2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

« 歴代TICA Asia Directorによる名誉毀損/ハラスメント訴訟:最高裁上告の理由④ | トップページ | 新型コロナ感染拡大、「第7波」への警戒を! »

2022年7月 1日 (金)

歴代TICA Asia Directorによる名誉毀損/ハラスメント訴訟:最高裁上告の理由⑤

◆クラブ代表/Judgeへの「アンケート」は虐め/嫌がらせになるか④

TICA Asia Region(現TICA Asia East Region)で行われた日本のクラブ代表/Judgeに対する「アンケート」(=意識調査)

これを学校での出来事に置き換えて思い描くと分かりやすいかと思います。

【「アンケート」が虐め/嫌がらせの手段になっていないか】

あるクラスの生徒が何かしたとして、そのクラスの担任の先生が他の生徒に「アンケート(意識調査)」をしようとした場合--

あるいは、そのクラスの生徒の誰かが「アンケート(意識調査)をして、その結果を担任の先生に提出しましょうよ」と呼び掛けた場合--

いずれであったとしても、その内容が、ある特定の生徒の学校内での活動を停止させたり制限したりするものであれば、その学校がよほど倫理と常識に反した校風や教育方針でない限り見て見ぬふりをすることはないでしょうし、PTAや教育委員会も沈黙を貫くとは思えません。

【〝私的制裁〟まがいの悪質なやり口にしか思えない】

百歩譲って、その生徒に何らかの落ち度や問題、瑕疵があり、学校から何らかの処分を受けたとしましょう。(もちろんその生徒はその処分に納得せず反発しています)

そうした場合、そのクラスの他の生徒や担任の先生を巻き込んで、さらに上乗せする形で、その生徒の活動を停止させたり制限したりすることが正しい行いと言えるでしょうか。

これこそ〝リンチ〟や〝私的制裁〟の名にふさわしい悪質なやり口であり、TICA Asia Regionで起きた出来事はまさにその類いと言えるような悍ましい出来事だったと言わざるを得ません。

【〝魔女狩り〟にも似た集団ヒステリックな状況】

あの時のTICA Asia Regionの雰囲気は魔女狩りにも似た集団ヒステリックな状況で、誰かが「あの人は魔女よ!」と叫べば、「そうよ、そうよ、あの人は魔女よ!」と口々に喚き散らすかのようであり、学校における虐め/嫌がらせも時にそうした状況を生みやすいことはご承知の通りです。

まともな組織であれば、誰かが止めるものですが、小さな趣味の世界だからか、そこに集まった子や孫もいるであろう世代の大人は、魔女狩りの恐ろしさも理解せぬまま、〝魔女狩り〟まがいの虐め/嫌がらせに興じ、多くのメンバーがその尻馬に乗って陰に陽に虐め/嫌がらせに加担していました。

次のTICA Asia East Region Directorには、何が虐め/嫌がらせに当たるのかしっかりと判断できるメンバーでなければならず、そうした動きが出始めた時には芽の段階でいち早く摘めるようでなければなりません。

(続く)

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で30日、新たに2万3448人の感染が確認されました。前週比40.6%増えています。

東京都で30日、新たに3621人の感染が確認されました。前週比50.1%増えています。

埼玉県で30日、新たに1172人の感染が確認されました。前週比52.2%増えています。

神奈川県で30日、新たに1242人の感染が確認されました。前週比53.7%増えています。

千葉県で30日新たに885人の感染が確認されました。前週比54.7%増えています。

大阪府で30日、新たに2193人の感染が確認されました。前週比75.9%増えています。

愛知県で30日、新たに1322人の感染が確認されました。前週比44.6%増えています。

福岡県で30日、新たに1316人(うち福岡市470人、北九州市132人)の感染が確認されました。前週比75.0%増えています。

北海道で30日、新たに645(うち札幌市286人)の感染が確認されました。前週比14.3%減りました。

« 歴代TICA Asia Directorによる名誉毀損/ハラスメント訴訟:最高裁上告の理由④ | トップページ | 新型コロナ感染拡大、「第7波」への警戒を! »