2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

リンク

« Director選挙、立候補「公約」⑤米TICA本部サイトの日本語を正しく適切に | トップページ | Director選挙、立候補「公約」⑦日本と韓国にDeputy Regional Director »

2022年10月16日 (日)

Director選挙、立候補「公約」⑥次世代を担うJudge育成プログラム(仮称)を導入

【6】次世代を担うJudge育成プログラムを導入します。
  Regionの次世代を担うJudgeの「育成プログラム」(仮称)を策定し、導入します。
  「育成プログラム」はRegionメンバーから「どのようなJudgeが求められ、どのような資質・能力・スキルが欠かせないか」といった意見を良く聴きます。
  みなさんから寄せられた意見に基づき、TICA Asia East Regionとしてどのような「育成プログラム」(仮称)が考えられるかをJudgeのみなさんと一緒に考え、検討します。
  策定した「育成プログラム(案)」(仮称)はRegion公式サイトで公表し、改めてみなさんから意見を募るとともに、TICA Asia East Region Director推奨の「育成プログラム」として、Judgeを目指すみなさんに広く役立ててもらうようにします。同時にRegionメンバーのみなさんにとってJudge育成のプロセスを透明性の高いものとします。
  ※なお、上記は全てTICAの理念と使命、各種ルール、プログラム等に基づくものとします。

【6】차세대를 담당하는 Judge 육성 프로그램을 도입합니다
  Region의 차세대를 담당하는 Judge의 「육성 프로그램」(가칭)을 책정해, 도입합니다.
   「육성 프로그램」은 Region 멤버로부터 「어떤 Judge가 요구되며, 어떠한 자질·능력·스킬이 필수인가」라고 하는 의견을 자주 듣습니다.
   여러분으로부터 전해진 의견에 근거해, TICA Asia East Region으로서 어떠한 「육성 프로그램」(가칭)을 생각할 수 있는지를 Judge의 여러분과 함께 생각해, 검토합니다.
   책정한 「육성 프로그램(안)」(가칭)은 Region 공식 사이트에서 공표해, 재차 여러분으로부터 의견을 모으는 것과 동시에, TICA Asia East Region Director 권장의 「육성 프로그램」으로서 Judge를 목표로 하는 여러분에게 널리 도움이 되도록 합니다.동시에 Region 멤버 여러분에게 있어서 Judge 육성의 프로세스를 투명성이 높은 것으로 합니다.
  ※ 덧붙여 상기는 모두 TICA의 이념과 사명, 각종 룰, 프로그램등에 근거하는 것으로 합니다.

【6】Introduce Judge training programs for the next generation
  I will formulate and introduce a "training program" (tentative name) for Judges who will lead the next generation of the Asia East Region.
  I often hear opinions from the Region members about what kind of Judges are needed and what kind of qualities, abilities and skills are essential for the "Training Program".
  Based on the Region members opinions, I will consider and discuss with the Judges in Asia East Region what kind of "Training Program" (tentative name) TICA Asia East Region should consider.
  The "Training Program (Draft)" (tentative name) will be published on the official website of the Region to solicit your opinions again, and will be supposed to widely used as the "Training Program" recommended by the TICA Asia East Region Director for those who aim to become Judges. At the same time, I will make the Judge training process more transparent for all Region members.
  ※All of the above shall be based on TICA's philosophy and mission, various Rules and Programs, etc.

(補足)

TICA Asia East Regionにおける次世代を担うJudge育成は喫緊の課題である一方、なりたい人が誰でもなればいいのよ…という単純なものでもないことをDirectorは自覚し、もしRegionメンバーの間でこうした誤解や勘違いが広がっているようであれば注意を促す必要があります。

いわゆるJudgeの「粗製濫造」などあってはならないと私は思っているのですが、「粗製濫造」であっても数さえいればそれでいいやのよ…と考えている人が少なからずいるのはとても残念なことです。

猫界広しと言えども、その歴史的経緯と国際団体として築いてきたTICAの信用と評判に相応しいJudgeを育成すべきであって、「さすがTICAのJudgeだけあって、他の団体のJudgeとは違うわね」と言われるようでなければならないと私は思っています。

それはTICAのルール等を熟知し精通しているだけでなく、Standardsも含めた猫に関する知識・見識(猫の病気や遺伝学含む)が豊富で、正しく解釈・判断できて審査の公平性・公正性を保てることが最低限の条件となります。

これまでのTICA Asia(現TICA Asia East) Regionを振り返ると、TICA Japan特有の根深い問題が存在し、次世代を担うJudgeにはそれを打破・打開する気概と情熱、実行力を持つ人物が求められています。

世間から見ればたかだか猫の審査員であると思われているとしても「先生」と呼ばれることがあり、審査員であるという立場の重要性に鑑みれば、単純な人材育成や養成とは全く異なる、それなりに高い次元の倫理観や道徳心、資質・能力・スキルが欠かせないという認識をTICAメンバー全員が共有しなければなりません。

Directorはそうしたことの旗振り役であり、私が当選した際には、みなさんと一緒に「育成プログラム」(仮称)を作り、みなさんの知恵とアイデアを生かしながら、健全なTICA Asia East Regionを担い支えられる人材を発掘し育成していくことを誓います。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で15日、新たに3万5339人の感染が確認されました。前週比32.3%増えています。

東京都で15日、新たに3239人の感染が確認されました。前週比24.3%増えています。

埼玉県で15日、新たに1441人の感染が確認されました。前週比11.4%増えています。

神奈川県で15日、新たに2045人の感染が確認されました。前週比21.0%増えています。

千葉県で15日新たに1348人の感染が確認されました。前週比21.7%増えています。

大阪府で15日、新たに2674人の感染が確認されました。前週比44.6%増えています。

愛知県で15日、新たに1659人の感染が確認されました。前週比26.9%増えています。

福岡県で15日、新たに1132人(うち福岡市人、北九州市183人)の感染が確認されました。前週比24.7%増えています。

北海道で15日、新たに3097(うち札幌市1054人)の感染が確認されました。前週比%71.3%増えています

« Director選挙、立候補「公約」⑤米TICA本部サイトの日本語を正しく適切に | トップページ | Director選挙、立候補「公約」⑦日本と韓国にDeputy Regional Director »

2022Director選挙公約」カテゴリの記事