2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

« 「軽症」済み、「重症化リスク」が低いと言っても… | トップページ | どんな世界にもいる「利己的なうそつき」その信奉者の怖さ »

2022年1月 9日 (日)

新型コロナはもはや季節性インフルエンザと同じ??

変異株が急速にオミロン株に置き換わる中、「新型コロナはもはや季節性インフルエンザと同じ」との話が広がっているとのことです。

季節性インフルエンザに近づいているとしても、足元の現状でそう考えるのは早計であって、まさかそんな話を信じ込んでいるメンバーが猫界にいるとは思いませんが、万が一にでも居ると困るのでいくつか指摘しておくことにします。

【ワクチンの有効性と飲み薬の有無】

まず、ワクチンの有効性と飲み薬の有無を合わせて比較すべきでしょう。

新型コロナの飲み薬もようやく出て来ましたが、広く普及しているわけではありません。

ワクチンの有効性も飲み薬の有無とその有効性も季節性インフルエンザの方が比べものにならないぐらい高いわけですから、「新型コロナはもはや季節性インフルエンザと同じ」と言えないことが分かります。

【季節性インフルエンザの〝後遺症〟とは?】

このブログで何度も取り上げていますが、新型コロナの恐ろしいところのひとつに「後遺症」があります。

季節性インフルエンザでも後遺症はあるのかもしれませんが、新型コロナに比べれば極めて少なく症状も軽いのではないでしょうか。

新型コロナは後遺症の症状の範囲が広いのと期間が長いのが特徴であり、後遺症に対する有効な治療法も確立していません。

それでもなお、「新型コロナはもはや季節性インフルエンザと同じ」と主張するのでしょうか。

【家族や友人・知人に移してしまったら…】

季節性インフルエンザも感染力という意味では強い部類に入るでしょう。

しかし、ワクチンの有効性と飲み薬の有無、そして後遺症のことも考え合わせれば、家族や友人・知人に移してしまった時の後悔と悔恨は季節性インフルエンザの比ではありません。

「新型コロナはもはや季節性インフルエンザと同じ」という情報が目に飛び込んで来たとしても、その理由と根拠をしっかり自分の頭で考えなければならないというわけです。

※「歴代Asia Directorによる名誉毀損&嫌がらせ裁判:控訴理由書」は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で8日、新たに8480人の感染が確認されました。前週比15.9倍に増え、8000人を超えるのは昨年9月11日以来です。

東京都で8日、新たに1224人の感染が確認されました。前週の土曜日に比べ約15.5倍に増え、1200人を超えるのは昨年9月11日以来です。

埼玉県で8日、新たに332人の感染が確認されました前週比23.7倍に増えています。

神奈川県で8日、新たに354人の感染が確認されました。前週比17.7倍に増えています。

千葉県で8日新たに239人の感染が確認されました。前週比約18倍に増えています。

大阪府で8日、新たに891人の感染が確認されました。前週比12.7倍に増えています。

愛知県で8日、新たに398人の感染が確認されました。前週比28.4倍に増えています。

福岡県で8日、新たに229人(うち福岡市96人、北九州市41人)の感染が確認されました。前週比12.7倍に増えています。

北海道で8日、新たに132(うち札幌市60人)の感染が確認されました。100人を超えるのは昨年9月15日以来です。

« 「軽症」済み、「重症化リスク」が低いと言っても… | トップページ | どんな世界にもいる「利己的なうそつき」その信奉者の怖さ »

無料ブログはココログ