2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

リンク

« 歴代Asia Director O氏による「附帯控訴」を検証する㊶ | トップページ | コロナ重症者の後遺症は「20歳老化」に相当? »

2022年5月20日 (金)

歴代Asia Director O氏による「附帯控訴」を検証する㊷

◆5◆Aisa Region封筒で自身のクラブのショー案内を送っても〝公私混同〟にならない?①

附帯控訴人で、TICAアジアディレクターを通算3期9年間務めたO氏がアジアディレクターだった2015年9月のこと--。

アジアリジョンの封筒でアワード入賞証書が送られてきた際に、O氏がオーナーのクラブのショーフライヤー(2015年10月17~18日)が同封されていた問題。

【誰がどう見ても〝公私混同〟以外にあり得ない】

本来であれば、アジアリジョンの配布物という〝公〟のものと、自分がオーナーのクラブの配布物という〝私〟のものは区別されるべきでしたが、〝公私混同〟であったと疑問が生じ、アクトのブログでもそのことを指摘しました。

これに対しO氏側は附帯控訴状で、次のように主張したのです。

「原判決は、「被告(附帯被控訴人)において、アジアリジョンの費用によって上記各配布物が送付されたと信ずるについて相当の理由があるというべきである」 と判断する。しかしながら、附帯被控訴人はアジアリジョンの封筒に他のキャットクラブの案内が同封されていたことを主たる根拠として、アジアリジョンの費用によって当該案内が送付されたと軽信し、原資について一切の調査をしなかったものであり、このことに相当な理由はない」--。(注)「被告(附帯被控訴人)」は私のことです。

【私が「軽信」したとする主張は根拠に欠ける】

私が、①アジアリジョンの封筒に他のキャットクラブの案内が同封されていたことを主たる根拠として、②アジアリジョンの費用によって当該案内が送付されたと軽信し、③原資について一切の調査をしなかった--

よって、私が「アジアリジョンの費用によって上記各配布物が送付されたと信ずるについて相当の理由がある」とは言えない(=相当な理由はない」と、主張しているのです。

しかし、①についてはこの封筒を受け取った多くのメンバーが(〝公私混同〟を容認/黙認しない限り)、疑問視したであろうことは論をまたないでしょう。

何より、私は自分がこの封筒に気付く前に、TICA Asia Regionメンバーから指摘を受けていたのです。

【リジョンの封筒にアワード証書が入っていた事実】

アジアリジョンの封筒を使い、その中にアワード入賞証書が入っていたわけですから、誰がどう見てもアジアリジョンの費用で送られてきたと見るのが相当です。

そうであるにもかかわらず、それを早合点の「軽信」だと言って、あたかも指摘した方に非があるかのように責めるのは、根拠なき誹謗中傷に他なりません。

良識と常識によって考えれば、「アジアリジョンの費用によって当該案内が送付された」以外に考えられず、もしその他の費用負担方法があったとするなら、そちらの方こそ非常識で常軌を逸したやり方と言えることは間違いないでしょう。

(続く)

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

大阪府における新型コロナによる死者が19日、全国の都道府県で初めて5000人を超えました。

日本全国で19日、新たに3万9642人の感染が確認されました。前週比5.0%減りました。

東京都で19日、新たに4172人の感染が確認されました。前週比1.0%減りました。

埼玉県で19日、新たに1536人の感染が確認されました。前週比13.4%減りました。

神奈川県で19日、新たに1673人の感染が確認されました。前週比9.1%減りました。

千葉県で19日新たに1167人の感染が確認されました。前週比5.4%減りました。

大阪府で19日、新たに3156人の感染が確認されました。前週比4.1%減りました。

愛知県で19日、新たに2406人の感染が確認されました。前週比3.4%増えています。

福岡県で19日、新たに2271人(うち福岡市695人、北九州市382人)の感染が確認されました。前週比%減りました。

北海道で19日、新たに2811(うち札幌市1154人)の感染が確認されました。前週比11.5%減りました。

« 歴代Asia Director O氏による「附帯控訴」を検証する㊶ | トップページ | コロナ重症者の後遺症は「20歳老化」に相当? »