されました。前週比10.3%減りました。

千葉県で9日新たに328人の感染が確認されました。前週比17.4%減りました。

大阪府で9日、新たに474人の感染が確認されました。前週比31.8%減りました。

愛知県で9日、新たに545人の感染が確認されました。前週比21.1%減りました。

福岡県で9日、新たに397人(うち福岡市111人、北九州市64人)の感染が確認されました。前週比17.6%減りました。

北海道で9日、新たに387(うち札幌市137人)の感染が確認されました。前週比6.5%減りました。

2023年3月 9日 (木)

「変わらない」「変えようと思うな」「夢など抱くな」

「今まで言われた中で一番絶望した言葉があります。『世の中は変わらない。だから何かを変えようなどとは思うな。夢など抱くな。死ぬまでただ生きろ』と。そんな言葉を聞かずに済む世の中を望みます」ーー。

今から13年前の韓ドラ時代劇ですから、仮に観ていたとしても内容を忘れてしまった人が多いかもしれません。

「チュノ〜推奴〜」で、イ・ダヘさん演じる奴婢オンニョン(後に両班の身分を買ってキム・ヘウォンと改名)が発した言葉です。
Photo_20230308131001
【この一番絶望した言葉を言われ続けた10年間】

韓ドラ時代劇と現代の日本の小さな趣味の世界が全く同じであることを「当然よね」と思うか、驚愕するかは人によって違うかもしれません。

しかし、私やアクトクラブ員、そしてアクトがこの10年間言われ続けてきたことは全く同じでした。

「TICA Asiaは変わらない。だから何かを変えようなどとは思うな。夢など抱くな。ただ猫を出していればいい」ーー。

私の活動はまさに「こんな酷い言葉を聞かずに済むTICA Asiaを望みます」のひと言に尽きます。

【まるで「両班」と「奴婢」の身分差別があるよう】

物語の時代は「両班」と「奴婢」の厳然たる身分制度があったわけですが、現在の猫界にそのような身分制度や身分差別はないはずです。

それでも同じような言葉が通用するということは、陰に陽にこうした差別意識を引き摺っているメンバーがいることを示しているのでしょう。

そうでなければ、「TICA Asiaは変わらない。だから何かを変えようなどとは思うな。夢など抱くな。死ぬまでただ猫を出せ」なんていうメンバーがいるわけがないのです。

【「世の中を変える」という理想を抱き果敢に挑んだ人々】

この韓ドラ時代劇をどのような物語と捉えるかは人によって違うかもしれませんが、チャン・ヒョクさん演じる主人公イ・テギル(両班の家で生まれるも没落し、逃げた奴婢を捕まえて連れ戻す推奴師となる)が身分制度のない平等な世を望み、オ・ジホさん演じるもう1人の主人公のソン・テハ将軍(無実の罪で奴婢に身を落とす)も世の変革を目指しており、冒頭のオンニョンの言葉も合わせ読めば、不条理な世の中を変えようと試みた人々の物語と見ることができます。

もちろん、どんなに情熱と決意があろうと、たった2~3人で世の中が変わるはずもありませんが、それでも歴史という長い時間軸で見れば、身分制度は廃止されたわけです。

「世の中を変える」という理想を抱き果敢に挑んだ人々を「なんと愚かな…」と冷笑する声があることは分かっていますが、小さな趣味の世界ぐらいは健全な姿に変わってほしいものです。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で8日、新たに万人の感染が確認されました。前週比%減りました。

東京都で8日、新たに926人の感染が確認されました。前週比9.9%減りました。

埼玉県で8日、新たに511人の感染が確認されました。前週比4.5%減りました。

神奈川県で8日、新たに501人の感染が確認されました。前週比20.2%減りました。

千葉県で8日新たに421人の感染が確認されました。前週比6.9%減りました。

大阪府で8日、新たに641人の感染が確認されました。前週比19.2%減りました。

愛知県で8日、新たに580人の感染が確認されました。前週比30.1%減りました。

福岡県で8日、新たに536人(うち福岡市128人、北九州市78人)の感染が確認されました。前週比7.7%減りました。

北海道で8日、新たに446(うち札幌市162人)の感染が確認されました28.228.2%減りました。

2023年3月 8日 (水)

