2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

« TICAのクイックサーベイへのご協力のお願い | トップページ | 【TICA】2022 Winter Board Meeting ルール改正案⑦ »

2022年1月26日 (水)

【TICA】2022 Winter Board Meeting ルール改正案⑥

Photo_20220125224401
------------------------------------
新しいカラーがSiberian Breed Committeeから提案されています。(※発音が正しいかどうか分かりませんが、日本語では「コリン」と訳すことにします。

◆Amend UCD 74.7 and 78.1(Add CORIN gene and associated colors)

Add new 74.7.5 and re-number current 74.7.5 as 74.7.6

74.7.5 CORIN tabby. CORIN Tabby is a unique wide-band trait, first found in three native Russian breeds (Siberians, Kurilian Bobtails, and Toybobs). A variant in the CORIN gene influences the activity of the Agouti Signaling Protein (ASIP), pushing eumelanin to the end of the hair shaft resulting in wide bands of brighter phaeomelanin. Tabby markings are visible in these bands except in ticked tabbies. The amount of eumelanin decreases and the brighter phaeomelanin increases as the cat approaches maturity. This trait can be expressed in both silver and non-silver cats. CORIN Gold cats exhibit a warm undercoat tone, lightening of the tabby marks, a white or off-white area around the nose that may include the nose tip, eumelanin colored paw pads, and a pink nose lacking the usual tabby eumelanin outline. CORIN Silver cats exhibit a "bimetallic" coloration, where the cat exhibits silver tabby hairs, most prominently on the back of the cat, but also displays phaeomelanin expressing hairs, most commonly on the legs and belly. While CORIN has pushed the eumelanin to the end of the hairs, the Inhibitor gene is unable to erase all pigment from the agouti bands leaving a gold band between the white base and the eumelanistic tip of the hair shaft. All patterns of CORIN tabby are possible, in all eumelanistic colors, including torbies.
74.7.5 コリン・タビー コリンタビーは、ロシア原産の3猫種(サイベリアン、クリリアンボブテイル、トイボブ)で初めて発見されたユニークなwide-band形質である。コリン遺伝子の変異がAgouti Signaling Protein (ASIP)の活性に影響を与え、eumelaninを毛幹の末端に押しやり、明るいphaeomelaninのwide bandを生じさせる。タビーマークは、ticked tabbyを除き、これらのbandの中に見える。成猫になるにつれてeumelaninの量は減少し、明るいphaeomelaninが増える。この特徴はシルバーの猫でもそうでない猫でも発現する。コリンゴールドの猫はアンダーコートのトーンが暖かく、タビーマークは薄くなり、鼻の周りが白又はオフホワイトで、鼻先も含まれることがあり、肉球はeumelaninの色となり、通常のタビーのeumelaninの輪郭がないピンクノーズを示す。コーリンシルバーはシルバータビーの毛が背中に多く、phaeomelaninを表現する毛が足や腹に多く見られる「bimetallic」な色合いを示す猫である。コリンはeumelaninを毛の先端に押し出すが、Inhibitor gene(阻害遺伝子)はagouti bandから全ての色素を消すことができず、白いベースとeumelaninの毛の先端の間に金色のバンドを残す。トービーを含むすべてのeumelanicのカラーにおいてコリンタビーの全てのパターンが可能となる。

◆Amend 74.7.6: Add the following note at the bottom of the Tabby Color Chart table:

3= CORIN Gold & CORIN Silver – all patterns including & White (Siberian, Kurilian Bobtail and Toybob only)

