2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

« 歴代Asia Directorによる名誉毀損&嫌がらせ裁判:控訴理由書㉞ | トップページ | 「軽症」済み、「重症化リスク」が低いと言っても… »

2022年1月 7日 (金)

自己責任強いられる「第6波」への備えは大丈夫ですか?

日本医師会の中川会長が6日、「新型コロナは全国的に第6波に突入したと考えている」と〝宣言〟したそうですが、私はもっと前からそう思いましたし、多くの国民もそう意識していたはずです。

【今さら何を言ってるのか…と呆れ果ててしまう】

きのう、おとといあたりから国や地方自治体の長や担当者が様々な発言をしていますが、誰のどの発言を聞いても「今さら何を言っているのか…」と呆れてしまうのは私だけでしょうか。

「何を寝ぼけたことを言っているの?」と言いたいぐらいです。

「第5波」が収束した時点から「第6波」の襲来は想定されていましたし、デルタ株が猛威を振るった時点でさらに新たな変異株の出現も予想されていました。

【「まん延」してから「まん防」要請という〝愚の骨頂〟】

「まん延防止等重点措置」の要請についても同じです。

「まん延」の定義にも拠るとは思いますが、私の目には「まん延」してから「まん延防止等重点措置」を検討し要請したように映ります。

もしかすると国や地方自治体の長や担当者においては、「医療の逼迫」だけしか眼中になく、その意味で現在の状態も「想定の範囲内」ということなのかもしれません。

そのことは小池都知事の発言からもうかがえます。

【「自己責任」による個々人の徹底した感染防止策しかない】

私には「自己責任」による個々人の徹底した感染防止策しかないように思えてなりません。

この年末年始も従来と同じように「不要不急」の外出を控え、今年も初詣には行きませんでした。

「自己責任」というと聞こえがいいかもしれませんが、要はやるべき立場にいる人がやるべきことはいくらでもあるのに何もせず(あるいは何かをやったかのように装うだけで実質的・事実上、無為無策や不作為を決め込み)、個人に「自己責任」を押し付けているだけといえます。

国・地方自治体から小さな趣味の世界まで、全く同じ堅固な構造ががっちり築かれていると思えてなりません。

※「歴代Asia Directorによる名誉毀損&嫌がらせ裁判:控訴理由書」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で6日、新たに4478人の感染が確認されました。前週比8.7倍に増え、4000人を超えるのは昨年9月18日以来です。

東京都で6日、新たに641人の感染が確認されました。前週の木曜日に比べ10倍に増えています。

埼玉県で6日、新たに150人の感染が確認されました。

神奈川県で6日、新たに152人の感染が確認されました。

千葉県で6日新たに111人の感染が確認されました。前週比14倍近く増えています。

大阪府で6日、新たに505人の感染が確認されました。前週比9.7倍に増えています。

愛知県で6日、新たに159人の感染が確認されました。前週比9.4倍に増え、100人を超えるのは昨年9月30日以来です。

福岡県で6日、新たに80人(うち福岡市35人、北九州市10人)の感染が確認されました。前週比26.7倍に増えています。

北海道で6日、新たに74(うち札幌市28人)の感染が確認されました。

« 歴代Asia Directorによる名誉毀損&嫌がらせ裁判:控訴理由書㉞ | トップページ | 「軽症」済み、「重症化リスク」が低いと言っても… »

無料ブログはココログ