韓ドラ「還魂」に学ぶ、Judge育成とRegion運営

Netflix独占配信とのことなので、Netflixを契約していないと観られないのですが、韓ドラ「還魂」(第1部・第2部合わせて全30話)はいろいろな意味で勉強になりました。(※韓ドラはこれまで刑事・司法・医療系ばかりで、時代劇やファンタージロマン系は初めて挑戦しました)

【「何もしないなら死ね」という師匠ムドクの言葉】

主人公のイ・ジェウクさん演じるチャン・ウク(名家の子息で術士。先代の王の隠し子)に対し、秘密の師匠となるチョン・ソミンさん演じる侍女ムドク(肉体はムドクですが、魂は影の刺客であり術士のナクス)が、あることで煮え切らない態度を見せるチャン・ウクに言ったのが「何もしないのなら死ね」でした。(※ムドクというのは拾われて付けられた名であり、実際は妖器を管理する鎮妖院院長の長女チン・ブヨンで、さらになんとそのチン・ブヨンは類い希な神力を持つ初代院長チン・ソルランが転生したという設定)

チャン・ウク自身、「私が仕えている師匠はいつも私を追い込みこう言いました。『何もしないのなら死ね』」と明かしています。

世の中のさまざまな社会から小さな趣味の世界まで、口では不満や偉そうなことを言いながら実際には自分で「何もしない」人が多いだけに、この言葉は強く印象に残りました。

【権力や権利は自らの打算抜きに全体の為に使ってこそ】

Judgeという資格もある意味で当てはまるでしょう。

それなりの権利と権力を有し、良い意味での影響力を行使できるはずなのに、自分の打算や利害得失だけに使い、TICA全体、Region全体のために適正に使おうとしないJudgeがいるわけです。

TICAではApproved Allbreed Judgeになるまでスポンサーが付きますが、「還魂」に登場する師匠のように「何もしないなら…」と言って全体のために使命や義務を果たすよう厳しく追い込むこともしないからこそ、全体に奉仕することを忘れ、自分の打算や利害得失だけで動くJudgeが〝再生産〟されてしまうような気がしてなりません。

【師匠ムドクは何に対して「何もしないなら…」と言ったか】

「何もしないなら…」というのは、悪いことに対して抗わないことであり、正しいことをしないことであり、ウクは生まれた時、天附官官主の父チャン・ガン(本当のウクの父親は先代の王)に「気門」を全て塞がれてしまったため、何ひとつ術士としての「術」を学ぶことができなかったという生い立ちがありました。

しかし、あることがきっかけで穗竹院のホ・ヨム院長から「気門」を解放してもらうとともに、「気」を分けてもらい、術士としての道を歩むことになったのです。

何かになるために命懸けで努力するのは当然ですが、得た「術」を自分の打算や利害得失に使うのではなく、正しいことに使うことを厳しく戒めたものであり、住む世界や世界の大小によって変わることはないはずだと私は思うのです。

※「還魂」第1部ネタバレを含むあらすじを読みたい方はこちら
Photo_20230307092601
※「還魂」第2部ネタばれを含むあらすじを読みたい方はこちら
Photo_20230307092701
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で7日、新たに1万2313人の感染が確認されました。前週比17.9%減りました。

東京都で7日、新たに989人の感染が確認されました。前週比16.2%減りました。

埼玉県で7日、新たに609人の感染が確認されました。前週比5.0%減りました。

神奈川県で7日、新たに536人の感染が確認されました。前週比30.5%減りました。

千葉県で7日新たに420人の感染が確認されました。前週比13.8%減りました。

大阪府で7日、新たに733人の感染が確認されました。前週比26.8%減りました。

愛知県で7日、新たに752人の感染が確認されました。前週比24.1%減りました。

福岡県で7日、新たに488人(うち福岡市156人、北九州市83人)の感染が確認されました。前週比18.0%減りました。

北海道で7日、新たに539(うち札幌市171人)の感染が確認されました。前週比23.0%減りました。

2023年3月 7日 (火)

「知らぬ存ぜぬ」で自分に都合の悪いことに目をつぶり頬っ被り?

