2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

« 東京地裁「尋問」、〝セカンドハラスメント〟の場ではない㉓ | トップページ | 「コロナに打ち勝った証」としてショーを開催? »

2021年8月11日 (水)

東京地裁「尋問」、〝セカンドハラスメント〟の場ではない㉔

当時のアジアディレクターT氏の東京地裁での「尋問」のやり取りを忠実になぞれば、私が「2階級降格になったのは」「4月29日のショーを行ったから」であり、そのことは「ジャッジングプログラムにも書いてあります」ということになり、というふうにTICAの人は言っているということになります。

さらに尋問のやり取りは下記のように続き、T氏の証言を踏まえれば、そのことについてTICAは私に伝えている…ということになるのです。

------------------------------------
原告代理人:「いや、屋和田さんが2階級降格になったのは、なぜですか」

T氏:「その4月29日のショーを行ったからです」

原告代理人:「というふうに、TICAの人は言っているんですか」

T氏:「そうですね。ジャッジングプログラムにも、書いてありますけれども」

原告代理人:「そのことは、TICAは屋和田さんに伝えているんですか」

T氏:「伝えております」

原告代理人:「いつ、伝えたんですか」

T氏:「・・・、ボード、その会議、1度・・・、私と一緒にメールが来てるんですね。けれども、屋和田さんは受け取っていないというふうに言っておりましたけれども、多分メールアドレスが違っていたのか、それとも聞いていなかったのかというところは定かではないです」

原告代理人:「それは、あなたはそのメールをお持ちなんですか」

T氏:「持っております」
------------------------------------

【T氏が証言したことは何ひとつ伝えられていない!】

しかし、私はTICAから、私の「2階級降格」について、それは「4月29日のショーを行ったから」であり、そのことは「ジャッジングプログラムにも書いてあります」などと伝えられた事実はありません。

また、そのような経緯や事情が「ジャッジングプログラムにも書いてあります」とも伝えられた事実はないのです。

T氏はその時のメールを「持っております」と証言しているわけですから、そのメールに、私が「2階級降格になったのは」「4月29日のショーを行ったから」であり、そのことは「ジャッジングプログラムにも書いてあります」と書いてあると言い張るのであれば、証拠として提出すべきでしょう。

【なぜ「証拠」として提出しないのか大いなる疑問】

歴代アジアディレクターT氏を巡っては、裏付け証拠を一切提出せずに主張だけする場面が目立ちます。

書証の提出など必要ないという裁判戦略なのかもしれませんが、それ自体としては許されるとしても、同じTICAメンバーの常識と倫理に適っているかという点では疑問です。

主張するに当たってはその理由と根拠を示すことが民主主義社会に生きる社会人としての最低限のルールとマナーであるとするなら、しっかり裏付け証拠を示し、その上で主張すべきでしょう。

裏付け根拠なく相手に嫌疑をかける主張だけするのは誹謗中傷と同じであり、TICAメンバーとしての常識と倫理に反していると言われても仕方ありません。

【なぜ「2階級降格」なのか判断根拠も明らかにせず】

米TICA本部もTICA Boardも、そして当時のアジアディレクターであったT氏も一切明らかにしていませんが、なぜ「1階級」の降格ではなく、「2階級」の降格であったのか、その正当な理由も根拠も明らかにされないまま8年が過ぎました。

〝量刑〟の妥当性すらしっかりと議論されなかったのは、そもそも罰する正当な理由も合理的根拠もなかったからであるとしか思えません。

裁判所がどのような判断を下すのか分かりませんが、T氏による一連の証言が〝セカンドハラスメント〟に当たるかどうかはまた別に争われなければならないでしょう。

※「Asia East Region公式サイトの議事録『和訳』で理解できる?」 は休みました。

====================================

【注目ニュース】※随時更新しています。

日本全国で10日、新たに1万578人の感染が確認されました。1万人を超えるのは8日連続です。また重症者は過去最多の1230人になりました。

東京都で10日、新たに2612人の感染が確認されました。前週の火曜日に比べ29.6%減りましたが、きのうまで3連休だったことを考え合わせる必要があります。

また重症者数は過去最多の176人(これまでの最多は1月20日時点の160人)になりました。

埼玉県で10日、新たに1166人の感染が確認されました。1000人を超えるのは8日連続です。

神奈川県で10日、新たに1572人の感染が確認されました1500人を超えるのは6日連続です。

千葉県で10日、新たに860人の感染が確認されました。

大阪府で10日、新たに697人の感染が確認されました。

愛知県で10日、新たに259人の感染が確認されました。

福岡県で10日、新たに458人(うち福岡市235人、北九州市69人)の感染が確認されました。

北海道で10日、新たに347(うち札幌市252人)の感染が確認されました。300人を超えるのは4日連続です。

« 東京地裁「尋問」、〝セカンドハラスメント〟の場ではない㉓ | トップページ | 「コロナに打ち勝った証」としてショーを開催? »

無料ブログはココログ