2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

リンク

« 担がれた〝神輿〟でなければいいけれど… | トップページ | TICA AE Region、国会議員の与野党の構成比そのまま?? »

2022年11月28日 (月)

「再登板」で思い起こされる恐ろしさ

TICA Asia East RegionのDirector選挙は、2011~13年にDirectorを務めたT氏が当選し、「再登板」を決めました。

しかし、あくまで私の個人的な印象論になりますが、私の中では「再登板」を巡って良いイメージが全くなく、小さな趣味の世界において同じようなことにならなければ…と祈るような気持ちです。

【「再登板」が想起させる「毀」と「貶」のイメージ】

なぜなら、日本で「再登板」の代表格と言えば、故安倍晋三首相であり、「再登板」が政権にもたらした様々な影響、そしてその顛末は今なお、国会を揺らし続けており、みなさんもご存知の通りです。

いわゆる〝モリカケ〟に代表される問題が起こり、公務員が自殺に追い込まれるような事態になったわけですから、毀誉褒貶があると言っても、私には「毀」と「貶」のイメージが強く残っています。

T氏の2011~13年におけるDirectorとしての運営手法にも毀誉褒貶があり、今回の選挙で私への投票が増えた背景にはT氏に対する「毀」と「貶」が影響したように思います。

【プーチン大統領の「再登板」とウクライナ侵攻】

国際政治に目を移してすぐに思い浮かぶのがロシアのプーチン大統領でしょう。

ウクライナに侵攻し、どういうことになっているかは連日の国際メディアで報じられている通りです。

「再登板」が良いことか悪いことかは人によって違うとは思いますが、歴史を振り返るとき、悪いことの方が多いような気がします。

【米大統領選挙で「再登板」を目論むトランプ氏】

ロシアと並ぶ大国の米国でも「再登板」問題が大きな話題となっています。

トランプ氏が「再登板」を狙って出馬表明したことは、どれだけ小さな趣味の世界のメンバーでも知らない人はいないでしょう。

T氏が立候補の際の「所信表明」で「分断と格差」を持ち出してきた時、トランプ氏に似た煽りの手法を垣間見たような気がしました。

TICA Asia East Regionに関して言えば本当に「分断と格差」をなんとかしようとしているのか、それともトランプ氏と同じ煽りの手法に過ぎないのか--。

T氏の「再登板」に当たってその本気度が問われていると言えるでしょう。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で27日、新たに9万7677人の感染が確認されました。前週比32.1%増えています。

東京都で27日、新たに1万0346人の感染が確認されました。前週比33.0%増えています。

埼玉県で27日、新たに5395人の感染が確認されました。前週比32.5%増えています。

神奈川県で27日、新たに6684人の感染が確認されました。前週比32.1%増えています。

千葉県で27日新たに4299人の感染が確認されました。前週比39.8%増えています。

大阪府で27日、新たに4465人の感染が確認されました。前週比18.6%増えています。

愛知県で27日、新たに6316人の感染が確認されました。前週比37.2%増えています。

福岡県で27日、新たに2978人(うち福岡市人、北九州市409人)の感染が確認されました。前週比30.8%増えています。

北海道で27日、新たに5954(うち札幌市2436人)の感染が確認されました。前週比3.6%増えています

« 担がれた〝神輿〟でなければいいけれど… | トップページ | TICA AE Region、国会議員の与野党の構成比そのまま?? »