2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

リンク

« TICA Spring Board Meeting Agenda②ジャッジ料値上げ(45~47%アップ) | トップページ | TICA Spring Board Meeting Agenda④New Colorの定義と手続き »

2022年5月11日 (水)

TICA Spring Board Meeting Agenda③Genetics Committeeの役割

Amend Standing Rule 106.4.1.2(Genetics Committee Role)・・・ Genetics Committeeの役割

Genetics Committeeの役割について、さらに細かく規定し明確化するルール追加案が提出されています。

(注)公表されているAgendaにおいて106.1.2.3が2つ並んで記載されていますので、原文ママとしておきます。

Amend Standing Rule 106.4.1.2:
106.4.1.2 Genetics Committee.
The duties of the Genetics Committee shall include, but not be limited to:
106.4.1.2.1 To advise the Board of Directors in any matter relating to breeds, breeding, colors, deformities, changes in Registration Rules, or any other matter in the field of genetics.
106.4.1.2.2 To advise the Board on the addition of New Traits and New Colors based on the most current information available.
106.4.1.2.3 To work with and provide guidance to breeders developing New Traits and New Colors from the start of their development program to the approval decision.106.4.1.2.3 To advise the Executive Office of the New Traits and New Colors so the appropriate systems can be prepared.
106.4.1.2.4 To notify the Judging Administrator about New Traits and New Colors so the judges are aware of them.
106.4.1.2.5 To provide a written annual report about updates in genetic research to the Board on an annual basis at the Winter Board meeting.
(和訳)
Standing Rule 106.4.1.2改正案:
106.4.1.2 Genetics Committee.
Genetics Committeeの責務は次の通りだが、とおりとするが、これらに限られるものではない:
106.4.1.2.1 猫種、繁殖、カラー、奇形、Registration Rulesの変更又は遺伝学分野のその他の事項に関してBoardに助言すること。
106.4.1.2.2 New Traits及びNew Colorの追加について、入手可能な最新情報に基づきBoardに助言すること
106.4.1.2.3 New Traits及びNew Colorを創出するブリーダーに対し、創出プログラムのスタートから承認決定まで協力し、指導すること
106.4.1.2.3 New Traits及びNew Colorについて、TICA本部において適切なシステムを準備できるように助言すること
106.4.1.2.4 ジャッジがNew Traits及びNew Colorについて認識できるように、Judging Administratorに審査管理者に通知すること
106.4.1.2.5 毎年のWinter Board Meetingにおいて遺伝学的研究の最新情報について書面による年次報告をBoardに提出すること

提案者は改正の必要性について以下のように述べています。

Rationale:
Genetics is core to TICA’s foundation as a registry. This genetic foundation is a key differentiator for TICA as an organization. Today genetic research and knowledge is growing in leaps and bounds. TICA needs to grow with it and use it as a strategic advantage for growth. Currently information from all the research flows into the organization but is used primarily to inform the advice that the Genetics Committee provides to the Board. We are proposing a more active role for the Genetics Committee that would see more involvement with breeders in the actual development of New Traits and New Colors.
Benefits of this change include:
For the Board:
 ー Strategic differentiator: why do I want a kitten from a TICA breeder
 ー Strategic differentiator: why do I want to register with TICA
For Breeders:
 ー Access to genetic guidance from the start of their efforts
 ー Faster decisions regarding acceptance
 ー Improved access to genetic information
For the EO:
 ー Improved communication allowing for earlier information about potential changes
 ー Reduce confusion and the number of surprises
 ー Allow for faster response times to add/modify systems
For Judges:
 ー Improved communication about changes
 ー Improved availability of information earlier in the NT/NC development process
(和訳)理由
遺伝学は、TICAの登録機関としての基盤の中核となるものです。この遺伝学の基盤は組織としてのTICAにおいて重要なカギとなる差異化要因です。今日、遺伝子の研究と知識は飛躍的な成長を遂げています。TICAもそれに合わせて成長し、成長に向けた戦略的アドバンテージとして活用していく必要があります。現在、あらゆる研究からの情報はTICAにもたらされていますが、主にGenetics CommitteeがBoardに提供する助言のために使われています。私たちはGenetics Committeeがより積極的な役割を果たし、新たな形質やカラーの創出においてブリーダーがより多く関与することを提案します。

この変更には以下のような利点があります。

Boardにとって
 - 戦略的差異化要因:なぜ私はTICAブリーダーからの子猫を望むのか?
 - 戦略的差異化要因:なぜ私はTICAに登録したいのか?
ブリーダーにとって
 - 初期段階から遺伝学面のガイダンスを受けることができます。
 - 導入に関するより迅速な決定
 - 遺伝情報へのアクセス向上
米TICA本部にとって
 - コミュニケーションの改善により、潜在的な変化に関する情報をより早く知ることができる
 - 混乱と驚きの頻度を減らす
 - システムの追加・変更に迅速に対応できるようになる
ジャッジにとって
 - 変更に関するコミュニケーションの改善
 - New Trait/New Colorの創出プロセスにおける早い段階での情報入手の改善

※「歴代Asia Director O氏による『附帯控訴』を検証する」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で10日、新たに4万2164人の感染が確認されました。前週比38.3%増えています。 

東京都で10日、新たに4451人の感染が確認されました。前週比32.6%増えています。

埼玉県で10日、新たに1474人の感染が確認されました。前週比44.4%増えています。 

神奈川県で10日、新たに2203人の感染が確認されました。前週比2.14倍になっています。 

千葉県で10日新たに1154人の感染が確認されました。前週比11.5%増えています。 

大阪府で10日、新たに4240人の感染が確認されました。前週比27.8%増えています。 

愛知県で10日、新たに3000人の感染が確認されました。前週比55.4%増えています。 

福岡県で10日、新たに2251人(うち福岡市459人、北九州市192人)の感染が確認されました。前週比21.3%増えています。 

北海道で10日、新たに2400(うち札幌市630人)の感染が確認されました。前週比39.7%増えています。

« TICA Spring Board Meeting Agenda②ジャッジ料値上げ(45~47%アップ) | トップページ | TICA Spring Board Meeting Agenda④New Colorの定義と手続き »