薄情もんが田舎の町に♪ あと足で砂ばかけるって言われてさ♪♪

出てくならおまえの身内も住めんようにしちゃるって言われてさ♪♪♪

中島みゆきの代表曲のひとつ「ファイト!」の歌詞に出てくるフレーズですが、TICA Asia時代、似たような〝脅し〟を散々聞かされ、「歴史は韻を踏む」の名言通りその余韻は形を変えて今も付き纏います。

しかし、TICA Asia時代を振り返っても、本来であればJudgeはその適正な「影響力」によってこうした〝脅し〟紛いの言動を抑止したり、一掃したりするはずですが、日本においては誰かがいじめや嫌がらせを受けているのを見て、また不正があるのを知っていても傍観者を装い「知らぬ存ぜぬ」を貫き、目をつぶたっり頬っ被りしたりする人が多くいることを否定するメンバーはいないでしょう。

これらはJudgeとしての「影響力を適正に行使しない」例であり、「場合によっては敢えて行使しない」ことを自己保身と責任回避のために履き違えたと言えます。

誰かがいじめや嫌がらせを受けているのを見て、また不正があるのを知っていても傍観者を装い「知らぬ存ぜぬ」を貫くのは、もはや「人としてどうなの?」というレベルですが、子供や孫を持つ年代の中高齢メンバーに今さら言っても始まりません。

きょうのTICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)の「Judge育成パーフェクト講座」では、JP1-5 Judgeの「資質」:大前提③影響力の行使(3)--を掲載しましたが、傍観者を装わない、「知らぬ存ぜぬ」を貫き責任から逃げ回らないことは、Judgeの「資格」と「能力」を語る上での大前提でしょう。

ファイト! 闘う君の唄を♪ 闘わない奴等が笑うだろう♪♪

ファイト! 冷たい水の中を♪ ふるえながらのぼってゆけ♪♪
Tda_20230306212801
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で6日、新たに4150人の感染が確認されました。前週比19.9%減りました。

東京都で6日、新たに335人の感染が確認されました。前週比9.5%減りました。

埼玉県で6日、新たに215人の感染が確認されました。前週比7.7%減りました。

神奈川県で6日、新たに259人の感染が確認されました。前週比11.3%減りました。

千葉県で6日新たに133人の感染が確認されました。前週比34.8%減りました。

大阪府で6日、新たに202人の感染が確認されました。前週比40.2%減りました。

愛知県で6日、新たに147人の感染が確認されました。前週比16.9%減りました。

福岡県で6日、新たに129人(うち福岡市25人、北九州市46人)の感染が確認されました。前週比13.2%増えています。

北海道で6日、新たに153(うち札幌市58人)の感染が確認されました。前週比16.4%減りました。

2023年3月 6日 (月)

「権力」や「特権」に群がり〝甘い汁を吸う〟?

「影響力」の源は本来、その人の「人間性」や「人柄」にあるべきですが、猫界の場合は違うケースが少なくありません。

ある種の「力」を源にしており、それは猫を審査・評価する「権力」(あるいは特権)であり、ファイナル審査で猫を順位付けする「権力」(あるいは特権)と言え、もちろんJudgeによりますが、「人間性」や「人柄」は二の次という傾向がうかがえることも確かでしょう。

「権力」や「特権」に人が群がる…というのは、世の常ですから、単に小さな趣味の世界も同じだけなのかもしれません。

一方で「権力に群がる」とか「権力に群がって甘い汁を吸う」という言葉があるように、社会や組織というある種の集団を前提としています。

〝群がる〟人にとっての「良いJudge」なるものは、必ずしも「人間性」や「人柄」に優れ、Judgeとしての「資質」「能力」「知識」「スキル」がある人ではなく、自分の猫をファイナルに残してくれる(ライバルの猫をファイナルに残さない)人であり、自分の猫をファイナル上位にしてくれる(ライバルの猫をファイナル上位にしない)人であり、ベスト待ちの時にタイミングよくベストをくれる人--ということになります。

きょうのTICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)の「Judge育成パーフェクト講座」では、JP1-4 Judgeの「資質」:大前提③影響力の行使(2)--を掲載しましたが、Judgeを目指す人だけでなく、TICA Asia East RegionメンバーのみなさんがJudgeの持つ「影響力」や「権力」「特権」(※Judge自身が意識しているかしていないかは別として)と、それらの行使のあり方について考えていただければと思います。
Tda_20230305190601
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で5日、新たに8665人の感染が確認されました。前週比28.9%減りました。

