2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

« 【TICA】2022 Winter Board Meeting ルール改正案④ | トップページ | TICAのクイックサーベイへのご協力のお願い »

2022年1月24日 (月)

【TICA】2022 Winter Board Meeting ルール改正案⑤

新たなパターンの追加がLa Perm Breed Committeeから提案されています。

◆Amend UCD 73.8.2, 74.7.5, 78.2 (Add Karpati pattern)

Karpati Pattern:
Karpati is a unique pattern found in the domestic population in the Carpathian Mountain region that delays or restricts the development of pigment in the hair shaft. It occurs in combination with all colors and patterns and is inherited as a dominant trait, independent of any other color or pattern. Karpati has 3 unique aspects: shading and amelanistic (white) hairs in the coat, with lighter extremities (most notable on face, ear tips, and feet). The body has amelanistic hairs interspersed with normal pigmented hairs throughout the cat’s coat. The further away from the spine, the greater the percentage of amelanistic hairs resulting in the lighter appearance of the extremities. The shading is significantly lighter than the base coat covering up to 50% of the hair shaft and contains fully melanistic hairs and fully amelanistic hairs, from tip to root. It should not be confused with a bad smoke or unsound color. Phaeomelanistic colors are slower to develop. Allow for kittens to have white shading due to delayed color development.

※発音が正しいかどうか分かりませんが、日本語では「カルパチア山脈」にちなみ「カルパチ・パターン」と訳すことにします。

カルパチ・パターン
カルパチは、カルパチア山脈地域の家畜に見られる独特のパターンで、毛幹の色素の発達が遅れたり、制限されたりするものである。あらゆるカラーやパターンと組み合わせて発生し、他のカラーやパターンとは無関係にdominant trait(優性形質)として遺伝する。カルパチには3つの特徴がある:被毛にshadingとamelanistic(白、※1)の毛があり、四肢(顔、耳先、足が最も顕著)が明るい。体は猫の被毛全体に通常の色素を持つ毛に混じりamelanisticな毛が散在している。背骨から離れるほどamelanisticの毛の比率が高くなり、その結果、四肢が明るく見えるようになる。shadingはベースコートよりもかなり明るく、毛幹の50%まで及び、毛先から毛根まで完全にmelanistic(黒、※2)とamelanisticが含まれる。bad smokeや不健康な色と混同してはならない。Phaeomelanistic(赤、※3)のカラーは発達(発色)が遅い。発達(発色)の遅れのために、子猫においてはwhite shadingを持つことを許される。

◆Add 73.8 in 73 Tortoiseshell Divisions

73.8 Torties with the Karpati pattern may have white patches in the phaeomelanistic areas when young and may never develop color in those areas.
73.8 カルパチ・パターンのトーティーは、若いうちはphaeomelanisticの部分にwhite patch(白の斑点)があることがあり、その部分はカラーとして発達(発色)しないことがある。

◆Add 74.7.5 in 74.7 Tabby (Torbie) Pattern Modifications

74.7.5 Karpati Pattern
74.7.5.1 The amelanistic hairs can blur tabby patterns
74.7.5.2 In eumelanistic areas of a torbie with the Karpati pattern, the grey shading may have a brown tinge.
74.7.5.3 Torbies with the Karpati pattern may have white patches in the phaeomelanistic areas.
74.7.5 カルパチ・パターン
74.7.5.1 amelanisticの毛はタビーパターンをぼかすことがある
74.7.5.2 カルパティ・パターンのトービーのeumelanistic(※4)の部分は、grey shadingが茶色味がかっている(brown tinge)ことがある。
74.7.5.3 カルパチ・パターンのトービーは、phaeomelanisticの部分にwhite patch(白い斑点)のあることがある。

78.2 Pattern Effects
78.2.1 Karpati Pattern
Karpati is a unique pattern found in the domestic population in the Carpathian Mountain region that delays or restricts the development of pigment in the hair shaft. It occurs in combination with all colors and patterns and is inherited as a dominant trait, independent of any other color or pattern. See Glossary of Terms for a fuller description
78.2 パターン効果
78.2.1 カルパチ・パターン
カルパチとは、カルパチア山脈地域の家畜に見られる独特のパターンで、毛幹の色素の発達(発色)が遅れたり、制限されたりするものである。あらゆるカラーやパターンと組み合わせて発生し、他のカラーやパターンとは無関係にdominant trait(優性形質)として遺伝する。より詳しい説明は用語集を参照。

※1)メラニンという色素の欠乏を特徴とする色素異常で、いわゆる「アルビノ」を出現させる
※2)黒い色素で皮膚や毛に濃い色のメラニン色素が多く発生する
※3)メラニンの一種で、赤色を呈する色素を生成する
※4)メラニンの一種で、褐色や黒色を呈する色素を生成する

参考①カルパチア山脈地域
Photo_20220120195101
参考②カルパチ・パターンの画像(TICA 2022 Winter Board Meeting Agendaから抜粋)
Jpg
(続く)

※「歴代Asia Directorによる名誉毀損&嫌がらせ裁判:控訴理由書」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で23日、新たに5万0024人の感染が確認されました。前週比2.0倍増え、栃木、茨城、長野県など9県で過去最多を更新。5万人を超えるのは2日連続です。

東京都で23日、新たに日曜日としては過去最多となる9468人の感染が確認されました。前週比2.3倍に増え、9000人を超えるのは3日連続です。

埼玉県で23日、新たに過去2番目に多い2525人の感染が確認されました。前週比1.8倍に増え、2500人を超えるのは2日連続です。

神奈川県で23日、新たに過去最多を更新する3794人の感染が確認されました。前週比2.2倍に増え、3500人を超えるのは初めてです。

千葉県で23日新たに過去最多を更新する2382人の感染が確認されました前週比2.0倍に増え、2000人を超えるのは3日連続です。

大阪府で23日、新たに6219人の感染が確認されました。前週比1.7倍に増え、6000人を超えるのは3日連続です。

愛知県で23日、新たに3050人の感染が確認されました。前週比2.7倍に増え、3000人を超えるのは4日連続です。

福岡県で23日、新たに過去3番目に多い2646人(うち福岡市1104人、北九州市552人)の感染が確認されました。前週比約2.1倍に増え、2000人を超えるのは5日連続です。

北海道で23日、新たに1591(うち札幌市903人)の感染が確認されました。前週比2.3倍に増え、1000人を超えるのは5日連続です。

« 【TICA】2022 Winter Board Meeting ルール改正案④ | トップページ | TICAのクイックサーベイへのご協力のお願い »

無料ブログはココログ