2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

リンク

« 歴代Asia Director O氏による「附帯控訴」を検証する⑧ | トップページ | 無関心と傍観、使命感のない組織の中で㊤ »

2022年3月18日 (金)

歴代Asia Director O氏による「附帯控訴」を検証する⑨

◆2◆KCF閉会はアクトのブログが原因か?⑥

この問題が起きた経緯を知らないTICAメンバーもいると思うので、具体的経緯を記しておくことにします。

【始まりはO氏によるTICA Boardへの〝虚偽〟報告】

附帯控訴人でTICA歴代アジアディレクターのO氏がTICA法律顧問を通じ、下記の報告をTICA Boardに提出したことから始まりました。
Kcf01
あまりに唐突にKCFの閉会についての言及があり、アクトのブログのせいだと言うのです。

マーカーで記した部分がKCFの閉会に関するくだりであり、日本語に訳すと次のようになります。

「キングダムキャットファンシャーズ(日本で3番目に古いクラブ)は、私がディレクターである限り、そのクラブを守ることを決めました。しかし、彼女ら/彼らは、ACTのウエブサイトのために、2014年4月30日にクラブを閉じるつもりであると、私たちに話しました。ACTの悪行は、古いTICAのファンの想像を絶するものでした」--

【「ACTの悪行」というレッテル貼りと誹謗中傷】

O氏はこの「報告」において、「ACTのウエブサイトのために」とはっきり書きました。

しかし、「ために」と書きながら、具体的な理由は全く触れず、当時、私は一瞬、狐につままれたような気がし、すぐ激しい怒りが湧き上がりました。

根拠なき誹謗、事実無根の中傷と私が強く憤る理由はここにあります。

【O氏は「クラブを守る」?ために一体、何をしたか】

O氏は「そのクラブを守ることを決めました」とも書いていますが、何から守ろうとし、守るために実際に何をしたのでしょうか。

「守る」というと聞こえはいいかもしれませんが、結果として閉会したわけですから、守りも守れもしなかったということになります。

〝虚偽〟報告でアクトを悪者にし、自分は正義の〝ヒロイン〟になったつもりであるかのようであり、それをTICA Boardにアピールしたかっただけ…と思わずにはいられません。

(続く)

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で17日、新たに5万3587人の感染が確認されました。前週比12.4%減りました。

東京都で17日、新たに8461人の感染が確認されました。前週比16.1%減りました。

埼玉県で17日、新たに4073人の感染が確認されました。前週比5.7%減りました。

神奈川県で17日、新たに5268人の感染が確認されました。前週比12.8%減りました。

千葉県で17日新たに3182人の感染が確認されました。前週比17.5%減りました。

大阪府で17日、新たに5009人の感染が確認されました。前週比20.8%減りました。

愛知県で17日、新たに2786人の感染が確認されました。前週比7.1%減りました。

福岡県で17日、新たに2473人(うち福岡市633人、北九州市426人)の感染が確認されました。前週比14.0%減りました。

北海道で17日、新たに1824(うち札幌市925人)の感染が確認されました。前週比9.9%減りました。

« 歴代Asia Director O氏による「附帯控訴」を検証する⑧ | トップページ | 無関心と傍観、使命感のない組織の中で㊤ »