東京都で5日、新たに705人の感染が確認されました。前週比13.0%減りました。

埼玉県で5日、新たに391人の感染が確認されました。前週比22.6%減りました。

神奈川県で5日、新たに422人の感染が確認されました。前週比15.4%減りました。

千葉県で5日新たに286人の感染が確認されました。前週比28.9%減りました。

大阪府で5日、新たに497人の感染が確認されました。前週比30.6%減りました。

愛知県で5日、新たに455人の感染が確認されました。前週比23.4%減りました。

福岡県で5日、新たに382人(うち福岡市92人、北九州市66人)の感染が確認されました。前週比23.4%減りました。

北海道で5日、新たに277(うち札幌市97人)の感染が確認されました。前週比29.7%減りました。

2023年3月 5日 (日)

小さな趣味の世界の「インフルエンサー」として

発言や行動が影響力や拡散力を持つ人のことを「インフルエンサー」と言いますが、小さな趣味の世界・組織・団体にも存在します。

実際にどこまで影響力や拡散力があるかは措くとして、そうした「力」を持つ代表格はJudgeであり、クラブオーナーであり、クラブ代表でしょう。

Judgeに楯突けば自分の猫が良い成績をもらえなくなる心配が拭えず、クラブオーナーやクラブ代表に異を唱えれば「いやならクラブを出て行きなさい」で終わりかねず、泣き寝入りせざるを得ません。

そうした影響力を持つ人たちが自らの持つ「力」を自覚し、正しく使う(=影響力を行使する)のなら問題ありませんが、クラブ員が唯々諾々と従う(あるいは従わざるを得ない)のをいいことにルール違反に加担させたり、同調圧力をかけていじめや嫌がらせに同調させたりするのは大問題です。

きょうのTICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)の「Judge育成パーフェクト講座」では、JP1-3 Judgeの「資質」:大前提③影響力の行使(1)を掲載し、JudgeがJudgeとしての影響力を自覚した上で適正・適切に行使し、場合によっては敢えて行使しないことも選択できねばならないことを指摘しています。
Tda_20230303152501
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で4日、新たに1万0378人の感染が確認されました。前週比31.8%減りました。

東京都で4日、新たに795人の感染が確認されました。前週比32.7%減りました。

埼玉県で4日、新たに397人の感染が確認されました。前週比40.9%減りました。

神奈川県で4日、新たに491人の感染が確認されました。前週比33.3%減りました。

千葉県で4日新たに397人の感染が確認されました。前週比22.2%減りました。

大阪府で4日、新たに632人の感染が確認されました。前週比30.5%減りました。

愛知県で4日、新たに598人の感染が確認されました。前週比41.6%減りました。

福岡県で4日、新たに447人(うち福岡市人、北九州市人)の感染が確認されました。前週比33.8%減りました。

北海道で4日、新たに373(うち札幌市131人)の感染が確認されました。前週比46.0%減りました。

2023年3月 4日 (土)

良き導き手であるJudgeと〝二人三脚〟であってこそ

世の中にはありがたい忠告やアドバイスで満ち溢れていますが、人によってはそのありがたみが分からず、全く進歩しないしない人も往々にしています。

ブリーディングも同じです。

いろいろなJudgeの言うことによく耳を傾け、改善努力を重ねていれば(※販売努力を重ねるいわゆる〝売り専〟は別ですが…)、それなりにいい猫を創出できるはずです。

BGはまだまだ発展段階ということもあり、「3歩進んで2歩下がる」場合や「1歩進んで2歩下がる」場合もありますが、ある程度の長いスパンで見た時にそれなりの進歩・発展がなければなりません。(※必ずしも猫の成績とパラレルではありません)

ただ、ブリーダーが独力で改善努力を積み重なるというより、そのブリーダーがショーにも参加しているのであれば、ある意味、Judgeと〝二人三脚〟であってこそ、円滑で迅速な進歩・発展が見込まれるのであって、その点でJudgeはブリーダーにとって「良き導き手」である必要があるでしょう。

きょうのTICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)の「Judge育成パーフェクト講座」では、JP1-2 Judgeの「資質」:大前提②良き導き手--を掲載しましたが、「良き導き手」としての自覚を常に持ち、「良き導き手」としての「資質」と「能力」を持つJudgeがいてこそ、そのRegionとそのRegionのブリーダーは発展するということをTICA Asia East Regionメンバー全員が共有する必要があります。https://tda.localinfo.jp/

