2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

« 新団体「LCWW」が日本上陸、第1号クラブが誕生! | トップページ | TICA Asia East Regionに北朝鮮は含まれません! »

2022年8月12日 (金)

2019年のAE Region Director選挙を振り返る④

韓国については、前回選挙で当選した現Director、次点だったメンバーとも言及していました。

現Director:「リジョンに対する意見、希望など、韓国の皆様の声にも耳を傾け交流を深めていく所存です」

次点メンバー:「韓国メンバーの皆様の意見が届くよう、リジョンサイトではハングル語で投稿していただけるパートをご用意いたします。また私自身も韓国のキャットショーに足を運び、自分の目と耳で韓国メンバーのお話を伺いながら、韓国アワードパーティーへの協力など、出来る範囲の支援策を具体化していきたいと考えています」

【韓国メンバーへの情報発信と情報提供】

両者を比べると、次点メンバーの方がより突っ込んだ内容であることが分かります。

韓国の話し言葉と書き言葉の違いを認識し、「韓国で…」と書くのではなく、「ハングル語で…」と書いているところも評価できるでしょう。(※ただし、正確には「ハングル」または「ハングル文字」であり、「ハングル語」とは言いません)

「ハングルで投稿できるパート」を用意すること、Directorとして「韓国のショーに足を運ぶこと」「自分の目と耳で韓国メンバーの話を伺う」こと--など具体的でもありました。

【日本と韓国の平等性と対等性を担保することの重要性】

重要なのはいかに「平等性」と「対等性」を担保するかであり、もはやこの観点への配慮なくしてTICA Asia East Region運営は成り立ちません。

しかし残念なことに、現Directorにおいて十分に担保されたかと言えば不十分だった感は否めません。

次点メンバーが当選していれば、もっと担保されたRegion運営が実現したかどうか分かりませんが、次のDirectorは単なる言葉ではなく、実行できなければならないことは言うまでもないでしょう。

【韓国メンバーをDeputy Regional Directorに】

私は、TICA By-Law 16.3に基づき、日本メンバーと韓国メンバーのDeputy Regioal Directorを置く必要があるように思っています。

なぜ、これまでそのようにして来なかったか不思議ですが、私が当選すればそのようにしたいと思っています。

ちなみにRegionにSecretary置くことの手続き的根拠はルールで定めていませんが、Deputy Regional Directorに関してはせっかくBy-Lawで定めてあるわけですから利用しない手はないでしょう。
163-a
====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で11日、新たに24万0205人の感染が確認されました。前週比0.6%増え、6県で過去最多。死者は206人と3日連続で200人を超えています。

東京都で11日、新たに3万1247人の感染が確認されました。前週比11.6%減りました。

埼玉県で11日、新たに1万3432人の感染が確認されました。前週比2.8%減りました。

神奈川県で11日、新たに1万2009人の感染が確認されました。前週比14.3%減りました。

千葉県で11日新たに8755人の感染が確認されました。前週比20.7%減りました。

大阪府で11日、新たに2万2051人の感染が確認されました。前週比1.4%減りました。

愛知県で11日、新たに過去3番目に多い1万7079人の感染が確認されました。前週比6.7%増えています。

福岡県で11日、新たに過去3番目に多い1万3780人(うち福岡市3953人、北九州市2901人)の感染が確認されました。前週比3.0%増えています。

北海道で11日、新たに過去2番目に多い7660(うち札幌市3271人)の感染が確認されました。前週比6.3%増えています。

« 新団体「LCWW」が日本上陸、第1号クラブが誕生! | トップページ | TICA Asia East Regionに北朝鮮は含まれません! »

無料ブログはココログ