2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

リンク

« 新型コロナワクチンの接種間隔「5カ月から3カ月に短縮」?? | トップページ | TICA AE RDは「誰でも同じ」→「居ても居なくても同じ」?⑧ »

2022年9月25日 (日)

新型コロナ「第7波」までの死者数と致死率

新型コロナウイルスについては、かねて「正しく恐れる」ことの大切さが指摘され続けてきましたが、そのためにはしっかりエビデンスを押さえておくことが欠かせないのは言うまでもありません。

たまたまですが、ネット上に「第7波」までの死者数と致死率をまとめた記事がありましたので、抜粋しながらご紹介します。

クラブオーナー/代表をはじめショーコミッティーメンバーにおいては頭に入れておいていただければと思います。

【死者数は「第6波」で急拡大、「第7波」も微減にとどまる】
Photo_20220922141101

グラフを見ると一目瞭然ですが、死者数は「第5波」と比べものにならないぐらい、「第6波」で増加し、「第7波」も若干下回るレベルと高水準です。

新規感染者数が急増したわけですから当然と言えば当然ですが、亡くなられた方の絶対数が多いという事実から目を逸らすことはできません。

高齢者や基礎疾患を持つ人にとっては「明日は我が身」かもしれず、いえ「明日は我が身」と思ってしっかり現実を直視すべきでしょう。

【致死率が減少傾向にあるのは喜べるが…】

一方、「致死率」は「第4波」で1.85%まで上昇したものの、その後は減少傾向にあり、「第7波」では0.11%まで下がっています。

これは「第4波」の時の16分の1に当たり、「死ぬ」リスクはそれなりに払拭されつつあると言えるかもしれません。

ですが、これは自然にそうなってきたからではなく、多くの人がワクチン接種をしたことの影響が大きく、継続的にワクチン接種をしなかったり、免疫逃避の変異株が新たに登場したりすれば再び上昇するおそれがあることも踏まえておきたいところです。

【「第8波」とインフルエンザとの同時流行への警戒も】

今年の冬は「第8波」への備えと同時に、インフルエンザとの同時流行への警戒も必要になりそうです。
Photo_20220922141201
軽症で済むといっても、「後遺症」から解放されたわけでなく、人によっては長期にわたり「後遺症」で悩むことになるわけです。

ブリーダーにとっては愛猫の死活問題にもつながりかねない重大事なわけですから、物心両面にわたり万全の備えをしてこの冬を乗り切ってもらいたいと願っています。

※TICA AE RDは「誰でも同じ」→「居ても居なくても同じ」?は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で24日、新たに3万9218人の感染が確認されました。前週比44.7%減りました。

東京都で24日、新たに4855人の感染が確認されました。前週比39.4%減りました。

埼玉県で24日、新たに2772人の感染が確認されました。前週比36.1%減りました。

神奈川県で24日、新たに3794人の感染が確認されました。前週比22.8%減りました。

千葉県で24日新たに2194人の感染が確認されました。前週比33.6%減りました。

大阪府で24日、新たに2306人の感染が確認されました。前週比60.1%減りました。 

愛知県で24日、新たに1426人の感染が確認されました。前週比72.4%減りました。

福岡県で24日、新たに1065人(うち福岡市269人、北九州市146人)の感染が確認されました。前週比59.0%減りました。

北海道で24日、新たに2207(うち札幌市969人)の感染が確認されました。前週比15.1%減りました

« 新型コロナワクチンの接種間隔「5カ月から3カ月に短縮」?? | トップページ | TICA AE RDは「誰でも同じ」→「居ても居なくても同じ」?⑧ »

無料ブログはココログ