自分たち仲間の言うことだけを聞き、意のままに〝操れる〟ようなJudgeを養成するのではなく、いろいろな意味で「良き導き手」となるJudgeをみんなで育成することが大切です。
Tda_20230303152501
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で3日、新たに1万0483人の感染が確認されました。前週比67.0%増えています。

東京都で3日、新たに736人の感染が確認されました。前週比72.4%増えています。

埼玉県で3日、新たに394人の感染が確認されました。前週比95.0%増えています。

神奈川県で3日、新たに489人の感染が確認されました。前週比29.0%増えています。

千葉県で3日新たに351人の感染が確認されました。前週比24.0%増えています。

大阪府で3日、新たに619人の感染が確認されました。前週比81.5%増えています。

愛知県で3日、新たに581人の感染が確認されました。前週比2.69倍に増えています。

福岡県で3日、新たに451人(うち福岡市124人、北九州市94人)の感染が確認されました。前週比3.50倍に増えています。

北海道で3日、新たに415(うち札幌市152人)の感染が確認されました。前週比72.2%増えています。

2023年3月 3日 (金)

機械翻訳に頼らない/真に受けない姿勢

自分というものをしっかりと持ち、「思考停止」に陥らないことは「Judgeとして…」というより、もはや「人として…」の範疇に入るのではないでしょうか。

きょうのTICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)の「Judge育成パーフェクト講座」では、JP1-1 Judgeの「資質」:大前提①TICAを体現--を掲載しましたが、Judgeを目指す人だけでなく、TICA Asia East Regionメンバー全員が心に留めておいてほしい内容です。https://tda.localinfo.jp/

「思考停止」に陥っていると、例えば英文を読む際も機械翻訳に安易に頼り/機械翻訳の和訳を真に受けてしまいがちですが、それではダメです。

自分の頭で考えて解釈し、自分というものをしっかりと持って判断できてこそ、「考える葦」としての「人」と言えます。

あくまで一例ですが、TICA Judging Program Article 17 - Code of Ethicsにある417.3も、機械翻訳にかけるとさらっと読み飛ばしてしまいそうな倫理規定ですが、果たして目を通すだけ、あるいは斜め読みするだけでいいでしょうか。それで本当に「学んだ」と胸を貼って言えるでしょうか。

TICA Judging Program 417.3の意味の本質まで迫った日本語訳とはどんなものか、機械翻訳とどこがどう違うか、どう解釈し理解すべきかについて述べていますので、「学び」の一助にしていただければ幸いです。
Jp1
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で2日、新たに1万1516人の感染が確認されました。前週比23.4%減りました。

東京都で2日、新たに952人の感染が確認されました。前週比11.2%減りました。

埼玉県で2日、新たに486人の感染が確認されました。前週比18.3%減りました。

神奈川県で2日、新たに545人の感染が確認されました。前週比25.4%減りました。

千葉県で2日新たに397人の感染が確認されました。前週比11.4%減りました。

大阪府で2日、新たに695人の感染が確認されました。前週比24.6%減りました。

愛知県で2日、新たに691人の感染が確認されました。前週比10.6%減りました。

福岡県で2日、新たに482人(うち福岡市107人、北九州市90人)の感染が確認されました。前週比20.6%減りました。

北海道で2日、新たに414(うち札幌市147人)の感染が確認されました33.933.9%減りました。

2023年3月 2日 (木)

21日(祝)19:00スタート!Munchkin & Minuet ブリードセミナー

TICA Japan Members' Training & Development Acatdemy (TDA)主催で3月21日(祝)夜に開催する「Munchkin & Minuet ブリードセミナー」19:00スタートとし、時間は20:30頃までの1時間半余りを予定してします。

また、事前のアンケートについてですが、まだご回答いただけていないみなさまには3月5日(日)までにご回答いただければと思います。

このアンケートはTDAが実施しているものではなく、ミヌエットのブリーダーさんがご厚意で作られ行っているものであり、セミナーへの参加・不参加を別にしてご協力いただければ幸いです。

