2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

リンク

« Director選挙、「公約」フォローアップ⑥「しがらみ」を断ち切る勇気がRegionを救う | トップページ | 【重要】2022TICAメンバー投票、ルール改正案ポイント解説 »

2022年10月29日 (土)

分け隔てなく全メンバーに「選挙公約」をお送りしました!

米TICA本部からDirector選挙とルール改正案の一般メンバー投票に関するリマインダーのメール(件名はReminder Vote TICA 2022 Election) が届いているかと思います。(※日本時間昨夜、配信されています)

これに併せ、私も全TICA Asia East Regionメンバーのみなさんに改めて「立候補のご挨拶」のメールをお送りしました。(※メールアドレスはみなさんが米TICA本部に登録したもので、リストは米TICA本部から提供を受けました。アドレス登録していないメンバーの方にはお送りできず残念に思います)

Judge資格があるかないかで差別したり、仲が良いとか悪いとかで依怙贔屓したりせず、私が「選挙公約」で掲げた通り、誰ひとり分け隔てなくお送ります。

もし、私がDirector選挙に立候補していることを知らないメンバー、あるいはアクトのブログを読まず、米TICA本部サイトの「2022 Election」のページにアクセスしていないメンバーがいらっしゃれば、メール添付(PDF)の「選挙公約」をお読みいただければ幸いです。

私がこれまで掲げてきた「分け隔てないRegion運営」については下記のブログでも言及してきたものです。

〝口約束〟で綺麗ごとを並べるのではなく「有言実行」していることをご理解いただければと思います。

ルール改正案のProposal 1~7のポイント解説は明日のブログでご紹介する予定にしています。

賛否を投じる際の参考にしていただければ幸いです。

(参考)
2022年10月11日 (火)
Director選挙、立候補「公約」①差別・排除なく隠し事なく分け隔てないRegion運営
「クラブ代表であろうとJudgeであろうと一般メンバーであろうと分け隔てなく情報共有し、垣根のない風通しの良い運営をします」「差別や排除なく、一切の隠し事なく、決して分け隔てすることのないRegion運営」

2022年10月19日 (水)
Director選挙、立候補「公約」⑨「For Cats, For All Members」
「メンバー全員を依怙贔屓や分け隔てすることなく、公平・公正・平等に真摯に向き合い」

2022年10月7日 (金)
TICA Asia、いつまで同じ歴史を繰り返す?⑤

「Regionメンバーを差別や排除、分け隔てすることなく、ひとりひとりと真摯に向き合い、悩みや不満を良く聴き、言葉だけで終わることなく全力で解決できるか否か、行動で応えられるか否か--」「私の目指すRegion運営は、誰ひとりとして分け隔てすることなく、ひとりひとりのメンバーに寄り添い、誰の意見・批判であろうと真摯に耳を傾け」

※「Director選挙、「公約」フォローアップ」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で28日、新たに3万9278人の感染が確認されました。前週比23.5%増えています。

東京都で28日、新たに3520人の感染が確認されました。前週比23.9%増えています。

埼玉県で28日、新たに1977人の感染が確認されました。前週比37.4%増えています。

神奈川県で28日、新たに2208人の感染が確認されました。前週比22.5%増えています。

千葉県で28日新たに1406人の感染が確認されました。前週比24.1%増えています。

大阪府で28日、新たに2245人の感染が確認されました。前週比1.9%増えています。

愛知県で28日、新たに1810人の感染が確認されました。前週比26.8%増えています。

福岡県で28日、新たに1082人(うち福岡市369人、北九州市147人)の感染が確認されました。前週比23.8%増えています。

北海道で28日、新たに4518(うち札幌市1662人)の感染が確認されました。前週比43.1%増えています

« Director選挙、「公約」フォローアップ⑥「しがらみ」を断ち切る勇気がRegionを救う | トップページ | 【重要】2022TICAメンバー投票、ルール改正案ポイント解説 »

2022Director選挙公約」カテゴリの記事