2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

リンク

« WHO、今度は「サル痘」で「非常事態宣言」!! | トップページ | 「ケンタウロス」登場、連続して「第8波」の懸念も »

2022年7月26日 (火)

早くも「サル痘」が日本に上陸、「火傷のような痛み」も?

日本に上陸するのは時間の問題と思っていましたが、日本でも25日、「サル痘」の感染者が確認されました。

【「新型コロナ」と「サル痘」のダブル感染には注意を】

「サル痘」は病原性が低く、発症しても重症化することなく、新型コロナのような感染の急激な広がりもないと見られています。

感染経路も「接触感染」や「飛沫感染」ですから、普段から「新型コロナ」の感染防止対策をしっかりしていれば防げるはずです。

とにかく「新型コロナ」と「サル痘」のダブル感染だけは避けたいところです。

【「サル痘」による水疱は「火傷のような痛み」??】

とは言え、気になる報道も飛び込んできています。

ブラジルでの話ですが、「サル痘」感染者の体験談によると、「腕などにできた水疱が火傷(やけど)のように痛んだ」というのです。

単に「水疱」ができるだけでなく、痛みがあることも頭に入れておいた方がいいでしょう。

熱も出ますから、猫の世話などできる状態でないことは確かです。

【ワクチンあってもすぐ接種できず、治療法は未確立】

「天然痘」向けワクチンが有効であることは分かっていますが、私たちがすぐに接種できる状況にはなく、まだ未知な部分も多く、有効な治療法・治療薬は確立していません。
44e812f6369a46f8bb8985d39204ebdf
対症療法を試みながら自然治癒するのを待つしかないというのはやっかいです。

TICA Asia East Regionのメンバーにおかれましてはくれぐれも用心していただきたいと思います。

※「歴代TICA Asia Directorによる名誉毀損/ハラスメント訴訟:最高裁上告の理由」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で25日、新たに月曜日としては過去最多となる12万6576人の感染が確認されました。前週比66.1%増えています。

東京都で25日、新たに2万2387人の感染が確認されました。前週比76.3%増え、2万人を超えるのは6日連続です。

埼玉県で25日、新たに9264人の感染が確認されましたか。前週比64.3%増えています。

神奈川県で25日、新たに過去2番目に多い1万2495人の感染が確認されました。前週比32.3%増えています。

千葉県で25日新たに7320人の感染が確認されました。前週比75.1%増えています。

大阪府で25日、新たに7785人の感染が確認されました。前週比60.2%増えています。

愛知県で25日、新たに5018人の感染が確認されました。前週比54.0%増えています。

福岡県で25日、新たに8665人(うち福岡市2353人、北九州市1080人)の感染が確認されました。前週比2.07倍に増えています。

北海道で25日、新たに3361(うち札幌市1637人)の感染が確認されました。前週比2.22倍に増えています。

« WHO、今度は「サル痘」で「非常事態宣言」!! | トップページ | 「ケンタウロス」登場、連続して「第8波」の懸念も »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WHO、今度は「サル痘」で「非常事態宣言」!! | トップページ | 「ケンタウロス」登場、連続して「第8波」の懸念も »