2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

リンク

« TICA AE RD選挙、〝元職〟立候補者「実績」を問う⑦ルール変更に取り組む本気度と能力 | トップページ | TICA AE RD選挙、〝元職〟立候補者「実績」を問う⑨資格や職業、業態で差別しない… »

2022年11月14日 (月)

TICA AE RD選挙、〝元職〟立候補者「実績」を問う⑧立候補者としての責任を果たしているか?

※ルール改正案とTICA Asia East Region Director選挙の投票締切まで残り約1週間となりました。※投票締切は日本・韓国時間の21日(月)午後2時59分です

※まだ投票を終えられていないRegionメンバーのみなさんにおかれましてはくれぐれもRegion Directorを選んだだけでポチッ(Submit)、ポチッ(Vote)と2回クリックして投票を完了してしまうのではなく、ルール改正案についてもしっかり考え賛否の投票をしていただければと思っています。(※ルール改正案についての解説は10月30日(日)のブログを参考にしてください)

【米TICA本部サイトには「所信表明」を掲載しない理由は?】

 2011~13年にAsia Region Directorを務めた〝元職〟立候補者はショー会場で「所信表明」を配ったものの、投票締切まで残り約1週間となった今も、米TICA本部サイト(下記参照)に自身の「所信表明」をアップしていません。
B1
ルール上、立候補者としてアップしなければならないわけではなく、他のRegionの立候補者でアップしていない人もいることは確かです。

しかし、民主主義を尊重し、民主主義組織としての健全な発展を願うのであれば、立候補者には〝立候補者としての責任〟というものがあり、それを果たしてこそ、真の意味でDirectorとして選ばれる被選挙権があると私は思っています。

【一部のメンバーだけの支持と理解を得られればいい?】

もし、〝元職〟立候補者が「137票 対22票」で楽勝で当選できると考えているなら、23票以上取ればそれでいいのよ…と思っているのかもしれません。

そうであれば、贔屓にしているJudgeやメンバーに自分に投票してくれるようお願いし、「所信表明」も敢えて出す必要などなかったとも考えられます。

Regionメンバーの間から、「いまさらこんな『所信表明』なんて出す必要ないのに…」という声が漏れ伝わって来るのもそうした事情が背景にあるのでしょう。

【全メンバーを分け隔てすることなく情報を届ける姿勢の欠如】

ショーに行く人だけに「所信表明」を読んでもらうことは、ショーに行く人と行かない人(行けない人)を差別し、分け隔てすることに他なりません。

日本語だけで「所信表明」を配り、ハングルで配らないのも同様です。(※もしかしたら韓国のRegionメンバーにはメーリングリストや韓国のショーに赴いて配布しているのかもしれませんが…)

少なくとも〝元職〟立候補者の「所信表明」は私のもとにも、アクトクラブ員のもとにも届いておらず、厳然とした差別と分け隔てが存在することは論をまちません。

Judgeであるかどうか(Judge資格を持つかどうか)より以前に、人としての心のあり方が問われていると私は思っています。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で13日、新たに6万8412人の感染が確認されました。前週比3.8%増えています。

東京都で13日、新たに6922人の感染が確認されました。前週比10.5%増えています。

埼玉県で13日、新たに3656人の感染が確認されました。前週比9.0%増えています。

神奈川県で13日、新たに4452人の感染が確認されました。前週比4.9%増えています。

千葉県で13日新たに2633人の感染が確認されました。前週比14.3%増えています。

大阪府で13日、新たに3268人の感染が確認されました。前週比2.2%減りました。

愛知県で13日、新たに3877人の感染が確認されました。前週比1.3%増えています。

福岡県で13日、新たに1912人(うち福岡市601人、北九州市316人)の感染が確認されました。前週比3.3%減りました。

北海道で13日、新たに5658(うち札幌市2386人)の感染が確認されました。前週比4.2%増えています

« TICA AE RD選挙、〝元職〟立候補者「実績」を問う⑦ルール変更に取り組む本気度と能力 | トップページ | TICA AE RD選挙、〝元職〟立候補者「実績」を問う⑨資格や職業、業態で差別しない… »