2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

リンク

« 歴代Asia Director O氏による「附帯控訴」を検証する② | トップページ | 歴代Asia Director O氏による「附帯控訴」を検証する③ »

2022年3月 7日 (月)

始まりはいつも事実と異なる非合理的な「口実」・・・

2013年4月29日のアクトショーで「アクトがルール違反をした」という〝罪〟をなすり付けるような「口実」で始まったアクト〝壊滅〟作戦--。

ロシア側が「ウクライナ東部でロシア語を話す民間人をウクライナ当局が根絶しようとしている」などという主張を口実に、ロシアがウクライナに侵攻したのとダブらせて考えてしまうのは私だけでしょうか。

【プーチンの主張はほとんどが事実と異なるか非合理的

プーチン大統領は「ウクライナの『非軍事化』と『非ナチス化』を実現するのだ」と述べていたとも伝えられていますが、プーチン大統領の主張に対しては多くの西側諸国が「事実と異なる」か「非合理的」であると〝断罪〟しています。

アクト叩き、屋和田潰しの「口実」を口にする人たちの主張も、ほとんどが「事実と異なる」か「非合理的」であったことは、みなさんもよくご存知のはずです。

小さな趣味の世界では、多くのメンバーが「事実か否か」「合理的か非合理的か」を検証することなく鵜呑みにし、多くの〝傍観者〟がアクト叩きに加わったことも忘れてもらっては困ります。

【「出陳拒否」という小さな趣味の世界の〝武力〟行使】

ロシアはウクライナに対し、理不尽な武力行使による侵攻を開始したわけですが、小さな趣味の世界においても「出陳拒否」という、これまでの良識と倫理、常識では考えられない理不尽な〝武力〟行使がありました。

隣国ベラルーシもロシアと共同歩調を取っていますが、小さな趣味の世界も同じで、〝首謀〟クラブの他に2つのクラブが「出陳拒否」で足並みを揃えました。

しかし、それ以上、「出陳拒否」で共同歩調を取るクラブはなく、当の3つのクラブもどういう訳かある時を境に「出陳拒否」を止めました。

【健全な発展と自由、安全・安心を脅かしているのは誰か】

健全な民主主義の発展と自由の堅持、国民の安全・安心を脅かしているのは誰か? ロシアなのかウクライナなのか--。

同じことは小さな趣味の世界に関しても言え、健全な組織の発展、メンバーの自由、安全・安心を脅かしているのは誰なのでしょうか。

「グル」になって特定のクラブ/メンバーを〝袋叩き〟にして追い出そうとしているのは誰なのでしょうか。

小さな趣味の世界の理不尽な出来事については、9年あまりという長い歳月がかかりましたが、ようやく真実が明らかになりつつあると私は思っています。

※「歴代Asia Director O氏による『附帯控訴』を検証する」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆政府は「まん延防止等重点措置」について18都道府県(北海道、青森、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、石川、岐阜、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、香川、熊本)を21日まで延長する一方、6日で期限を迎える13県(福島、新潟、長野、三重、和歌山、岡山、広島、高知、福岡、佐賀、長崎、宮崎、鹿児島)は解除しました。

日本全国で6日、新たに5万3969人の感染が確認されました。前週比15.3%減りました。

東京都で6日、新たに9289人の感染が確認されました。前週比10.0%減りました。

埼玉県で6日、新たに4174人の感染が確認されました。前週比15.7%減りました。

神奈川県で6日、新たに5393人の感染が確認されました。前週比5.3%減りました。

千葉県で6日新たに3181人の感染が確認されました。前週比9.7%減りました。

大阪府で6日、新たに5432人の感染が確認されました。前週比19.0%減りました。

愛知県で6日、新たに3053人の感染が確認されました。前週比29.7%減りました。

福岡県で6日、新たに2391人(うち福岡市910人、北九州市336人)の感染が確認されました。前週比17.2%減りました

北海道で6日、新たに1804(うち札幌市1036人)の感染が確認されました。前週比26.7%減りました。

« 歴代Asia Director O氏による「附帯控訴」を検証する② | トップページ | 歴代Asia Director O氏による「附帯控訴」を検証する③ »