2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« こんな訳し方で「言語の壁」を乗り越えられる?⑤ | トップページ | こんな訳し方で「言語の壁」を乗り越えられる?⑦ »

2023年1月26日 (木)

こんな訳し方で「言語の壁」を乗り越えられる?⑥

新Directorに就いたT氏が言うところの「言語の壁」を乗り越えるためには、Directorが乗り越えるだけではなく、Region Officeのスタッフ、そしてRegionメンバーもまた乗り越えていかねばならないでしょう。

したがってこのシリーズでは、英語を学び「言語の壁」を乗り越えようと努める全Regionメンバーに向けて書いています。

【「である調」と「ですます調」の使い分けは一般常識】

学生であっても社会人であっても、手紙や文章を書く際に「である調」と「ですます調」を使い分けるのは一般社会常識の範囲であるはずです。

翻訳だからといってごちゃ混ぜにしても構わないと習うことは、私の経験上ありません。

私の場合、ルールや改正案・追加案等の和訳は「である調」、メンバーがBoardやCommittee向けに提出した提案理由などは「ですます調」にするといった感じで使い分けています。

【混在させる合理的理由があるか?ないか?】

しかし、TICA Asia East Region公式サイトの「2023/Jan Meeting Agenda」全訳は、ルールの翻訳文部分で「である調」と「ですます調」が混在しています。

例えば、Standing Rule 2017.1の翻訳は、「~しなければならない」と書いたり「~に提出します」と書いたり「~する必要がある」と書いたりしています。

Judging Programの各規定の翻訳は多くが「である調」になっていますが、410.1.4や410.2.2、412.7は「負うものとします」「解除されます」「ことができます」というように「ですます調」です。

【機械翻訳の責任?翻訳者の責任?それともRDの責任?】

どのようなプロセスで翻訳し、Region公式サイトに掲載しているか分かりませんが、仮に機械翻訳や翻訳者が「である調」と「ですます調」をごっちゃにして翻訳してしまったのであれば、掲載前にRegion Directorがチェックしてどちらかに統一すべきでした。

機械翻訳に頼っている場合、翻訳エンジンに注意なんてできませんが、何人かの翻訳者で手分けしているなら翻訳者に注意喚起し、こうした間違いをしないよう促すか、不慣れな翻訳者を変更すべきでしょう。

いずれにしても小さな趣味の組織であるとはいえ、TICAという国際団体の看板を掲げたサイトにアップするわけですから、社会常識を疑われるような訳し方をすべきではなく、Region Directorの責任が厳しく問われると言えます。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で25日、新たに7万8795人の感染が確認されました。前週比36.3%減りました。 

東京都で25日、新たに5934人の感染が確認されました。前週比35.4%減りました。 

埼玉県で25日、新たに3511人の感染が確認されました。前週比37.3%減りました。 

神奈川県で2日、新たに4278人の感染が確認されました。前週比34.1%減りました。 

千葉県で25日新たに3458人の感染が確認されました。前週比34.3%減りました。 

大阪府で25日、新たに5583人の感染が確認されました。前週比32.2%減りました。 

愛知県で25日、新たに5123人の感染が確認されました。前週比40.2%減りました。 

福岡県で25日、新たに3606人(うち福岡市817人、北九州市622人)の感染が確認されました。前週比44.3%減りました。 

北海道で25日、新たに1853(うち札幌市635人)の感染が確認されました。前週比29.9%減りました。

« こんな訳し方で「言語の壁」を乗り越えられる?⑤ | トップページ | こんな訳し方で「言語の壁」を乗り越えられる?⑦ »

無料ブログはココログ