78.1.2 CORIN Tabbies
CORIN is not the same as Carnelian or Copal. Carnelian/Copal is an MC1R mutation whereas CORIN is not.
78.1.2.1 CORIN Gold Tabby (Black, Chocolate, Cinnamon, Blue, Lilac, Fawn) – The base color is restricted to the hair tips resulting in large areas of bright phaeomelanin. Tabby markings may appear in these areas except for ticked tabbies. Fully mature cats may not display any tabby markings. There is a white or off-white area around the nose that may include the nose tip. Nose leather is pink with no tabby nose liner. Torbies will show little difference between the hair tip and the rest of the hair shaft in their phaeomelanistic areas. Allow visible eumelanistic patterns in kittens that change as the kitten ages. Paw Pads and Tail Tip correspond to the base color of the cat. (See Supporting Information 2)
78.1.2 コリンタビー
CORINは、CarnelianやCopalとは異なる。Carnelian/Copal は MC1R変異であるが、CORINはそうではない。
78.1.2.1 CORIN Gold Tabby(ブラック、チョコレート、シナモン、ブルー、ライラック、フォーン) - ベースカラーは毛先に限定され、明るいphaeomelaninの大きなエリアとなる。タビーマークはticked tabbyを除き、これらの領域に現れることがある。完全に成熟した猫ではタビーマークが現れないこともある。鼻の周りに白またはオフホワイトの領域があり、鼻先も含まれることがある。Nose leatherはピンク色で、タビーのnose linerはない。トービーはphaeomelaninの部分で毛先とそれ以外の毛軸の差がほとんど見られない。子猫のうちに年齢とともに変化する目に見えるeumelanisticなパターンは許容。肉球と尾の先端は猫のベースカラーに対応する。(補足情報2を参照のこと)

78.1.2.2 CORIN Silver Tabby (Black, Chocolate, Cinnamon, Blue, Lilac, Fawn) – The base color is restricted to the hair tips resulting in a mantle of color on the back of the cat. The Inhibitor trait makes the lower part of the hair shaft white. CORIN interacts with the Inhibitor trait allowing some level of bright phaeomelanin between the white band of silver and the colored hair tip. The gold band looks as though it is floating in the hair shaft and cats with this effect are sometimes referred to as bimetallic in color. Often the silver band and the gold band are equal in amount. Tabby marks are seen in these bands unless the pattern is ticked. Eumelanistic color is apparent on the dorsal side of the cat and the tail, particularly the tail tip; phaeomelaninistic color is strongest on the ventral side of the cat and on the legs where eumelanistic barring may be apparent. There is a white or off-white area around the nose that may include the nose tip. Nose leather is pink without the usual tabby noseliner. These colors are slow to develop. Paw Pads and tail tips correspond to the base color of the cat. Allow for visible eumelaninistic patterns in kittens that change as the kitten ages. Homozygous CORIN Silvers have a visible golden band between the colored hair tip and the white of the silver at the base of the hair. Heterozygote CORIN Silvers do not have this same clear banding and may have partial nose liner. Homozygous expression of the gold band floating between the silver white and the colored hair tip is preferred. Paw Pads and Tail Tip correspond to the base color of the cat.
78.1.2.2 コリン・シルバータビー(ブラック、チョコレート、シナモン、ブルー、ライラック、フォーン) - ベースカラーは毛先に限定され、猫の背中に色のマント(外套)をもたらす。Inhibitor trait(阻害形質)により、毛幹の下部は白色になる。コリンはInhibitor trait(阻害形質)と相互作用し、シルバーの白いバンドと色のついた毛先との間にある程度の明るいphaeomelaninを許容する。ゴールドのバンドは毛幹の中に浮いているように見え、この効果を持つ猫は「bimetallic in color」と呼ばれることがある。シルバーのバンドとゴールドのバンドが同量であることが多い。タビーマークは、tickedでない限り、このバンドの中に見られる。Eumelanisticカラーは猫の背中側と尾、特に尾の先端にはっきり現れ、phaeomelaninisticカラーは猫の腹側と足に最も強く現れ、eumelanistic barringが見られることもある。鼻の周りには白またはオフホワイトの領域があり、鼻先も含まれることがある。Nose leatherはピンク色で、通常のタビーのnose linerはない。これらの色は発達(発色)するのが遅い。肉球と尾の先端は猫のベースカラーに対応する。子猫の目に見えるeumelanisticなパターンが、年齢とともに変化することを許容する。Homozygous CORIN Silver(ホモ接合体のコリンシルバー)は、色の付いた毛先と毛の根元のシルバーの白の間に、目に見えるゴールドのバンドがある。Heterozygote CORIN Silver(ヘテロ接合体のコリンシルバー)はこのようなはっきりとしたバンドがなく、部分的に鼻筋が通っていることがある。シルバーの白とカラーの毛先の間に浮かぶゴールドのバンドは、Homozygous expression(ホモ接合体の発現)が望ましい。肉球と尾の先端は猫のベースカラーに対応する。