なお、開始時間の確定等については既に申し込みをいただいているみなさまに別途メールでもお送りいたします。

◆事前アンケート◆
 短足猫種のブリーダーではない方→アンケートフォームはこちら

 短足猫種のブリーダーの方→アンケートフォームはこちら
 短足の猫種のブリーダーの方(英語)→アンケートフォームはこちら

◆マンチカン&ミヌエットブリードセミナー◆
日   時:3月21日(祝)19:00〜20:30頃

内   容:マンチカン(Munchkin)とミヌエット(Minuet)の遺伝学的な側面も含めた特徴やスタンダードの読み解き方、審査のポイント、繁殖の現状などについてTICA Ring & School Instructorのともなりさんが解説するほか、国内のブリーダーさんからお話を聞かせていただいたり、海外のブリーダーさんから提供いただく様々な情報を紹介したりする予定にしています。
方   式:Zoomによるオンライン
主   催:TICA Japan Members' Training & Development Acatdemy (TDA)
参加費:無料
申込先: ticatda◎gmail.com(※アドレスを入力する際は◎を@に変えてお送りくだい。

※お断り)TDAの「Judge育成パーフェクト講座」、JP1-1 Judgeの「資質」:大前提①TICAを体現--は明日掲載します。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で1日、新たに1万3794人の感染が確認されました。前週比25.9%減りました。

東京都で1日、新たに1028人の感染が確認されました。前週比14.0%減りました。

埼玉県で1日、新たに535人の感染が確認されました。前週比23.2%減りました。

神奈川県で1日、新たに628人の感染が確認されました。前週比25.8%減りました。

千葉県で1日新たに452人の感染が確認されました。前週比%減りました。

大阪府で1日、新たに793人の感染が確認されました。前週比33.4%減りました。

愛知県で1日、新たに830人の感染が確認されました。前週比18.8%減りました。

福岡県で1日、新たに581人(うち福岡市140人、北九州市114人)の感染が確認されました。前週比28.0%減りました。

北海道で1日、新たに621(うち札幌市209人)の感染が確認されました。前週比22.7%減りました。

2023年3月 1日 (水)

「志を保てるのはほんのひと握り…」という哀しい現実

医者でも弁護士でも官僚でも、なりたい人/なれる人はそこら中にいたとしても、「志を保てるのはほんのひと握り…」という哀しい現実があります。

小さな趣味の世界のJudgeも同じであり、なりたい人/なれる人はいても「志を保てるのはほんのひと握り…」という現実を目の当たりにします。

だからこそ「初心忘るべからず」という戒めの言葉もあるのでしょう。

ちなみにこれは世阿弥の言葉とされ、伝書「花鏡」に出てくるそうです。

是非初心不可忘(ぜひのしょしんわするべからず)
時々初心不可忘(じじのしょしんわするべからず)
老後初心不可忘(ろうごのしょしんわするべからず)

3つの「初心」があり、ある人の解説によれば「最初の段階の『決意』だけではなく、『日々の生活の中で味わったもの、身につけたもの、 その実感や感覚』も、忘れてはならないとしています」とのこと。

超一流のJudgeを目指すのであれば、健全で正しく堅固な「志」を持ち、いつまでも当時の「志」を忘れず、かつその時々の審査を通じて身に付けた実感や感覚も決して忘れない…ことが求められるでしょう。

きょうのTICA Japan Members’ Training & Development Acatdemy(略称:TICA Japan TDA)の「Judge育成パーフェクト講座」では、JP1-0 Judgeの「資質」大前提:プロローグ(「資質」を考える前に)を掲載しています。https://tda.localinfo.jp/

不純な動機でJudgeを目指すことなど論外もいいところですが、仮にそれなりの「資質」と「能力」を持ち合わせていても、純粋な動機(=「志」)をいついかなる時もいつまでも自分の中に堅持してこそ超一流への道が拓かれるということを胸に刻み込んでほしいと思います。

Tda_20230228130401
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で28日、新たに1万4997人の感染が確認されました。前週比23.6%減りました。

東京都で28日、新たに1181人の感染が確認されました。前週比18.6%減りました。

埼玉県で28日、新たに641人の感染が確認されました。前週比23.0%減りました。

神奈川県で28日、新たに771人の感染が確認されました。前週比12.6%減りました。

千葉県で28日新たに487の感染が確認されました。前週比25.2%減りました。

大阪府で28日、新たに1003人の感染が確認されました。前週比24.5%減りました。

愛知県で28日、新たに991人の感染が確認されました。前週比24.1%減りました。

福岡県で28日、新たに595人(うち福岡市168人、北九州市81人)の感染が確認されました。前週比34.5%減りました。

北海道で28日、新たに700(うち札幌市253人)の感染が確認されました。前週比14.8%減りました。

« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »

無料ブログはココログ