2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

リンク

« TICAクラーク資格更新テスト、締切は10月1日! | トップページ | 歴代TICA Asia Directorによる名誉毀損/ハラスメント訴訟:最高裁上告の理由⑥ »

2022年7月 4日 (月)

続・TICAクラーク資格更新テスト、締切は10月1日

「2022 TICA Licensed Ring/Master Clerk Refresher Test」についていくつか補足で指摘しておきたい点があります。

◆ひとつは今回のテストのプラス面であり、それは例えば問題9のようなパターンです。
Photo_20220704094301
書き写す(あるいはコピペ)するだけの簡単なものですが、再確認させるための設問としては良問であり、もっとあってもいいかと思います。

◆もうひとつは32 Divisionsのチャートを問題用紙に参考添付したことです。
Photo_20220704094302
何年か前も同様に参考添付されていましたが、今回、注記として(This is a great reference to keep in your clerking kit!!!!)と書いてあるように、クラークになろうとする人やクラークになったばかりの人は自分の〝クラークセット〟に入れておくといいでしょう。

◆残念なのは、カラー/ディビジョンの順位を「×」印で入れていく問題がなくなったことです。(※下記画像は2019年のテスト)
191
クラークにとっては結構、ためになる問題なのですが、もしかすると問題を作る方にとっては面倒なのかもしれません。

◆もうひとつ残念だったのはBreedの略号を回答する問題がないことです。(※同)
Photo_20220704094501
新たなBreedが加わったり、略号が変更になることもあるので、何年かに1回ずつ出題した方がいいでしょう。

クラークの育成・養成にかかわる重要なテストでもあり、TICA Board Memberでもある次期TICA Asia East Directorにはどのような設問が必要か(あるいは欠かせないか)、積極的にClerking Administratorに提案や指摘をしていけるメンバーでなければならず、そうしないとクラークの〝質〟を維持していくことは難しくなります。

今回のテストの締切は10月1日です。

※「歴代TICA Asia Directorによる名誉毀損/ハラスメント訴訟:最高裁へ上告の理由」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で3日、新たに2万3299人の感染が確認されました。前週比63.7%増えています。

東京都で3日、新たに3788人の感染が確認されました。前週比89.0%増えています。

埼玉県で3日、新たに1232人の感染が確認されました。前週比77.8%増えています。

神奈川県で3日、新たに1815人の感染が確認されました。前週比70.9%増えています。

千葉県で3日新たに953人の感染が確認されました。前週比73.9%増えています。

大阪府で3日、新たに2010人の感染が確認されました。前週比77.2%増えています。

愛知県で3日、新たに1164人の感染が確認されました。前週比64.9%増えています。

福岡県で3日、新たに1271人(うち福岡市500人、北九州市158人)の感染が確認されました。前週比80.8%増えています。

北海道で3日、新たに617(うち札幌市320人)の感染が確認されました。前週比12.2%増えています。

« TICAクラーク資格更新テスト、締切は10月1日! | トップページ | 歴代TICA Asia Directorによる名誉毀損/ハラスメント訴訟:最高裁上告の理由⑥ »