2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

« 新型コロナ、「ネコのくしゃみで人に感染」確認される | トップページ | 新たな団体「LCWW」の行動規範を考える⑧ »

2022年6月19日 (日)

新型コロナ新規感染者、首都圏で前週比増加へ

下欄の都道府県別新規感染者数を見てもお分かりのように、きのうの新規感染者数は全国ベースでは減少が続いているものの、首都圏(1都3県)ではわずかながらも前週比で増加しました。

減少傾向が続く中での一時的な増加なのか、夏に向けて増加する兆しなのか分かりませんが、今後、ショーを計画する主催クラブ/ショーコミッティーは頭に入れておいていただきたいと思います。

【「後遺症」への警戒感は緩められない】

このブログで何度も取り上げていますが、「後遺症」への懸念は依然として払拭できておらず、警戒が必要です。

後遺症として睡眠障害が1年以上続くこともあるとされ、精神科医はある報道で「『新型コロナはインフルエンザと同じ』などと主張する人もいますが、後遺症の重さ一つを取ってみても、より厳重に注意すべき感染症と言える」とコメントしていました。

専門家によると、新型コロナウイルスは神経細胞に入り込みやすい性質(向神経性)を持つため、容易に脳神経の内部に入り込むと言います。

猫のブリーダーには釈迦に説法でしょうが、ドライタイプのFIPの特徴として神経系に症状を出ることと同じなのではないでしょうか。

【新型コロナ後遺症「1年後も症状を訴える人が3割以上」】

厚生労働省の研究班が6月に発表した新型コロナ「後遺症」に関する調査によると、一昨年から去年にかけて感染して入院した1066人のうち、3割以上に1年後も倦怠感や息苦しさ、筋力・集中力低下など何らかの症状が残っていることが分かったとのことでした、

都内で「後遺症」患者を診察している医師によれば、これまでに診察した約4000人のうち仕事を休職した人は1000人以上、退職・解雇された人は180人に及ぶとの話も出ていました。

ワクチン接種が進み、治療薬の開発にも進展がありますが、「後遺症」に対する効果的な治療法がまだない点を忘れてはなりません。

【「後遺症」は決してまれに起こるものではない】
Photo_20220619105601
「後遺症」を軽視する人の中には、「後遺症」がまれに起きるものだという誤解があるような気がしますが、そうではありません。

確かに原因不明の「後遺症」もあり、新型コロナウイルスとの関係が解明されていないケースもありますが、「後遺症」に対する正しい理解をする努力は欠かせません。

ショーを計画する主催クラブ/ショーコミッティーにおいて「後遺症のことなんて知らないわ」では倫理的にも常識的にもあまりに無責任でしょう。

※「歴代Asia Director O氏による『附帯控訴』を検証する」「新たな団体『LCWW』の行動規範を考える」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で18日、新たに1万4837人の感染が確認されました。前週比3.3%減りました。

東京都で18日、新たに1681人の感染が確認されました。前週比10.2%増えています。

埼玉県で18日、新たに605人の感染が確認されました。前週比7.5%増えています。

神奈川県で18日、新たに895人の感染が確認されました。前週比15.2%増えています。

千葉県で18日新たに449人の感染が確認されました。前週比9.2%増えています。

大阪府で18日、新たに1255人の感染が確認されました。前週と同じでした。

愛知県で18日、新たに830人の感染が確認されました。前週比6.5%減りました。

福岡県で18日、新たに717人(うち福岡市234人、北九州市78人)の感染が確認されました。前週比9.0%減りました。

北海道で18日、新たに692(うち札幌市313人)の感染が確認されました。前週比20.6%減りました。

« 新型コロナ、「ネコのくしゃみで人に感染」確認される | トップページ | 新たな団体「LCWW」の行動規範を考える⑧ »

無料ブログはココログ