2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

リンク

« 歴代TICA Asia Directorによる名誉毀損/ハラスメント訴訟:最高裁上告の理由⑦ | トップページ | 歴代TICA Asia Directorによる名誉毀損/ハラスメント訴訟:最高裁上告の理由⑨ »

2022年7月 7日 (木)

歴代TICA Asia Directorによる名誉毀損/ハラスメント訴訟:最高裁上告の理由⑧

◆O氏を 「もはや狂気、常軌を逸した人物」と書いた事実ない①

平成26年2月5日のブログ記事に関し、高裁第12民事部は控訴審判決で次のように判示しました。

被控訴人××(O氏)は、平成26年2月以降のE○○主催のキャットショーで控訴人◎◎(アクトクラブ員)の出陳を拒否する措置を講じた。これに対し、控訴人屋和田は、同月5日にACCのブログにおいて、被控訴人××(O氏)について、『もはや狂気、常軌を逸した人物』などと書き込んだ上、犯罪組織や戦争を例えに出して被控訴人××(O氏)が超えてはならない一線を越えたとして、『背後に別の〝黒幕〟のような人物がいるのかも分かりませんが、少なくともTICAアジアの中に相応しくない人たちが紛れていることだけは確かなようです。』との記事を掲載した。これに対し、被控訴人××(O氏)は、同月9日、E○○の運営するサイトに上記記事に対する反論の記事を掲載した。本件記事7は、その記事の中で上記反論の一部として掲載されたものであった。(甲18、26、乙1、2、乙22の1~3)※「本件記事7」というのはO氏がオーナーのクラブサイトにO氏が掲載したお知らせを指します。

【O氏ではなくK氏について書いたブログだった】

しかし、平成26年2月5日のブログを読んでもらえれば一目瞭然ですが、そこには「出陳拒否だけでは飽きたりず、どうしてそんなことが出来るのか…」と書いているように、「出陳拒否」に対して書いたものではありませんでした。
140205
このブログは、「出陳拒否」だけでは「飽きたりず」、キャットショーという趣味の世界の出来事についてアクトクラブ員の勤務先に電話をかけ、懲戒解雇に追い込もうとした人物がおり、職を奪おうとまでした行為を「犯罪組織や戦争を例えに出して」「超えてはならない一線を越えた」と書いたものでした。

O氏について書いたのでないことは、このブログの中で「別の〝黒幕〟」と書いていることからも明らかです。

【O氏自ら法廷で〝黒幕〟がK氏であったと証言】

O氏は、別の裁判(東京地裁)の本人尋問において、その「別の〝黒幕〟」が、TICAアジアリジョンのセクレタリーやディレクターを歴任したK氏であることを法廷で証言しており、控訴審判決が重大な事実誤認をしていることは疑う余地がありません。

O氏が、ブログを斜め読みして勘違いしたか、正確に読み取った上で敢えて意図的にブログの趣旨と文脈を恣意的に捻じ曲げて私を陥れようとしたのか分かりませんが、O氏がオーナーのE○○が運営するクラブサイトに書き連ねたアクトの記事に対する反論は明らかに私やアクトに対する攻撃でした。

私の名誉を毀損し、虐め/嫌がらせに当たることは明らかだろうと私は今も思っています。

(続く)

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で6日、新たに4万5821人の感染が確認されました。前週比96.3%増えています。全都道府県で増え、25都府県は倍増以上。4万人を超えるのは5月18日以来です。

東京都で6日、新たに8341人の感染が確認されました。前週比2.19倍に増えています。8000人を超えるのは4月14日以来です。

埼玉県で6日、新たに2043人の感染が確認されました。前週比2.01倍に増えています。

神奈川県で6日、新たに3038人の感染が確認されました。前週比2.41倍に増えています。3000人を超えるのは約2カ月半ぶりです。

千葉県で6日新たに1659人の感染が確認されました。前週比2.09倍に増えています。

大阪府で6日、新たに4621人の感染が確認されました。前週比2.11倍に増えています。

愛知県で6日、新たに2737人の感染が確認されました。前週比1.91倍に増えています。

福岡県で6日、新たに2366人(うち福岡市1111人、北九州市334人)の感染が確認されました。前週比2.13倍に増えています。

北海道で6日、新たに821(うち札幌市353人)の感染が確認されました。前週比15.3%増えています。

« 歴代TICA Asia Directorによる名誉毀損/ハラスメント訴訟:最高裁上告の理由⑦ | トップページ | 歴代TICA Asia Directorによる名誉毀損/ハラスメント訴訟:最高裁上告の理由⑨ »