78.1.2.3 CORIN Gold Lynx Point (Black, Chocolate, Cinnamon, Blue, Lilac, Fawn) and CORIN Silver Lynx Point (Black, Chocolate, Cinnamon, Blue, Lilac, Fawn). The descriptions above for the CORIN Gold Tabby and CORIN Silver Tabby apply to the CORIN Gold Lynx Points and the CORIN Silver Lynx Points. The CORIN Gold Lynx Points have a brighter appearance from gold coloration in the points. In CORIN Silver Lynx Points the gold band between the colored hair tip and the white base may not be visible, particularly in shorthairs. Any shading on the body of CORIN Gold Lynx Points or on CORIN Silver Lynx Points may have a golden tone to it. When evaluating kittens, check the legs which should be lighter in color and check the backs of the ears where you will be able to see the golden coloration.
78.1.2.3 コリン Gold Lynx Point(ブラック、チョコレート、シナモン、ブルー、ライラック、 フォーン)及びコリン Silver Lynx Point(ブラック、チョコレート、シナモン、ブルー、ライラ ック、フォーン)。上記のコリン Gold Tabbyとコリン Silver Tabbyの説明は、コリン Gold Lynx Pointとコリン Silver Lynx Pointにも当てはまる。コリン Gold Lynx Pointsはポイントに金色が入ることにより、より明るい印象になる。コリン Silver Lynx Pointsは、特に短毛種の場合にカラーの毛先とホワイトベースの間のゴールドバンドが見えない場合がある。コリン Gold Lynx Pointsのボディやコリン Silver Lynx Pointsのボディにあるshadingは、ゴールド調である場合がある。子猫を評価する際には足の色が薄くなっていることと、耳の裏側が金色になっていることを確認すること。

参考:コリン・タビーの画像(TICA 2022 Winter Board Meeting Agendaから抜粋)
Photo_20220120200201
(続く)

※「歴代Asia Directorによる名誉毀損&嫌がらせ裁判:控訴理由書」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

◆政府は25日、栃木、茨城、長野、静岡、福岡など18道府県に「まん延防止等重点措置」の適用を決めました。期間は27日から2月20日までで、適用対象は34都道府県になります。今月末までとしていた広島、山口、沖縄の3県の期限も2月20日まで延長することになりました。

日本全国で25日、新たに過去最多を更新する6万2630人の感染が確認されました。前週比1.9倍に増え、栃木、愛知、静岡、福岡、群馬など30都府県で過去最多。6万人を超えるのは初めてです。

東京都で25日、新たに過去最多を更新する1万2813人の感染が確認されました。前週比2.5倍に増え、1万人を上回るのは2回目です。

埼玉県で25日、新たに過去2番目に多い3166人の感染が確認されました。前週比1.9倍に増え、3000人を超えるのは2日連続です。

神奈川県で25日、新たに過去2番目に多い4131人の感染が確認されました。前週比1.9倍に増え、4000人を超えるのは2日連続です。

千葉県で25日新たに過去最多を更新する3251人の感染が確認されました。前週比2.2倍に増え、3000人を超えるのは初めてです。

大阪府で25日、新たに過去最多を更新する8612人の感染が確認されました。前週比1.6倍に増え、8000人を超えるのは初めてです。

愛知県で25日、新たに4120人の感染が確認されました。前週比1.9倍に増え、4000人を超えるのは初めてです。

福岡県で25日、新たに3389人(うち福岡市人、北九州市人)の感染が確認されました。前週比2.5倍に増え、3000人を超えるのは2日連続です。

北海道で25日、新たに1536(うち札幌市620人)の感染が確認されました。前週比2.2倍に増え、1500人を超えるのは5日連続です。

« TICAのクイックサーベイへのご協力のお願い | トップページ | 【TICA】2022 Winter Board Meeting ルール改正案⑦ »

無料ブログはココログ