2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

リンク

« プーチンの「打倒ネオナチ」を支持するロシア国民 | トップページ | TICA Spring Board Meeting Agenda②ジャッジ料値上げ(45~47%アップ) »

2022年5月 9日 (月)

TICA Spring Board Meeting Agenda①ショー日程の入れ方

5月20~22日に開催されるTICA Spring Board MeetingのAgenda(議案)が公表されましたので、主なルール改正案をご紹介します。

◆Amend Show Rule 22.1.2(Show Dates)・・・ショー日程の入れ方について

ショー日程の入れ方についてはShow Ruleで以下のように規定されていますが、新たに「10日間の期間内において同一Region内でのショーの競合を避ける」ための規定を加えるという追加改正案になります。

※日本においては事情もこれまでの経緯も全く異なるため、賛成しかねるとの意見が多数を占めるかと思いますが、「日本はショーの数が多い」と思っているメンバーにとってはショーの回数を減らす効果が見込めると言えます。

(現状)
22.1.2 Show Dates. When a club desires a show date from the Regional Director, they may request that date in writing. After 30 days, there being no response from the Regional Director, the club may proceed with the show date, scheduling it through the Executive Office by providing the Executive Office with a copy of the written request.
 22.1.2.1 The Regional Director may only deny a club a specific show date if there is a previously scheduled TICA show within 500 miles (805 kilometers) or in the same region on the requested weekend.
 22.1.2.2 If there are multiple show requests for the same show weekend, shows may be held within 500 miles (805 kilometers) of each other only with both A and B below:
  A. Written permission from the show managers, and
  B. Written permission of the regional director or regional directors if the show requests are from multiple regions. The first club that requests a show date is authorized to have the show.

【追加案】(※黄色のマーカーと下線は改正内容を理解しやすいよう私が付けました)
22.1.2.3 The Regional Director may deny a club a specific show date if there is a previously scheduled TICA show within 200 miles (321 kilometers) and within 10 days of the requested show.

22.1.2.4 If there are multiple show requests for shows within 10 days of each other, such shows may be held within 200 miles (321 kilometers) of each other only with both A and B below:
 A. Written permission from the show managers, and
 B. Written permission of the regional director or regional directors if the show requests are from multiple regions. The first club that requests a
show date is authorized to have the show.

※上記追加案が成立した場合は現状の22.1.2.3を22.1.2.5に変更するとともに、その中のルールのナンバリングも追加案に従って修正

提案者は追加案の必要性について、以下のように述べています。

In general, everyone is happy with more shows as more shows means more opportunities for exhibitors to go to shows at different times during the year. However, putting up a show is a large financial risk for most clubs especially when two shows are scheduled too close each other. Currently our rules only cover the situation when shows are scheduled on the same weekend. The proposal is to add a rule which covers the situation when two shows are scheduled within one week of each other. It will help prevent two shows targeting the same local exhibitor population. Clubs with large financial funds can carry a loss but smaller clubs cannot (and may have to close down in the end).
(和訳)一般的にショーが増えることは出陳者にとってショーに行く機会が増えることになり、みんなが喜びます。しかし、ショーを開催することは、ほとんどのクラブにとってクラブ会計面で大きなリスクとなります。特に2つのショーがあまりに近い間隔で予定されている場合はなおさらです。現状、私たちのルールはショーが同じ週末に予定されている場合にのみ適用されます。今回の提案は2つのショーが1週間以内に予定されている状況をカバーするルールを追加することです。これは、同じRegionの出陳者人口を対象にした2つのショーが相次ぎ開催されるのを防ぐのに役立ちます。会計に余裕のあるクラブは損失を賄えますが、小さいクラブはそういうわけにもいきません(最終的には閉会せざるを得ないおそれもあります)。

これに対して、Rules Committeeの委員長コメントも出ています。

Rules Chair Note: From discussion it was clear that the financial impact of visitors varies among regions. However, although gate is one of many factors, it was not the primary driving force behind the proposal. It was also clear that while campaigners will travel long distances to attend shows, non-campaigners may not. Shows (and clubs) need a balance of both types of exhibitors to survive.
(和訳)議論から、エントリーの財務面への影響がRegionによって異なることが明らかになりました。しかし、エントリー数は多くの要因の1つではあるものの、この提案の重要な役割を担うとまでは言えない。また、キャンペーンをしている(ショーで走っている)出陳者はショー参加のため長距離を移動するが、そうでない出陳者はそうではないかもしれません。ショー(とクラブ)が存続していくためには両タイプの出陳者のバランスが必要となります。

※「歴代Asia Director O氏による『附帯控訴』を検証する」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で8日、新たに3万9328人の感染が確認されました。前週比56.2%増えています。

東京都で8日、新たに4711人の感染が確認されました。前週比49.0%増えています。

埼玉県で8日、新たに1920人の感染が確認されました。前週比59.7%増えています。

神奈川県で8日、新たに1987人の感染が確認されました。前週比3.0%増えています。

千葉県で8日新たに1233人の感染が確認されました。前週比20.5%増えています。

大阪府で8日、新たに3324人の感染が確認されました。前週比47.6%増えています。

愛知県で8日、新たに2307人の感染が確認されました。前週比61.6%増えています。

福岡県で8日、新たに2375人(うち福岡市736人、北九州市548人)の感染が確認されました。前週比50.8%増えています。

北海道で8日、新たに3115(うち札幌市1394人)の感染が確認されました。前週比68.0%増え、3000人を超えるのは10日ぶりです。

« プーチンの「打倒ネオナチ」を支持するロシア国民 | トップページ | TICA Spring Board Meeting Agenda②ジャッジ料値上げ(45~47%アップ) »