2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

リンク

« 歴代Asia Director O氏による「附帯控訴」を検証する㉒ | トップページ | 「第7波」&新変異株「オミクロンXE」に警戒を! »

2022年4月 9日 (土)

最高裁に上告:TICA歴代アジアディレクターによる名誉毀損&嫌がらせ裁判

TICA歴代アジアディレクターによる名誉毀損&嫌がらせ裁判の控訴審「判決」で、私たち控訴人側の請求が退けられたことを受け、6日付で最高裁に上告しました。(※画像は加工・短縮してあります)
00
上告するかしないか、いろいろな判断基準があり、人それぞれかと思いますが、今回は主に以下の5項目を考え上告することにしました。

一、控訴審「判決」は控訴人として納得できるものではなく、受け入れることができないものであること

二、控訴人として主張がある以上、主張することをあきらめることは良くないことであり、最後まで闘い続けるべきであること

三、上告を断念することは〝泣き寝入り〟につながりかねないこと

四、小さな趣味の世界における「いじめ」「嫌がらせ」「ハラスメント」を放置してはならず、未来における健全な趣味の世界の確立に向け、公式な記録に残しておくべきであること

五、上告するに当たっては期限があり、後になって上告すれば良かった…などと後悔しないため

特に、上記四については、裁判で勝った負けた…とは別に、私は極めて重要なことだと思っており、何らかの記録に残しておかなければ、時の経過とともに無かったことになってしまうわけです。

記録に残らず、何事も無かったことになれば、「知らぬ存ぜぬ」「気付かなかった」などと傍観者を装うメンバーにとっては好都合なことかもしれませんが、声を上げず自浄作用を働かせようともせず見て見ぬふりをする傍観者もまた〝加害者〟であることを分からせるためにもあらゆる手段を使って記録に残せるものは残し、歴史に刻むことで反省材料にしていくことが大切であると私は思っています。

※「歴代Asia Director O氏による『附帯控訴』を検証する」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で8日、新たに5万1953人の感染が確認されました。前週比5.5%増えています。

東京都で8日、新たに8112人の感染が確認されました。前週比1.6%増えています。

埼玉県で8日、新たに3580人の感染が確認されました。前週比11.2%減りました。

神奈川県で8日、新たに3717人の感染が確認されました。前週比1.8%増えています。

千葉県で8日新たに2627人の感染が確認されました。前週比2.6%増えています。

大阪府で8日、新たに3908人の感染が確認されました。前週比6.5%増えています。

愛知県で8日、新たに2853人の感染が確認されました。前週比6.1%増えています。

福岡県で8日、新たに2876人(うち福岡市1067人、北九州市540人)の感染が確認されました。前週比15.9%増えています。

北海道で8日、新たに2216(うち札幌市1059人)の感染が確認されました。前週比9.0%増えています。

« 歴代Asia Director O氏による「附帯控訴」を検証する㉒ | トップページ | 「第7波」&新変異株「オミクロンXE」に警戒を! »