2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

リンク

« TICA投票締切は日本時間21日(月)の何時何分? | トップページ | TICA AE RD選挙、〝元職〟立候補者「実績」を問う①「実績」を誇れない理由 »

2022年11月 6日 (日)

【注意喚起】TICAメンバー投票の目的や方法、締切について

※ルール改正案(Proposal 1~7)の投票については10月30日(日)のブログ(【重要】2022TICAメンバー投票、ルール改正案ポイント解説)をお読みいただければ幸いです。

TICAメンバー投票を巡り、その目的や方法、締切などについていい加減なことを公言する人がいるので、改めて注意喚起しておきたいと思います。

【投票締切は日本時間21日(月)14:59です】

投票締切が20日(日)だとショー会場で公言する人もいるようですが、それは米国中部時間の20日(日)23:59であって、日本・韓国では21日(月)14:59です

時間的な余裕を2~3時間持ったとしても、21日(月)の午前中に改めてゆっくり考えて投票しても間に合います。(※きのうも言及しましたが、締切最終日の投票を呼び掛けるものではありません)

立候補者2人の「公約」を良く読み比べ、猫やメンバー/出陳者のためになるのはどちらか、TICAとTICA Asia East Regionの健全な発展に貢献できるのはどちらの「公約」か、どちらがより具体的で信憑性があるかをしっかり考えて投票していただきたいと思います。

2人が掲げる「公約」ではダメね…ということであれば、2人の立候補者以外の名前を記載して投票できますので、その際は「Write-in」の欄に名前を記入して投票できます。

【ポチっと1回クリックするだけでは投票は完了しません】

実際に投票したことがあるのかどうか分かりませんが、あたかもポチっと1回クリックするだけで投票が完了するかのように話す人がいますが、これも間違いです。

投票通知をメールで受けているメンバーには下記の3回のメールが来ているかと思います。

・11月  4日(金)23:00前後、件名:Reminder Vote TICA 2022 Election
・10月28日(金)23:00前後、件名:同上
・10月21日(金)23:00前後、件名:TICA 2022 Election Open for Voting

上記どのメールでも構いませんので、

1. Go to the voting site by clicking on this link or copying and pasting it into your browser's address field:に続いて張ってあるリンク(投票ページ)を開き、Region Directorと7件のルール改正案への賛否にチェック(✓)を入れて「Submit」をクリックします。(←1回目のポチッとクリック)

そうずると自分がチェックした項目が示されるページが表示されるので、自分がチェックした通りであれば、このページの一番下の右側にある「Vote」をクリックして完了です。(←2回目のポチッとクリック)

【ルール改正案Proposal 1~7への投票も重要です】

今回のTICAメンバー投票があたかもDirector選挙のためだけの投票のように話す人もいるようですが、これも大きな間違いです。

メンバーの中にはルール改正案の投票のことに一切触れず、RDを誰にするか選んだらポチッとすればいい…みたいなことを言いますが、今回で言えば7件のルール改正案が出ているので、これらに対する賛否もチェックした上でポチッと2回クリックするのが良識あるメンバーの行動でしょう。

賛否のチェックを入れると言うことはそれなりに内容を確認する必要があり、内容を確認するということはルールの勉強になるということです。

当然、投票者には「棄権」という権利もありますが、それは改正案の内容をよく吟味した上でのことであり、はじめからルール改正案の投票などなかったかのようにRDを選んでそれで終わり…というのはあまりにTICAメンバーとしての責任感に欠けます。

【誰かの指示を鵜呑みにし従う悪習・悪癖から脱却を】

TICA Asia(現Asia East)Regionでは長年にわたり、自分でしっかり考えようとせず、誰かの指示に唯々諾々と従う組織風土としての悪習・悪癖があり、今回もその流れを汲むメンバーが積極的に動いています。

しかし、そうしたことを繰り返した結果、現状のようなRegionになってしまったのであり、健全な組織運営に向けて脱却するのであれば、メンバーひとりひとりが自分でその是非を考え、自分の判断で行動しなければなりません。

Director選挙であれば、繰り返しになりますが、差別や偏見に満ちた誰かの指示や誘導、同調圧力に唯々諾々と従うのではなく、自分の目で2人の「公約」をしっかり読み比べ、自分の頭で「公約」の具体性・実現性を慎重に吟味して投票することが欠かせないことを強調したいと思います。

※Director選挙、「公約」フォローアップは休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で5日、新たに7万5643人の感染が確認されました。前週比69.5%増えています。

東京都で5日、新たに7967人の感染が確認されました。前週比93.3%増えています。

埼玉県で5日、新たに4294人の感染が確認されました。前週比2.05倍に増えています。

神奈川県で5日、新たに4644人の感染が確認されました。前週比81.4%増えています。

千葉県で5日新たに2858人の感染が確認されました。前週比79.2%増えています。

大阪府で5日、新たに4159人の感染が確認されました。前週比55.8%増えています。

愛知県で5日、新たに5031人の感染が確認されました。前週比2.13に増えています。

福岡県で5日、新たに1667人(うち福岡市419人、北九州市197人)の感染が確認されました。前週比47.1%増えています。

北海道で5日、新たに7463(うち札幌市2450人)の感染が確認されました。前週比50.0%増えています

« TICA投票締切は日本時間21日(月)の何時何分? | トップページ | TICA AE RD選挙、〝元職〟立候補者「実績」を問う①「実績」を誇れない理由 »