2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

リンク

« 新型コロナ「第7波」の特殊性と異常性 | トップページ | 早くも「サル痘」が日本に上陸、「火傷のような痛み」も? »

2022年7月25日 (月)

WHO、今度は「サル痘」で「非常事態宣言」!!

世界保健機関(WHO)が23日、「サル痘」の流行拡大について「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」とし、「非常事態宣言」をしました。

先週時点で、日本での感染は確認されていませが、75カ国から1万6000件以上の症例が報告され、WHOによる「非常事態宣言」は新型コロナに続くものとなります。

新型コロナの感染拡大に対する危機感に乏しいメンバーには「サル痘」は遥か彼方の自分に全く縁のない感染症だと考える人も多いかもしれません。

ただ、感染症専門家の間からは「今回の『サル痘』は人から人にうつっている可能性が高い新しい『サル痘』である」「若い世代がどんな状況になるのか予測不可能」--という2点で「『やばいな』という感覚がある」と本音を吐露した上で、「性質が変わっている以上、未知のウイルスと言ってもいいくらいだ」と指摘しています。

TICA Asia East Region Directorだけでなく、クラブオーナー/代表、Judge全員がこうした新たな感染症に対するアンテナを高く広く広げ、決して過小評価したり無視したりしないでいただきたいと思います。

【主な症状】
・発熱、頭痛、リンパ節腫脹などの症状が0-5日程度持続し、発熱1-3日後に発疹が出現。
・皮疹は顔面や四肢に多く出現し、徐々に隆起して水疱、膿疱、痂皮となる。
・多くの場合2-4週間持続し自然軽快するものの、小児例や、あるいは曝露の程度、患者の健康状態、合併症などにより重症化することがある。
・皮膚の二次感染、気管支肺炎、敗血症、脳炎、角膜炎などの合併症を起こすことがある。

(参考)厚生労働省「サル痘について」

※「歴代TICA Asia Directorによる名誉毀損/ハラスメント訴訟:最高裁上告の理由」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で24日、新たに日曜日としては過去最多で過去4番目に多いとなる17万6554人の感染が確認されました。前週比67.2%増え、茨城県と京都府で過去最多。15万人を超えるのは5日連続です。

東京都で24日、新たに日曜日としては過去最多となる2万8112人の感染が確認されました。前週比58.0%増え、日曜日として2万人を超えるのは初めてです。

埼玉県で24日、新たに過去2番目に多い1万2185人の感染が確認されました。前週比86.1%増えています。

神奈川県で24日、新たに過去2番目に多い1万2100人の感染が確認されました。前週比48.5%増えています。

千葉県で24日新たに8436人の感染が確認されました。前週比73.0%増えています。

大阪府で24日、新たに1万7445人の感染が確認されました。前週比61.5%増え、1万5000人を超えるのは5日連続です。

愛知県で24日、新たに1万1514人の感染が確認されました。前週比85.1%増え、1万人を超えるのは5日連続です。

福岡県で24日、新たに過去3番目に多い1万0758人(うち福岡市3292人、北九州市1878人)の感染が確認されました。前週比83.7%増えています。

北海道で24日、新たに4072(うち札幌市2126人)の感染が確認されました。前週比2.22倍に増え、4000人をこえるのは4日連続です。

« 新型コロナ「第7波」の特殊性と異常性 | トップページ | 早くも「サル痘」が日本に上陸、「火傷のような痛み」も? »