2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

リンク

« TICA Annual Board Meeting ルール改正案ポイント解説④ニューカラーの手続き | トップページ | Show Rule 26.1.2の「文理解釈」と「論理解釈」㊤ »

2022年8月26日 (金)

TICA Annual Board Meeting ルール改正案ポイント解説⑤「RW」受賞条件明確化

◆Amend Standing Rule 901.4.3.2 (Shown in Region)

「RW」を受賞するためにはいくつかの条件をクリアする必要があるわけですが、そのひとつについてルールの文言をはっきりさせるための改正案が提出されています。

提案理由は次のようになっています。

As currently written, the rule does not make clear that the entry must be shown in the region during the show year that the award is made.
現在書かれているように、このルールはそのエントリーがAward(賞)を贈られるショー年度においてその当該Regionで出陳されなければならないことを明確にしていません。

具体的な改正案は下記です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
901.4.3.2 In order for a cat/kitten to be eligible for a regional award, it must be shown at least once in that region during the show year for which the regional award was earned. An exception will be made in the case of kittens and household pet kittens in that a show as an adult will fulfill the requirement that they be shown one time in the region. This rule is suspended for the 2020/2021, 2021/2022 and 2022/2023 show seasons.
901.4.3.2 猫/子猫が「RW」の資格を得るためには「RW」を獲得したショー年度中に少なくとも一度はそのRegionで出陳されなければならない。ただし子猫およびHPP kittenの場合は成猫としてショーに出れば、そのRegionで1回ショーに出たという条件を満たすという例外がある。このルールは2020/2021、2021/2022、2022/2023年度ショーシーズンは適用外となる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この改正案は、これまで通りのことをルール上、言葉として明確に規定するというものであり、この改正案が通ってもこれまでと何かが変わるわけではありません。

※「2019年のAE Region Director選挙を振り返る」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で25日、新たに22万0955人の感染が確認されました。前週比13.5%減りました。

東京都で25日、新たに2万3129人の感染が確認されました。前週比15.8%減りました。

埼玉県で25日、新たに1万0103人の感染が確認されました。前週比9.7%減りました。

神奈川県で25日、新たに7841人の感染が確認されました。前週比21.6%減りました。

千葉県で25日新たに9286人の感染が確認されました。前週比36.7%増えています。

大阪府で25日、新たに1万7182人の感染が確認されました。前週比29.4%減りました。

愛知県で25日、新たに1万4342人の感染が確認されました。前週比20.3%減りました。

福岡県で25日、新たに1万0717人(うち福岡市3327人、北九州市2161人)の感染が確認されました。前週比1.5%減りました。

北海道で25日、新たに6550(うち札幌市2549人)の感染が確認されました。前週比21.2%減りました

« TICA Annual Board Meeting ルール改正案ポイント解説④ニューカラーの手続き | トップページ | Show Rule 26.1.2の「文理解釈」と「論理解釈」㊤ »

無料ブログはココログ