2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

リンク

« 歴代Asia Directorによる名誉毀損&嫌がらせ裁判:控訴理由書㊷ | トップページ | CFAのBGスタンダード変更について㊥ »

2022年2月11日 (金)

CFAのBGスタンダード変更について㊤

Photo_20220210150301
------------------------------------
CFA Boardにおいてベンガル(BG)のStandard変更が認められましたので、参考までにご紹介します。

×Proposal 1 最大の焦点の「DQ」変更は否決・・・71人のBreed Committeeメンバーのうち62人が投票し、53人が賛成しましたが(9人が反対)、Boardでは否決されました。(※Board Member12人が反対、2人が賛成)

DISQUALIFY: Rosetted / Spotted Tabby, Marble Tabby, Charcoal Tabby, Snow Tabby Patterns – Belly not patterned. Any distinct locket on neck, chest, abdomen, or anywhere else. Kinked, or otherwise deformed tailVisible kink in tail. Cow hocking. Crossed eyes.

×Proposal 2 上記「DQ」変更に関連した変更も否決・・・「DQ」変更が認められなかった場合の代替案として「Penalize」の変更が提案されましたが、49人が賛成したものの(13人が反対)、Boardによって否決されました。(同上)

PROPOSED (If Proposal #1 Passes): Penalize tail faults appropriately in the Penalize Section.

PENALIZE: Rosetted/Spotted Tabby Pattern – Rosettes or spots running together vertically forming a mackerel tabby pattern. Marble Tabby Pattern – Circular bull’s eye pattern. Snow Tabby Pattern – Substantially darker point color as compared to color of body markings. Palpable tail faults.

※「Papable」という用語はTICAのStandardでは出て来ないと思いますが、「容易に分かる/明白な/触診可能の」という意味になります。

「DQ」の対象として「Kinked, or otherwise deformed tail」が維持されることになりました。

ちなみにTICAのBG Standardにおける「tail fault」による「DQ」は「visible or invisible tail faults if Board approved standard requires disqualification(216.12.4)」と規定され、「ALLOWANCES」「PENALIZE」「WITHOLD ALL AWARDS 」は以下となっています。

ALLOWANCES: Smaller size, in balanced proportion of females. Slightly longer coat in kittens. Jowls in adult males. Eyes slightly almond shaped. Mousy undercoat. Paw pads not consistent with color group description.

PENALIZE: Spots on body running together vertically forming a mackerel tabby pattern on spotted cats; circular bulls-eye pattern on marbled cats; substantially darker point color (as compared to color of body markings) in Seal Sepia, Seal Mink, or Seal Lynx Point cats EXCEPT in the case of any Charcoal Sepia, Charcoal Mink or Charcoal Lynx Point cats. Any distinct locket on the neck, chest, abdomen or any other area.

WITHOLD ALL AWARDS (WW): Belly not patterned.

Proposal 3  General descriptionのCoatを巡る表現の変更・・・71人のBreed Committeeメンバーのうち62人が投票し、51人が賛成し(11人が反対)、Boardで可決されました。
 
PROPOSED: : In the General description, change “preferably” to “may be” with regards to glitter and remove the term “silky” from the General section coat description.

The Bengal is a medium to large cat with a sleek, muscular build. Boning is substantial. Hindquarters slightly higher than shoulders. The tail is thick, with rounded tip, and carried lower than the back. The Bengal’s head, expressive nocturnal look, and stunning markings give the breed a wild appearance. The coat is like no other: short, close lying, soft, silky to the touch, luxurious, and preferably may be glittered. Bengals are alert and active, with inquisitive, dependable dispositions. Males are generally larger than females.

※Coat Textureの表現で「silky to the touch」を「close lyning」に変更するとともに、「Glitter」については「preferable」から「may be」に変更になりました。

「preferable」は「選ぶに値する/より望ましい/より好ましい/一層良い/勝る」という意味で、「may be」は「かも知れない」という意味合いですから、「Glitter」の優位性はなくなったと見ていいでしょう。

この点ではTICAのBG Standardと同じになったと言えます。

Proposal 4 COATの規定に関する変更・・・71人のBreed Committeeメンバーのうち62人が投票し、50人が賛成し(12人が反対)、Boardで可決されました。

PROPOSED: In the COAT section, remove preference for glitter and the allowance for longer coats in kittens.

COAT: With qualities unique to the breed, the Bengal coat is Short, close lying, soft, silky, luxurious, and ideally glittered with minimal resilience. May be glittered (iridescent shimmer to the coat, caused by light reflection or refraction at hair tips). Allowance for slightly longer coat in kittens.

※General descriptionの変更と整合性を取るものであり、「silky」が削除され、「Glitter」に関しても「ideally」(理想的)ではなくなり、「may be」に過ぎないものとなりました。TICAのBG Standardにはありませんが、「resilience」と言う言葉が使われ、「最小限の弾力性」が加わりました。

(続く)

※「歴代Asia Directorによる名誉毀損&嫌がらせ裁判:控訴理由書」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で10日、新たに過去4番目に多い9万9695人の感染が確認されました。前週比5.0%増で9万人を超えるのは3日連続です。

東京都で10日、新たに1万8891人の感染が確認されました。前週比8.6%減りました。前週比で減少するのは2日連続です。

埼玉県で10日、新たに過去4番目に多い5947人の感染が確認されました。前週比5.7%増となっています。

神奈川県で10日、新たに8681人の感染が確認されました。前週比22.4%増で、8000人を超えるのは6回目です。

千葉県で10日新たに過去最多を更新する6604人の感染が確認されました。前週比41.7%増で、6000人を超えるのは初めてです。

大阪府で10日、新たに1万2828人の感染が確認されました前週比34.6%減りました。

愛知県で10日、新たに6122人の感染が確認されました。前週比5.1%増で、6000人を超えるのは2日連続5回目です 。

福岡県で10日、新たに4659人(うち福岡市1678人、北九州市699人)の感染が確認されました。前週比11.6%減りました

北海道で10日、新たに過去最多を更新する4098(うち札幌市2204人)の感染が確認されました。前週比8.2%増で、4000人を超えるのは2回目です。

« 歴代Asia Directorによる名誉毀損&嫌がらせ裁判:控訴理由書㊷ | トップページ | CFAのBGスタンダード変更について㊥ »