2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« 「メンバーシップ・バロット日本語版」の杜撰な翻訳は見過ごせない⑥ | トップページ | アクトブログ巡る名誉毀損裁判:控訴理由書㊤ »

2021年11月23日 (火)

「控訴理由書」を提出! 名誉毀損&嫌がらせ裁判/アクトブログ名誉毀損裁判

歴代のTICA Asia Region(現TICA Asia East Region)DirectorであったO氏とT氏による私とアクトクラブ員に対する名誉毀損&嫌がらせ裁判と、アクトのブログによるO氏に対する名誉毀損裁判について、東京高裁に控訴し、先週「控訴理由書」を提出しました。

両事件は、東京地裁では同じ民事50部が担当し、同じ裁判官が「判決」を言い渡しましたが、高裁においては前者が第12民事部、後者が第16民事部と、別々の裁判官が審理することになりました。

第1回期日はO氏とT氏による私とアクトクラブ員に対する名誉毀損&嫌がらせ裁判が1月14日午後1時40分(東京高裁824号法廷)、アクトのブログによるO氏に対する名誉毀損裁判が1月25日午前10時(同808号法廷)です。

後者の裁判ではO氏が訴えた40本のブログのうち39本について請求が棄却されたため(実際に審理したのは35本)、O氏が「判決」を不服として控訴したかどうか不明ですが、私が控訴したことを受けて「付帯控訴」(=控訴審の手続中に控訴に付帯して原判決に対する不服を主張する申し立て。 被控訴人(O氏)は控訴権消滅後であっても口頭弁論が終結するまでは付帯控訴できる)つもりかもしれません。

なお、私たちが提出した「控訴理由書」について明日からこのブログで紹介したいと思います。

「判決」でどこにどのような問題があるか、TICAメンバーであればよく分かるはずです。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で22日、新たに今年最少となる50人の感染が確認されました。

東京都で22日、新たに今年最少となる6人の感染が確認されました。前週の月曜日に比べ14.3%減りました。

埼玉県で22日、新たに3人の感染が確認されました。

神奈川県で22日、新たに10人の感染が確認されました。

千葉県で22日新たに4人の感染が確認されました。

大阪府で22日、新たに5人の感染が確認されました。

愛知県で22日、新たに5人の感染が確認されました。

福岡県で22日、新たに1人(うち福岡市0人、北九州市1人)の感染が確認されました。

北海道で22日、新たに6(うち札幌市4人)の感染が確認されました。

« 「メンバーシップ・バロット日本語版」の杜撰な翻訳は見過ごせない⑥ | トップページ | アクトブログ巡る名誉毀損裁判:控訴理由書㊤ »

無料ブログはココログ