2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

リンク

« きょう「判決」、歴代Asia Directorによる名誉毀損&嫌がらせ裁判控訴審 | トップページ | 歴代Asia Director O氏による「附帯控訴」を検証する⑫ »

2022年3月24日 (木)

歴代Asia Director O氏による「附帯控訴」を検証する⑪

◆2015年7月16日のブログは「虚偽」か?①

附帯控訴人でTICA歴代アジアディレクターのO氏は、附帯控訴状において「記事4は虚偽であり、附帯被控訴人において真実と信ずるについて相当の理由がない」と主張しました。

※「記事4」とは2015年7月16日(木)のブログ「此の期に及んでなお(2)」であり、「附帯被控訴人」は私のことです。

【O氏は〝虚偽〟報告した事実自体は認めた?】

附帯控訴人のO氏は、「記事4において附帯被控訴人は『私には現アジアディレクターが自分の都合のいいように事実を捻じ曲げて虚偽報告を次々とボードに上げたのだろうと思わざるを得ない』と記載しているものである。『次々と』との記載からすれば、附帯被控訴人は附帯控訴人が数多くの虚偽報告をボードに上げたとの事実を記載したものである」と断じました。

ここで私が不思議に思うのは、O氏側がなぜ「次々と」という表現にこだわって主張したかという点です。

私はこのブログで、「やはり『一事が万事』。私には現アジアディレクターが自分の都合のいいように事実を捻じ曲げて虚偽報告を次々とボードに上げたのだろうと思わざるを得ないのです」と書きましたが、O氏としては「次々と」という言葉を入れず、「私には現アジアディレクターが自分の都合のいいように事実を捻じ曲げて虚偽報告をボードに上げたのだろうと思わざるを得ないのです」と書けば良かったというこのなのでしょうか。

【〝虚偽〟報告は「ぽつりぽつり」「途切れ途切れ」?】

「次々」という日本語は「物事が次から次へと続くさま」(小学館「デジタル大辞泉」)ですから、附帯控訴人でTICA歴代アジアディレクターのO氏は、〝虚偽〟報告はしたが、それは「次から次へ」でも「続けて」でもなく、「ぽつりぽつりと」あるいは「途切れ途切れに」〝虚偽〟報告をした…と書くべきだったと言いたいのでしょうか。

しかし、TICA Boardメンバー経験者として、TICAのJudgeとして、〝虚偽〟報告をするなどたった1回であっても絶対に許されるものではないことは、一般のTICAメンバーであれば全員が同意するはずです。

あたかも〝虚偽〟報告が「次々と」でなければ問題ないかのような主張は、TICA Boardメンバー経験者として、TICAのJudgeとしての良識と常識を疑わせ、〝恥〟をさらすようなものであろうと私は思います。

【控訴における裁判戦術としても得策とは思えない】

この主張を巡り、TICA歴代アジアディレクターのO氏が強くこだわった結果なのか、代理人弁護士が〝苦肉の策〟で考え出したものなのか、私は知る由もありません。

はっきり言えるのは、私がO氏の立場であれば、このような主張を絶対にしなかったということであり、私の代理人弁護士もしなかっただろうということです。

仮に私の代理人がこのような主張を控訴状に書こうとしたなら、私は応じなかったと思います。

(続く)

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で23日、新たに4万1038人の感染が確認されました。前週比29.1%減りました。

東京都で23日、新たに6430人の感染が確認されました。前週比37.1%減りました。

埼玉県で23日、新たに2114人の感染が確認されました。前週比46.2%減りました。

神奈川県で23日、新たに2892人の感染が確認されました。前週比35.9%減りました。

千葉県で23日新たに2061人の感染が確認されました。前週比36.8%減りました。

大阪府で23日、新たに4790人の感染が確認されました。前週比16.5%減りました。

愛知県で23日、新たに3158人の感染が確認されました。前週比16.2%減りました。

福岡県で23日、新たに1696人(うち福岡市812人、北九州市411人)の感染が確認されました。前週比31.4%減りました。

北海道で23日、新たに1224(うち札幌市577人)の感染が確認されました。前週比36.7%減りました。

« きょう「判決」、歴代Asia Directorによる名誉毀損&嫌がらせ裁判控訴審 | トップページ | 歴代Asia Director O氏による「附帯控訴」を検証する⑫ »