2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« 【ルール改正案①】Amend Bylaw 122.2 (「プロテスト」の手続き-その1-) | トップページ | 【ルール改正案③】Amend Show Rule 212.3.1(アルターのファイナル要件) »

2021年8月17日 (火)

【ルール改正案②】Amend Standing Rule 1022.2 (「プロテスト」の手続き-その2-)

「プロテスト」の申し立て料について、2つの改正案が別々のメンバーから提出されています。

【「プロテスト」の料金体系に関する改正案①】Amend Standing Rule 1022.2 (プロテストの申し立て料)

TICA法律顧問からは「プロテスト」する際の料金体系について、紙のページ単位ではなく、デジタル化に対応しファイルごとにすべきであるとする改正案を提出しています。

1022.2.1 The fee for filing a complaint or protest shall be based upon the number of single-sided pages electronic files submitted, which must include including the complaint form and any attachments and documentation. All fees shall be payable by cash, credit card, certified check or money order.

1022.2.1.1 The filing fee for ten pages or less a single electronic file shall be $75.

1022.2.1.2 The filing fee for more than ten pages a single electronic file shall be $75, PLUS $5 for each page over ten additional file.

1022.2.1.3 There shall be no fee for filing a response as a single electronic fileof ten pages or less. For each page over ten additional file, the fee shall be $5 per filepage.

1022.2.1.4 In the event that a hard copy of the complaint is filed, the filing fee shall be $75.

1022.2.1.5 The Executive Office and/or Legal Counsel may reject any files not submitted in a readable format or request that they be reformatted so that they become readable and/or easily transmittable.

(1022.2.1.4と1022.2.1.5の和訳)
1022.2.1.4 訴状のハードコピーを提出する場合、提出料は75ドルとする。

1022.2.1.5 事務局および/または法律顧問は、読み取り可能な形式で提出されていないファイルを拒否するか、または読み取り可能および/または容易に送信可能となるようにファイルの再フォーマットを要求することができる。

【「プロテスト」の料金体系に関する改正案②】Add Standing Rule 1022.2.1.4 (プロテストの申し立て料)

一方、別のメンバーからは現状の料金体系を維持した上で、TICA Boardが「プロテスト」の有効性が確認され、申し立てた側の主張が通った場合には申し立てた際に支払った「プロテスト」料金を返金する改正案を提出しています。

1022.2.1.4 The entire filing fee will be refunded if the final Board decision is in favor of the complainant. The fee paid by the person filing the complaint will be refunded if the Board finds that the complaint is proven.

(改正後の和訳)
1022.2.1.4 理事会の最終決定が申立人に有利なものであった場合、申請料は全額返金されます。苦情を提出した人が支払った手数料は、理事会が苦情が証明されたと判断した場合に返金されます。

◎私の個人的な見解から言えば、両方とも改正案が通ることで、メンバーにとってはより「プロテスト」を提出しやすくなり、費用負担の軽減にもつながると考えています。

※「Asia East Region公式サイトの議事録『和訳』で理解できる?」 は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

政府は16日、東京、埼玉、大阪など6都府県に出している「緊急事態宣言」を9月12日まで延長するとともに、新たに栃木県や茨城県、静岡県など7府県に20日から9月12日まで「緊急事態宣言」を発令する方針を決めました。

日本全国で16日、新たに1万4845人の感染が確認されました。また重症者数は4日連続で過去最多を更新し1603人となっています。

東京都で16日、新たに2962人の感染が確認されました。前週の月曜日に比べ2.7%増え、重症者数も過去最多を更新し268人になっています。

埼玉県で16日、新たに1301人の感染が確認されました。1000人を超えるのは5日連続です。

神奈川県で16日、新たに過去最多となる2584人の感染が確認されました。2000人を超えるのは4日連続で、2500人を超えるのは初めてです。

千葉県で16日、新たに過去最多を更新する1609人の感染が確認されました。1000人を超えるのは5日連続で、1500人を超えるのは初めてです。

大阪府で16日、新たに964人の感染が確認されました。

愛知県で16日、新たに571人の感染が確認されました。月曜日としては過去最多です。

福岡県で16日、新たに679人(うち福岡市283人、北九州市79人)の感染が確認されました。

北海道で16日、新たに356(うち札幌市220人)の感染が確認されました。

« 【ルール改正案①】Amend Bylaw 122.2 (「プロテスト」の手続き-その1-) | トップページ | 【ルール改正案③】Amend Show Rule 212.3.1(アルターのファイナル要件) »

無料ブログはココログ